BEARDS BLOG

BEARDS MOTORCYCLE COMPANYのBLOG
本当にお勧めのシフトドラム加工

このブログの10年以上前の記事が、コンスタントに検索で上位に上がるようでして、

未だにちょこちょこメールでお問い合わせをいただきます。

ネットってすごいですね。

 

その内容は、スポーツスターのトランスミッションの修理に関することなのですが、

現時点での当店での対応をざっくりご紹介します。

 

トラブル内容は、2003年モデルまでのスポーツスターで、1速に入れて発進するときに、

ギアが入りなおすような状態が大きな衝撃とともに起きる。

 

この症状の原因は、トランスミッションの1速に入るギアのドック部分に、バリや傷が

できてしまうことで、スムーズにドックがかみ合ってくれないために起きます。

 

このバリや傷を作ってしまう原因は、チョークなどを引いたままの高い回転数の状態で

1速に入れてしまったり、ギア抜けを繰り返してしまったりするとなるようです。

 

修理の方法は、原因となっているギアの交換となります。

数年前まで、純正の新品ギアで修理していましたが、あまりにも部品価格が高騰しまして、

現在は、社外のギアで対応しております。

社外のギア、なんと、問題のドック部分に加工がされておりまして、この修理の原因を

根本から対策してくれている優れものです。ただし、丁数の違いにより、1速セットと

3速セットを交換しなければいけません。(96〜03年モデル対象)

 

合計4つのギアを交換することになりますが、それでも純正の2つのギアよりも

はるかに安いw しかも対策品!←ここが重要です。

これらの交換で、1速ガッチャン!トラブルからは解放されます。

 

で、今回のブログのタイトルにある、シフトドラムの加工。

そもそも、スポーツスターのギアチェンジは、グニュっとしたり、入りが悪くなったり、

突然変速ができなくなったりと、問題の多い弱点部分。

これらは、シフトドラムの先っちょについている花びら(ディテントプレート)の

変形によりトラブルが発生します。

画像の黄色矢印のパーツ。

 

ディテントプレートをおさえているのは、スチールのスプリングプレート。

変速時の振動や衝撃で、シフトドラムに圧入されているピンが、不均一に飛び出してくると

ディテントプレートが押されます。悪化するとスプリングプレートが外れてしまうくらいに

なり、そこまでいくとシフトチェンジできません。

オイルにクラッチハブのリングギアに削られたディテントプレートのスラッジ、無残にも

粉々になったスプリングプレートの破片が混じり、オイルを抜いたときに、ため息が出ますw

 

これは構造上、100%ではないですが、どの車両にも起こりうることなので、安心して

乗り続けるには、根本的な対策が必要です。

で、超お勧めしているのがこちら。

 

 

京都の老舗、カスノモーターサイクルさんのシフトドラム加工です。

20年以上前から、この加工にはお世話になってますから、本当にお勧めです。

シフトドラムに目ネジを切り、ディテントプレートをボルトでしっかりと固定。

そしてシフターポールのスプリングと専用カラーを交換して、わずかなガタを取り、

シフトチェンジをスムーズかつ快適にする加工なのであります。

税抜き¥27000

 

この対策を行うと、変速が国産車並みにスムーズになり、ギア抜けも無くなり、

結果、トランスミッションへのダメージはなくなります。

なんなら、ギアの修理になってしまう前に、こちらを先に対策しておけば、

1速ガッチャンも回避できるのではないでしょうか?

 

たまに、上の写真の赤矢印部分にあるシフトアームを改造して、ディテントプレートに

かかるスプリングの張力を強化しているものを見ますが、これはやめましょうね。

レバー比がおかしくなり、やたら固いシフトになったり、最悪スプリングが折れます。

 

まとめます。

トランスミッションの問題のギアを社外の対策ギアに交換。

シフトドラムを加工して、根本的な見直しをして予防修理。

消耗したスプリングやオイルシール、オイル漏れの原因は開けたついでにすべて対策。

プライマリーチェーンアッセンブリー&クラッチハブを止めるスクリューには

必ずロックタイト赤を塗布してトルク締め。(緩むと大変なことになります。)

エンジンスプロケット側の締め付けトルクは、バカでかいです!

プライマリーチェーンの遊び調整を怠らない。クラッチの調整も正確に。

バッテリーは外してしっかり充電。取り付け前にロードテスト。

 

ざっくり大事なところだけ紹介しましたが、ところどころに大事なポイントがあります。

ひとつでも間違えたり忘れたりすれば、エンジンブローになるような修理ですから、

くれぐれもDIYでやろうとしないでくださいね!

 

| BEARDS | お仕事 | 17:54 | comments(0) | - | - | - |
よく壊れるスイッチ類

ハーレーに付いているスイッチの中で、よく壊れるものをいくつかピックアップします。

 

最近、圧倒的に多いのは、ブレーキスイッチ。

こんなヤツです。

 

 

油圧式のスイッチなのですが、車検のたびに交換している車両もあるくらい

よく壊れます。

症状は、ブレーキランプがリアだけ付かない・付きっぱなし。

時々、かしめ部分からフルードが漏れてくる。

フルードがDOT4になってから、頻繁に壊れてる印象です。

DOT5のモデルでは、こんなにしょっちゅう壊れませんでした。

 

純正品だろうが社外品だろうが、どちらも似たような品質。

どちらも壊れます。若干、社外品の方が安いので、そちらで対応することが

多いのですが、多少高価でも、壊れない製品が出てくれたら、真っ先に

そちらに乗り換えます。

 

現状では、どれに換えても壊れる可能性は高いので、良い選択肢がありません。

まるで、この国の政治みたいですw

 

ブレーキスイッチの他に、スポーツスターでは、オイルプレッシャースイッチや

ニュートラルランプスイッチもけっこう壊れます。

04年以降のXLでは、CKPセンサーもよく壊れていた時期がありました。

ニュートラルスイッチは、厄介な場所にあるので、交換作業がちょっと手間です。

半年で3回交換した車両もありました。どんな品質だよ!って作ったヤツの顔を

見てみたいです。

 

ブレーキの話に戻ります。

最近のモデルは、ABSが標準装備です。ABSユニットの指定フルードは

DOT4です。DOT4はグリコール系のブレーキフルードで、劣化が進むと

固形物が溜まり、最悪ABSユニットを交換しなくてはならないなんてことも

あるようです。

昔のハーレーに使用されていたDOT5はシリコン系。

実はDOT5の方がブレーキフルードとしての性能は良いのです。

ただし、それなりに高価。でも、塗装面に付着しても塗装を傷めないし、

劣化しても固形物が溜まるようなことはまずありません。

 

ABSなんてものが、標準で装備されるがために、壊れる可能性のあるものが

増えてしまっているんですね。

また、ABSには前後ホイールそれぞれにセンサーが付いてます。

このセンサーとABS用ホイールベアリングも、壊れます。

つまり、ABSユニット・前後センサー・前後ホイールベアリングという

壊れる可能性のある高価なパーツが増えています。

壊れた場合は、ごっそり交換。けっこうな修理費がかかってしまいます。

 

電気で制御されるものが多くなればなるほど、細かなセンサーやパーツが

増えていきます。そのパーツ類は、非分解なものが多く、ほぼほぼ交換です。

修理とか調整とかではなく、交換。

ゆえに原因が分からないことも多い傾向にあります。

 

やはり、そうなってくるとアナログなバイクの方が、整備する人間にとっては

楽しいし、やりがいがある。

ブラックボックスだらけのバイクは、どうも好きになれません。

 

誰か壊れないブレーキスイッチ、作ってくださいw

| BEARDS | お仕事 | 17:12 | comments(0) | - | - | - |
インナーチューブの点錆び

ここ数年、本当に多くの車両に見られるフロントフォークの錆び。

海の近くの塩害、走行風によるものがほとんどです。

 

このようにインナーチューブが錆びると、オイルシールを交換する際に、

錆びによって新しいシールが破損して、オイル漏れの原因になります。

 

一見、錆びてないように見えても、よーく見ると点錆びがあり、それが原因で

オイル漏れが始まっているのをよく見ます。

インナーチューブに、オイル汚れの輪っかみたいなのがみえるようでしたら、

オイルシールは破損してます。

 

また、ハーレーの多くのモデルは、オイルシールの上にダストシールがあり、

それを覆い隠すようにクロームの金属カバーが装着されてます。

これがまた厄介モノで、カバー内に水や汚れを集めてしまい、内部で錆びます。

それが侵食していき、オイルシールがブヨブヨに変形してしまうことも。。。

 

フロントフォークのオーバーホールの際は、お客様にカバーを外すご提案を

させていただいてますが、それは上記のような理由からです。

 

インナーチューブは錆びたら交換か、再メッキ(ハードクローム)しかありません。

モデルにもよりますが、パーツ代はけっこうな破壊力。再メッキも、一台で4万円近く。

納期も2週間〜3週間かかります。

 

とにかく錆びる前に対処することを、強くお勧めします。

走った後は、磨く!

走行風を受けたところを重点的に、付着した塩分やゴミを落としてください。

水洗いまでしなくて結構です。液体ワックスなどで、きれいなウェスで拭き上げてください。

フッ素や、シリコンのコーティングスプレーをかけるのは、磨いた後です。

 

車体カバーをかけて保管していても、大気中の水分や塩分によって、バイクは錆びます。

結露や南風など、塩分を含んだ水は容赦なくハーレーを錆びさせますから、定期的に

磨かなければだめです。

 

錆びてしまったら、錆を落とす方が大変です。100%落ちません。

基本は、錆びる前に磨く。錆びさせないことが、一番大事です。

無駄なメンテナンス費用は、カスタムや車検代に回したいですよね。

フロントフォークが錆びて、オーバーホールが必要な場合、7〜10万円です。

給付金、飛んじゃいますw

錆びがなければ、半分以下で済みますし、オイルが漏れてくることもまずありません。

フォークオイルの交換だけなら、もっと安価です。

 

磨きは、メンテナンスの基本&第一歩。

高価なハーレーです。大事にしてください。

| BEARDS | お仕事 | 11:28 | comments(0) | - | - | - |
当店オリジナルマフラーについて

当店オリジナルのレーシングエキゾーストシステム。

H−D藤沢でレース活動が盛んだったころに、設計・制作し、

レースの成績が良かったこともあって、当時はかなり売れました。

おんぼろガレージの店主とも、絵を描きながら何度も話したのが懐かしいです。

 

量産品ではなく、職人さんによる手作業で作られるマフラーなので、

883と1200で内部の構造を変えたり、車両の状況とお客様のニーズに

合わせられる完全受注生産品です。

 

 

エキパイの部分はスーパートラップ社の2in1を流用しております。

しかしながら、ここ数年でエキパイのみを注文することが事実上不可能に

なってしまい、注文をいただいてもお断りすることが続いてました。

 

某オークションや、メル○リなどで、運よく安価でエキパイを手に入れられれば

作ることは可能です。

また、すでにスーパートラップ2in1を装着されているのであれば、

そのエキパイを使って製作可能でございます。

 

 

20年近く前に、岡山TIサーキットでの3時間耐久レースで、

このマフラーを装着して私と五味渕は883クラスで走りました。

当時、クラブハーレーのサーキット部のサポートもしてましたので、

ジャックさん率いるクラブハーレーレーサーにもこのマフラーを

装着させて、ともに出場。

 

自分が着けているマフラーって、乗車している時の音しか分かりません。

他人の車両に着いていて、それも全開ですぐそばを走っている音、加速性能は、

サーキットなどで並走してみないと分かりませんから、非常に良い体験でした。

おまけに音も性能も、素晴らしい!という自画自賛w

 

唯一の不安は、サイレンサーを留めているステーが割れたりしてしまうこと。

耐久レースの時も、クラブハーレー号のサイレンサーは、途中でマフラーバンドが割れ、

排圧と振動でサイレンサー前側のリベットがくだけて、エキパイからメガホン部分まで

が車体に残り、その後ろはサーキットのどこかに吹っ飛んでいってしまいました。

 

どこかが緩んだり、外れたりすると、あらゆるところに負担が飛び火して、

思いがけない壊れ方します。一般道で起きちゃいけないことですね。

 

そんな苦い経験を含め、改善しなきゃならないなぁと思いつつ、

受注もしてなかったこともあり、長い年月が過ぎてました。

そしてつい最近、久々に注文をいただきまして、ステーの改良作業を再開。

 

こんな感じにマフラーバンドを2個かけて、振動を受け流す部分の補強も同時に

行えば、強度はだいぶ上がりそうです。

あと、車体の個体差でサイレンサーの位置がけっこう動きますから、フレキシブルに

マウント部分が対応できないといけません。

この辺は企業秘密ですが、これに関しても対策済みです。

 

そんなかんなで、自分のスポーツスターで色々と試行錯誤してました。

久々に自分のバイクのエキゾーストサウンド聞きましたけど、マジで最高ですwww

 

忙しいことを理由に車検を切らし続けているマイ883、仕事がちょっとでも落ち着いたら、

今年こそ車検受けに行こうっと。

 

マフラーの音など聞いてみたいという方は、ご来店ください。

では!

| BEARDS | お仕事 | 15:27 | comments(0) | - | - | - |
オイルドレンホースの劣化

6月より、当店の営業時間は19時までの通常時間になってます。

よろしくお願いいたします。

 

 

04年以降のスポーツスターによくある不具合の一つに、エンジンオイルの

ドレンホースの劣化が挙げられます。

 

こちらの画像は、車体右側、オイルタンクの下部を写してます。

このエンジンオイルのドレンホース(後ろ側のホース)は、非常に品質が悪く、

2年ももたないことが多いです。車検ごとに交換しているケースが後を絶ちません。

 

こんな感じに割れて、ひどくなると自然にオイルがにじみ出てきて、

車体の下側の床がオイルまみれになってしまうことも・・・

 

このように、くねくねと形成されたホースなので、丈夫で劣化しにくいホースに

換えてしまいたいのですが、良いものがみつかってないのが現状です。

 

オイルタンク出口の部分は太く、そこから45度ほどカーブして、

その後また90度曲がるので、専用設計品なんです。

 

15か16年モデルあたりから、ドレンホースの形状も取り回しも変更され、

早期劣化もなくなったようですが、それまでの10年間以上、大した対策も

されることなく、今も早期劣化してしまうものしか選べません。

 

特に、保管状態にもよるのですが、塩害が一番大きな要因だと思われます。

海に近いご自宅のお客様の車両は、車検ごとに換えているケースが多いです。

 

また、錆防止のために、ケミカルを車体に吹きかけている方もいらっしゃいますが、

それは一長一短ありまして、使い方を間違えると逆効果になってしまいます。

使用用途や使用方法を十分理解して、ご使用ください。

 

たとえば、タイヤワックスやシリコンスプレー。

これらは、錆防止として使われますが、ゴムの寿命を縮めてしまうこともあります。

よく磨かずに上からスプレーを吹きかけているだけでは、汚れや塩分を閉じ込めているだけで、

錆びますし、大気中の塵やほこりを集めてしまい、車体がどんどん汚れてしまいます。

 

ブレーキ周りにもかかってしまうと、肝心の制動力が弱まり、ブレーキの利きが悪く

なったり、ブレーキパッドの交換になってしまいます。

 

シリコンスプレーなどのケミカルは、洗車後に必要な個所に少量吹きかける。

かかってほしくないところは、しっかりと養生する。

面倒ですけど、洗車や磨きに楽な道はそんなにないと思います。

 

磨きながら、今回ご紹介したオイルホースの劣化などに気が付けたら、メンテナンスの

第一歩は達成でございます。

がんばって、磨きましょう!

| BEARDS | お仕事 | 18:46 | comments(0) | - | - | - |
補償に関して

当店の販売車両には、基本的に3カ月〜6カ月の補償(保証)をつけております。

保証の内容は、おおむね常識の範囲と認識してもらえれば伝わるかと思いますが、

この常識を超えた部分に関しましては、責任は負えません。

 

これは整備や点検・修理作業をさせていただいた場合も同じです。

あくまで、通常の使用において不具合が起きた場合や、

交換したパーツが不良品だった時などは、保証対象です。

 

整備において保証対象外となる、あるケースですが、例えばこんな時です。

 

再三に渡ってこちらから交換が必要ですよ!とお伝えしている消耗部品の交換を

拒否しているケース。

今はとりあえず走るけど、修理が必要です!とお伝えしている箇所をそのままに

していて故障や不具合が起きるケース。

 

いずれも、走行する上で危険が伴うことであり、命に関わることです。

タイヤ・ブレーキパッドの消耗や劣化、オイル交換しないまま走り続けることなど、

売り上げを上げたくて申しているわけではありません。

危険だから申し上げているんです。

 

こういったことを無視されて、なんの対策もされない場合、次回からの整備を

お断りすることがありますし、点検・整備しても責任はもてません。

点検でお金をいただく以上、危険だと分かっていて納車するほどストレスなことはありません。

何かあってからでは遅いです。

なので、我々と考え方の違いが大きいと判断した時は、線を引かざるを得ません。

 

| BEARDS | コラム | 17:48 | comments(0) | - | - | - |
サイドナンバーステー

 

こんな位置にナンバーを移動してみました。

 

Rフェンダーをショート化したりすると、どうしてもナンバーやテールランプの位置が

悩みの種になります。

画像のフェンダーは、かなり思い切ったショート化なので、もはやテールエンドに

ナンバーを斜めに固定することは無理です。やろうとすれば、地面と平行のナンバー角度に

なってしまい、車検もNGとなりますw

 

サイドナンバーでも、ナンバーを縦マウントにしてしまうと、違法改造とみなされます。

細かいところまで言うと、ナンバーの角度も違法改造の対象です。

詳しくは、道路交通法をググってください。

 

 

 

今回制作したステーは、ステンレスでRサスペンションのマウントと共締めです。

スイングアーム部分にステーの一部を支持させて、上下に動かないように固定。

ステーの強度を上げるために、T字に板を溶接補強&お決まりのドリルド。

ステンのステーにアルミのナンバーベースプレートを取り付け、このプレートに

テールランプを取り付けました。

 

社外品のステーも沢山リリースされていますが、ほとんどがRサスのすぐ後ろの

マウントです。サドルバッグ等が当たってしまわないように後方へオフセットしても、

大きく左側に飛び出てしまったり、ステー自体がゴツくなりすぎたりして、

ちょうどいいのが無かったので、自作しました。

 

マウント部分から遠くなればなるほど、振動による振れや、クラックが不安になります。

なので、ステンレス&T字補強。

シンプルでスッキリしていて、ステーらしく目立たない良いものができました。

ごつくて目立つステーも、機能パーツならかっこいいんですけどね。

| BEARDS | お仕事 | 16:01 | comments(0) | - | - | - |
12日・13日は定休日となります。

5月の定休日は、毎週水曜日と12日(火)となります。

また、コロナ自粛により営業時間は18時までとなっております。

ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。

 

 

本日11日は、気温30度超えの真夏日でした。

マスクしてるのがつらいですね。

真夏にマスクはつけたくないなぁ。。。

夏用のマスクも売っているようですけど、ただでさえ亜熱帯化している近年、

マスクして仕事するのは地獄です。

 

こんな状況下で、台風や地震などの自然災害も重なってしまったら

日本の経済はどうなっちまうんだろう?

まだアベノマスクすら届かないし、給付金の申請用紙もいつになることやら。

でも、自動車税の納付書はしっかり届きましたねw

 

役所の中の部署が違うんだろうけど、もっと効率よくできないものなのか?

こっちからしてみれば、同じ場所から送られてくるものなんだから、

全部一緒に送ってくれたらいいのに。配送料だって税金でしょう。

 

ふざけた政治家夫婦筆頭に、頼りない日本政府。偏った報道。

いちいちイラつきますねw

 

休みは遊びます!

| BEARDS | お仕事 | 17:40 | comments(0) | - | - | - |
ご成約ありがとうございました!

3月30日から店頭に並べた1994年式XLH1200ですが、ご成約いただきました。

http://blog.beards-mc.com/?eid=1086003

 

心より御礼申し上げます。

 

このたびご成約いただいたお客様は、インジェクションのダイナ、883アイアンと

乗り継いでこられ、このたび26年前のスポーツスター1200にお乗り換え。

 

なんとなく入ったディーラーで購入したダイナから始まり、乗りだしてみると

車体の大きさや乗り心地が気になりだして、一回り小さい方がいいなぁって

気持ちで再びディーラーへw

そこで2015年のアイアンを実際に見ると、ダイナよりだいぶ小さいので、これなら!

と思い、乗り換え。

そしてご自身の憧れのスタイルにカスタム開始。

とにかく小さく、細くしたい。乗り心地も、もっと刺激が欲しい!

前後フェンダーをカスタムし、吸・排気チューンにドーンとお金をかけ、試行錯誤して

いたところ、ある壁にぶつかります。

 

このフレームでは、あこがれのスタイルにならないという現実。。。。。

 

そこで、2003年以前のスポーツスターに、ついに、とうとう、目が行くようになったそうですw

 

仕事中に当店の前を通りかかり、展示されていたスポーツスターを見つけるや否や、電話!

その二日後には、ご成約となりましたw

もっと早く来てもらってたら・・・笑

だいぶ回り道してしまいましたね。

 

おそらく、乗り換えて、はじめて乗られたときの違いに、感動されることかと思います。

私も、今から納車が楽しみです!

 

 

当店が得意としている年式がキャブレター車が多いこともありますが、インジェクション車から

キャブ車に乗り換えられたお客さまからいただく評価は、上々です。

 

これこれ! いやぁ〜、やっぱバイクって感じだね!

 

乗ってて飽きない! 鼓動感がたまらん!

 

一生乗ります!w

 

などなど、すばらしいコメントをいただきます。

実際、我々も2003年までのスポーツスターは、本当に面白いと実感してますので、

自信をもってお勧めしているんです。

 

| BEARDS | お仕事 | 17:41 | comments(0) | - | - | - |
GWも営業してます!

明日から5月。

例年ならば、GW真っ只中で、みなさんツーリングや旅行を楽しんでいたはずですが、

今年はえらいことになっちゃいましたね。

 

当店は、いつものように毎週水曜日が定休。第2もしくは第3火曜日が休みとなります。

営業時間は、自粛モードで1時間早く閉店の10時〜18時。

引き取りやお預かりの場合で、閉店時間に間に合わないよっていう方は、電話くださいね。

 

どうやら緊急事態宣言、5月6日以降も延長されるようですね。

収束がみえないんだから、当然のことですけど、長丁場になってくると、経済的にも

苦しくなるし、ストレスで他の病気や弊害が出てきます。

 

だからこそ、息抜きが必要!

 

家にいる時間が多い時に、バイクの磨きや簡単なメンテナンスをしてみてはいかがでしょうか?

スポークホイールなんて、こんな時にしか磨けないっすw

 

隅々まで磨いたりすることで、バイクの様子がいろいろと見えて、新たな発見があるものです。

我々も、お客様のバイクを修理や点検した後、試乗して最後に磨きます。

その時に、じっくりとバイクと向き合い、最終確認をしながら磨きます。

オイルの漏れやにじみはないか?

スクリューの閉め忘れ緩みはないか?

新しい傷はついてないか?

変化はないか?

 

磨きはメカニックの基本と言われますが、本当に大事。そして奥が深い。

キックボクシングで言えば、シャドーですねw

やはり基本はすべてに繋がってます。どんなに難しい作業も基本の延長線上。

そして基本に戻ってくる。

表現が下手ですみません。分かりにくいですが、そんな感じがします。

 

バイクをきれいに磨いて、ガソリンでも入れにちょっと走ってみましょう。

ツーリングに行かなくても、この季節、チョイ乗りでも本当に気持ちがいいです。

バイクに乗ってて良かった!と思えるくらい、こんな時期だからこそストレス解消になるかと思います。

そんな息抜き方法はいかがでしょうか?

| BEARDS | - | 15:11 | comments(0) | - | - | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE