BEARDS BLOG

BEARDS MOTORCYCLE COMPANYのBLOG
委託車両ご紹介

 

これまたフルカスタム委託車両のご紹介です。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

http://www.beards-mc.com/used-bike.html

 

サンダンスで作られたスポーツスターです。

XLCH風の外装に、ハイカム、FCR41&当店のレース管で、かっとび仕様になってます。

Fホイールは純正の9本キャスト19インチ。

Rホイールはサンダンス(エンケイ)18インチです。

車両価格150万円で売り出し中です。

 

 

 

そしてもう一台、以前値下げした極上車ですが、さらなる大幅値下げでございます。

 

なんと120万円!!!

 

これ以上ない!ってくらいの値下げになります。

走行距離も少なく、外装も大変きれいなキャブのローライダー。

エンジンパーツをブラックにしているのは、なかなかないですよ。

 

中古車オートローンやってます。

金利2.9%で最長96回まで。

 

他にも何台かホームページに中古車情報載せてます。

どれも委託車なので、店頭にはございませんが、HOTなお客様と

商談が進んだ時には、店頭に車両を持ち込み、実際に見て最終判断してもらってます。

ご不明な点などありましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

話は変わりまして、台風が関東に直撃しなくて良かったですね。

ちょっと季節外れで、進路もなんだか珍しく、ゆっくり動くルンバみたいな台風w

もう今年はこのまま台風は発生しないでもらいたいもんです。

 

10月の13日(火)14日(水)は、当店の定休日になります。

月一の連休で、キャンプに行こうと思ってます。

なので、毎日天気予報で台風をチェックしまくってました。

なんとか天気も回復予報ですが、また来週末は雨マークがチラホラ。。。

 

秋はバイクにとって最高のシーズンなのに、なんだか天気がイマイチです。

11月1日の当店のツーリングも、秋晴れの下、開催したいので、

皆様、テルテル坊主をお願いしますw

 

| BEARDS | お仕事 | 18:10 | comments(0) | - | - | - |
オイルプレッシャースイッチ

ハーレーのインジケーターランプを見てみましょう。

IGスイッチをオン。エンジンはまだかけない状態で、インジケーターランプを

チェックしてみてください。

 

こんな感じだとダメです。

 

 

これならOK。

 

 

オイルプレッシャーの警告灯が赤く光っている状態ならOKです。

時々、この赤いランプはなんですか?って質問がくるのですが、

絶対知っておかないといけない!ってレベルで重要なランプなんです。

 

走行中や、エンジンがかかっているときに、もしもこの赤いランプが点いたら、

すぐに停まってエンジンも停止してください。

最悪、エンジンが焼き付いてお亡くなりになります。

 

つまりエンジンをかけた時に、消えなければいけないランプです。

エンジンがかかると、オイルポンプがオイルを圧送し始めます。

エンジン内でオイルを循環させるとき、圧力がかかります。

その油圧を感知するスイッチが警告灯を点けたり消したりしてます。

そのスイッチは、こんなヤツ。

 

モデルによって多少形が違いますが、仕組みはほぼ同じです。

圧力がかかるとスプリングで押されている接点が離れて、通電を解除。

圧力がかからない時は、接点がスプリングに押されて通電。

そんな簡単な仕組みなんですけど、こいつがよく壊れますw

 

壊れると、エンジン始動前のIGスイッチをONにしたときに、

最初の画像のように、赤いランプが点きません。

このスイッチが壊れているか、インジケーターランプの球切れのどちらかです。

 

オイルプレッシャー警告灯が壊れたままですと、もしも走行中に何らかの原因で

油圧が低下しても、気が付きません。

エンジンから音や走りがおかしくなって初めて気が付きます。

そんなときには、すでにエンジン内部が大変なことになっている可能性が高い。

 

また、この警告灯はチカッチカッとまばらに点くこともあります。

これは、エンジンオイルがシャバシャバになっていたり、オイルが減っていたりすると

チカチカ点滅のような状態が起きます。

オーバーヒート気味、もしくはオイル消費によってエンジンオイル量がかなり少ない

といったことが考えられます。いずれにしても、エンジンはすぐに止めたほうがよいです。

 

オイルプレッシャースイッチは、エンジンのクランクケースにぶっ刺さってることが

ほとんどなんですが、ネジの形状がテーパー状でして、そこにオイル漏れを防ぐシール材が

塗布されています。

このネジの仕組みを理解せずに、どんどんねじ込んでいってしまうと、クランクケース側が

割れ、目も当てられないことが起きます。

エボリューションエンジンは、カムケースの近く上向きにオイルプレッシャースイッチがあり、

そこで油圧計をつけるためにバイパスフィッティングをはさむスタイルをよくみますが、

フィッティングを強くねじ込みすぎたために、クランク側にクラックが入り、

常時オイルが滲んでしまっている・・・なんて悲惨なエンジンをみます。

テーパーネジには、気を付けましょう。

 

オイルプレッシャースイッチを交換する際、けっこう大きなサイズの工具が必要です。

モンキーなどでもしっかり噛めばよいのですが、場所が狭い場所にあるので、

なかなか難しいです。うちが使っているのはこんなヤツ。

 

 

オープンスパナですが、角度が付いているものです。

ソフテイルのRサスペンションを分解するときにも重宝してます。

柄が長いので、思わぬ力がかかってしまいますから、締め付け時には注意が必要です。

 

スポーツスターの場合は、オイルエレメントが付いているケースの下側にスイッチが

あります。面倒ですが、エレメントを外して交換作業をするのが望ましいですね。

外すと、オイルがツーっと垂れてきます。新しいスイッチを入れるときに、焦ると

斜めに入れてメネジを壊してしまうこともありますから、落ち着いて作業します。

熱いオイルがかかろうとも、焦ったらあかん。

しばらく待ってれば、オイルは出てこなくなりますから、とにかく落ち着いて

慎重にテーパーネジをインストールします。

 

 

ツインカムエンジンは大体ここですね。

カムケースからオイルエレメントへ向かう途中にスイッチがあります。

 

 

ちなみにモデルによって若干違うスイッチを使ってますが、

03までのスポーツスターの場合、純正品が3350円、社外で2500円前後。

残念ながら、純正だから壊れにくいってことはありませんので、安い社外製で

いいと思います。

Rブレーキスイッチなんかも、同じようによく壊れます。

ハーレーのこの手のスイッチ、正直、ダメダメです。

オイルプレッシャースイッチは、前述したとおり、非常に重要な警告灯ですから、

もう少しまともな品質のものを使ってもらいたいですね。

 

皆様も、愛車の警告灯をチェックしてみましょう。

| BEARDS | お仕事 | 15:27 | comments(0) | - | - | - |
取り扱いエンジンオイルのアップグレードのお知らせ

当店で長年愛用しているエンジンオイルは、スペクトロの鉱物油20W50です。

純正の鉱物油よりも価格が安く、性能も安定しているのが長所。

 

ただし、近年の大排気量化、真夏の気温の異常上昇などを考慮すると、鉱物油では

役不足になりがちです。

空冷エンジンのハーレーは、熱との闘いです。オーバーヒートは、エンジンにとって

致命的なダメージを与えかねません。

 

また、エボリューションエンジンや2003年以前のスポーツスターエンジンは、

100%化学合成油を入れると、オイルがにじむことがあります。

 

そこで、スペクトロの半化学合成油を、当店のベースオイルとすることにしました。

鉱物油の価格は、1クォートあたり約1600円(税抜き)でしたが、

半化学合成になると、2050円となり、450円ほどアップしてしまいますが、

エンジンを守る為です。ご了承ください。

 

オイルクーポンご使用の際、今までの鉱物油ベースの分はそのままご使用できます。

半化学合成油との差額分だけいただくことになりますので、よろしくお願いします。

 

例えば、スポーツスターでオイルクーポンをご使用になられる場合は以下の通り。

 

エンジンオイル 2.5リットル 4000円

スポーツトランスルーブ 0.8リットル 2926円

オイルエレメント 1個 1600円

工賃 2000円

合計 10526円(税抜き)

ここまでは、クーポンで無料になりますが、半化学合成油を使用しますので、

エンジンオイル 2.5リットル 5125円 との差額分、

1125円(税抜き)をご請求することになります。

 

今まで使用していた鉱物油ですが、常時在庫はしておりません。

どうしても鉱物油がいい!って場合は、お取り寄せになりますので、事前に

ご連絡いただけると助かります。

 

鉱物油で500km走っただけでオーバーヒートして、すぐに交換が必要になるより、

半化学合成や100%化学合成油を入れて、交換時期まできっちり使える方が経済的ですし、

なによりエンジンには安心です。

半化学合成油になっても、それでも純正の鉱物油より安いんです。

ものすごく、お勧めいたします。

 

エンジンをパワーアップしていたり、1600cc以上の大排気量モデルに関しましては、

100%化学合成油をお勧めします。

スペクトロの100%化学合成油プラチナムは、1クォートあたり2900円(税抜き)です。

さらに熱に強い、最高級オイルは、RO'Sオイル(4200円)を使用してます。

それぞれの特徴などにつきましては、ご来店の際、スタッフまでお気軽にどうぞ。

| BEARDS | お仕事 | 10:25 | comments(0) | - | - | - |
ご無沙汰カスタム(XLチェーン化)

2000年前後に流行ったスポーツスターのドライブチェーン化カスタム。

当時は、レースも盛んだったこともあり、サーキットに合わせたギア比と

ながーいRサスを組むために、何台も何台もチェーンにしてました。

 

ミスミエンジニアリングさんから、チェーン化キットがリリースされてから、

パーツの選定がめちゃ楽になり、一般ユーザー様へも気軽に勧めてました。

 

04年のラバスポの発売と共に、速いスポーツスター傾向から、ローダウン、

チョッパー風なスタイルへ流行りが移行して、いつしかチェーン化のカスタムは

滅多にやらないことに。しかも、それまで車検ではツッコまれることがなかったのに、

いつの間にか改造申請しないと車検が通らない世の中になってしまいました。

 

ベルトドライブからチェーンにするメリットは、以下になります。

スプロケの丁数が選べてギア比を変えられる。(加速重視や高速重視など。)

加速時のダイレクト感が得られます。(すぐ慣れちゃうけどw)

長いリアサスが入れられる。(これはやりすぎると車体のバランスが狂うので、要相談です。)

軽量化。

見た目のかっこよさ。

まず切れない耐久性。

 

デメリットは、

走行時のノイズ。

グリスの飛散。

伸びの調整頻度が上がる。

ベルトよりも交換スパンが短い。

車検時に改造申請が必要。

 

一長一短はありますが、私は個人的にチェーンの乗り味が好きです。

 

そんなチェーン化の仕事ですが、ものすごく久しぶりに舞い込みました。

45000km走行で、2回ドライブベルトが切れてしまった883。

不運というのもありますが、これを機にチェーンにしちゃおうということに。

 

パパッと作業して、気持ちよく試乗しよう!

って感じで作業に入ると・・・

あれだけ散々数をこなしたチェーン化の作業。ほぼほぼ忘れてましてw

手際が悪いこと涙。

でも、楽しい作業です。思い出せない昔のやり方は置いといて、

今なりのやり方でじっくりやりました。

 

まず気を付けなければいけないのは、チェーンが一番張る箇所の遊び調整。

Fスプロケットの中心と、ピボット、Rアクスルの中心が一直線になるところが

一番張るところです。

Rサス外して、車高をどんどん下げていきます。

先ほどの3点が一直線になったところで、チェーンの遊びが

10mmほどになるように調整。

ただ、100kmほど走ると、初期伸びで再調整が必要です。

 

この調整をしっかり行わないと、スイングアームがストロークした時に、

チェーンが張りすぎて、大変危険です。

 

 

Rサスを取り付けて、車高が上がるとチェーンの遊びはものすごく大きくなります。

この状態で、遊びが大きいからといってチェーンを張ると、サスがストロークできずに

転倒の可能性大。もしくは、チェーンやスプロケの早期異常摩耗をもたらします。

 

しかしながら、ダルンダルンの遊びで乗ると、エンブレ時などにチェーンが暴れて、

あちこちに当たったり、Rスプロケを不必要に削ってしまったりするので、対策が

必要です。

 

今回の車両は、ノーマルのマフラーステーを使ってスーパートラップを装着しているので、

下側のチェーンスライダーを取り付ける箇所がないんです。

そこでステンレスでこんなステーを作りまして。

(この辺、昔はなにも悩んでなかったんだけど、どうしてたのか全く思い出せないw)

 

マフラーステーにチェーンが当たらないように、斜め上へオフセットさせた場所へ

チェーンスライダーを取り付ける目論見です。

ちなみにこのマフラーステー、立ちごけなどでストレスがかかると、溶接部分で

クラックが入ったりしやすいので、要チェックパーツです。

チェーンなどがこのステーに当たりながらなんて、もってのほかってことです。

 

 

 

 

こんな感じでうまいこと収まりました。

チェーンのバタつきを抑えることで、チェーンとスプロケットの寿命は伸ばせますし、

異音はしないし、なにより車体を下手に傷つけず優しい。

 

スイングアームの上部にも、スライダーはありますので、上下で車体への干渉を

防いでいます。ミスミさんのセットには、この上下スライダーが入っているので、

すごく助かるわけです。

 

ノーマルマフラーステーを使わないアップタイプのマフラーであれば、先ほどの

ステーは作らずにボルトオンで装着可能なので、作業時間はもっと短縮できます。

 

今回使用したチェーンは、530サイズ。

耐久性を重視しました。520サイズも883ならいけますが、消耗が早いですから、

ストリート仕様であれば530サイズをお勧めします。

 

そして車検時には、改造申請を行いますので、部品の強度証明やメーカーの公称値、

使用したものの詳細などを陸運局に申請し、お墨付きをもらわなければいけません。

ですから、強度証明のできないチェーンやスプロケットは使えません。

 

チェーン化が完成した883で、さきほど試乗してきました。

やっぱ、いい!ですね。

ほんと、乗ってて楽しいバイクですw

| BEARDS | お仕事 | 18:24 | comments(0) | - | - | - |
秋のツーリング開催のお知らせ

新型コロナ禍ですが、ツーリングを開催します。

密をさけるため、ルール順守にご協力ください。

 

開催日  11月1日(日)

 

目的地  ぼんち食堂(山梨県甲府方面)

 

集合場所  圏央道 厚木P(八王子方面)

 

集合時間  9:00 出発 9:30

 

持ち物  ガソリン・マスク・やさしい気持ち

 

雨天延期

 

ルール 

 新型コロナ感染予防のため、人同士の接近時は、マスク着用。

 手洗い・うがいの徹底。

 体調の悪い方や、発熱されている方は、参加禁止です。

 極力、密にならないよう、各自での判断を!

 

目的地のぼんち食堂で昼食の予定ですが、混雑状況によっては、解散します。

目的地周辺に、飲食店が多数ございます。ご利用ください。

 

参加ご希望の方は、10月30日(金)の営業時間までに宮田までご連絡ください。

 

 

さてここからは、1996年式FXDLの修理のネタです。

 

今年の春から、定年を機に、全国を順に回りながら走られているお客様。

東北、北海道を1か月以上かけて走り、消耗品の交換で帰還。

タイヤやブレーキ周り、オイル等を換えて、今度は西へ。

大雨や天候不良の中、ぐるっと回って帰還。

その時、オドメーターはついに10万キロを超えました。

そして九州へ。

 

旅の途中、そのお客様から電話があって、何やらバイクの振動が増えたという内容。

すでに九州近くまで来ちゃってるから、近くのディーラーで診てもらうことに。

リフトに載せて点検、試乗したりして診てくれたそうです。

そこで言われたのは、スイングアームのベアリングが逝っちゃってるんじゃないか?

との診断。

念のため、もう一件でも診てもらい、そこでも同じような診断結果だったので、

このまま走っていいものなのか?心配になり電話をいただきました。

 

ホイールベアリングと違い、スイングアームのベアリングであれば、焼き付くような

ことはまず起きないので、無理な負荷をかけないように、走ってもらって、万が一

症状が悪化したり、異音など出てきたら、レッカー呼びましょうということで、

そのまま九州を走られました。

 

で、先日帰還。

当店に入庫しました。車両をみてすぐに気が付いたのが、エンジン後方が下がっている点。

 

明らかにセルモーターとフレームの隙間が狭い。ってか、当たってる。。。

こりゃアイソレーターマウントが逝っちゃってるな。。。。。

この画像で、セルモーターのボディーとフレームの隙間がなくなってることが

お分かりになるかと思います。

逆にフロント側は、マフラーとフレーム間に大きく隙間があります。

ラバーマウントでエンジンがフレームの中に支えられているわけですが、

その後ろ側のラバーが壊れると、こんな風になります。

 

こうなると、揺れるエンジンが正しい位置に収まってないので、

あちこちで当たる箇所が出てきます。

 

Rブレーキマスターカバーにマフラーステーがヒット。

ブレーキフルードが駄々漏れにならなくて良かった。

 

Rブレーキアームにマフラーステーが当たり、アームが削れてます。

 

 

その他にも、ガソリンホースがエンジンハンガーに干渉してました。

どれも軽いダメージだったのが、幸いです。

 

問題のRアイソレーターマウントを外すと、リベットが飛び、中のゴムが

バキバキに割れ、まさにぶっ壊れてました。

マウントのボルトは一切緩んでなかったので、なんとか走れたのかな。

 

こちらはF側のアイソレーター。

もちろん交換します。

 

25年経過で10万キロ走行。ゴム製品は、やはり劣化しますね。

このマウント。かなり高価です。純正で、1個3万円以上します。

ある年式までのツアラーモデルでは、F側が壊れてしまうことがよくありました。

でもダイナでここまで壊れたものは、今回初めてみました。

勉強になります。

 

ちなみにスイングアームのベアリングは、ガタもなく、問題ありませんでした。

2次災害的に壊れてしまうこともありますから、本来は無理して走らない方が

もちろん良いのですが、今回は逆に運が良かったのかも。

 

ダイナモデルの前後マウントの交換作業は、それほど大変ではありません。

大変なのは、ツアラーの後ろ側。

モデルによっては、スイングアームの脱着となり、かなり大掛かりな作業になります。

今回のように、経年劣化と走行距離を考え、予防修理としてやらないとだめですね。

目視できない場所や、触っただけでヒビが入っているのか分からないですから。

 

20年選手のダイナやツアラーモデルのアイソレーターマウントは、

保管状況にもよりますが、そろそろ交換時期と見るべきでしょう。

 

| BEARDS | お仕事 | 11:10 | comments(0) | - | - | - |
委託中古車情報

現在の委託中古車の状況ですが、スポーツスター2台、ダイナ2台、ロードキング1台です。

 

詳細は、当店ホームページをご覧ください。

 

http://www.beards-mc.com/used-bike.html

 

 

 

 

 

IMG_6883.jpg

 

 

委託車両のご依頼は、当店のお客様に限らせていただいております。

車両の状態や整備記録・カスタム等を、当店が把握していることが条件です。

売価に関しましては、お客様のご希望と相場を考慮して、提示させていただきます。

 

 

15周年Tシャツの受注締め切りは、今月末日です。

ご要望の方は、お早めに宮田までご連絡ください。

 

よろしくお願いします!

 

 

 

 

| BEARDS | お仕事 | 18:33 | comments(0) | - | - | - |
あとでビックリ!&委託中古車情報

日曜日である今日は、たくさんのお客様がご来店されました。

 

最近からハーレーに乗り始めたんだーっていう方が、ここのところ多くて、うれしい限りです。

 

本日ご来店されたお客様と、カスタムのあれこれをお話しながら見積もりをしていたのですが、

なんとなーく以前にお会いしているような感覚がしまして。

もちろん、今回初めてお会いする方なのですが、デジャヴ???

すごく感じの良い方なので、余計に気になったわけでございます。

 

コロナ対策で、お互いマスクをしていたので、顔全体が見えていないってこともあり、

あまり気にしても見積もりを間違えちゃうといけないので、気のせいってことで接客しておりました。

 

で、話の流れから、お仕事は何をされてるんですか?とお聞きすると、ミュージシャンと

仰るじゃないですか。その時、私の頭の中に ” !? ” が浮かび、見積もり書に

お名前・住所・電話番号を記入していただいて、お名前が分かったとき、 ” !! ”

に変わりました。

 

実は、私が大学生だったころに、TVKなどでよく音楽番組を見ていたのですが、

好きなバンドやミュージシャンが出ると、当時、VHSビデオで録画していたものです。

そんな中、このバンドかっこいいなーって、自分もバンドをやっていた傍ら、羨望のまなざしで

憧れたヒーローたちがいました。

 

そのヒーローの一人と、同姓同名って・・・でもあの人は福岡出身だし、この辺に住んでないよね?

と、頭の中でぐるぐるしてたんです。

 

結局、パーツが入荷したらご連絡しますね!ということで、お客様はお帰りに。

 

そのあと、別のお客様の対応など、ドタバタして、ちょっと落ち着いてから、

そのお客様についてググると、、、、、

 

ヒーローご本人やないかい!

 

あの噛みつき凶暴犬のマロが、初めての人にいたって自然に懐いていたことも、

以前お会いしたような感覚を手伝っていたのかな?w

いやいや、TVの中の方だったわけです。鳥肌もんです。

いや〜、まじでビックリ。こんなことってあるんですねw

 

とりあえず、次回お会いした時には、ファンなんですけどって伝えてみますw

 

 

 

さて、委託中古車にまた一台883Rが加わりました。

当店ホームページからご覧ください。

 

最近、委託車両の台数が増えてます。

高齢化やほかのバイクへの乗り換えなど、理由は様々ですが、コロナの影響もあるのかな?

コロナ禍で、新車のハーレーが入荷していない状況ですので、高年式モデルに関しては、

中古車市場がにぎわっているみたいです。

この883Rは2005年モデルのキャブ車なので、あまり関係ないかと思いますが、

車検は来年7月までありますので、すぐに名義変更して乗れますよ。

気になる方は、宮田までご連絡ください。

 

あと、15周年Tシャツもよろしくお願いします!

受注分しか作らないので、早めにご連絡くださーい!

 

今夜はマイヒーローのユーチューブでも見ながら、飲もうと思います!!

あー、びっくりしたw

みたいです。

| BEARDS | お仕事 | 18:13 | comments(0) | - | - | - |
カスタム中古車のご紹介

猛暑、もういらんです。。。

 

暑い日が続いてますが、熱いカスタムが施されたホットな中古車をご紹介します。

 

2003年モデル FLHRCI ロードキングクラシック

走行距離 約34000km

委託ですが、当店でメンテからカスタムすべてをやらせてもらっている車両ですので、

半年保証お付けします。

 

車両代 170万円(税抜き)

 

 

 

 

 

 

 

カスタム箇所

 

ECM: サンダーマックスフルコンキット(バーンHD製)

吸気・排気: SEハイフローエアークリーナー カーカー独立菅マフラー(フィッシュテール)

Fフォーク: レーステックスプリング

Rサス: オーリンズ36E

ブレーキローター: 前後ブレーキテック(ブラック)ステンレスローター

Fフェンダー: ウェストコーストチョッパーズ製

Rフェンダー: ワンオフ制作バガースタイルフェンダー

サドルバッグ: ワンオフ制作バガースタイルサドルバッグ (Rウィンカー埋め込み)

フットフェアリング: 社外製(USA)

シート: ワンオフ制作シングルシート

ペイント: オリジナルペイント(一見ブラックですが、光の反射でメタリック模様がみえます。)

ハンドル: ワンオフ制作(ヒートデーモン装着)

カム: アンドリュース26G S&S製カムギアキット装着済み

オイルクーラー: 純正オイルクーラー装着

ウィンドスクリーン: 社外脱着式ウィンドスクリーン

その他 多数

 

 

タイヤは前後ともに交換して間もないです。

車検は今年の12月。

委託車両なので、店頭にはございません。

 

一番の特徴は、当店オリジナルのバガースタイルです。

見た目と走りやすさを兼ねそろえた外装なので、そこら辺の交差点や、ワインディングで

簡単にどこかを擦ってしまうことは、まずありません。

普通に気持ちよく運転できるように、足回り含め、意識して作りました。

 

真鍮をところどころに使い、アクセントとしてます。

特に、サドルバッグに仕込んだウィンカーは特徴的で、古いアメ車をモチーフにしてます。

 

2003年のインジェクションモデルなので、電装系はいたってシンプルです。

ハイカムと吸気・排気のセッティングはバッチリ出てます。すごく調子いいです。

 

全てをお任せしていただいてましたので、車歴はもちろん、すべて把握してます。

自信をもってお勧めできるロードキングです。

 

ウルトラなどのフェアリングモデルでは持て余すんじゃないかと不安をお持ちの方。

クラシカルなスタイルをお好みの方。

人とは違うスタイルを望まれる方。

そして、安心できる中古車をお探しの方。

 

自信をもってお勧めできる一台です。

お問い合わせは、宮田までご連絡ください。

 

低金利ローンやってます。

2.9% 96回まで

 

 

| BEARDS | お仕事 | 17:33 | comments(0) | - | - | - |
ガソリン漏れ

夏季休暇のお知らせ

 

8月12日(水)〜19日(水)はお休みいたします。

 

ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。

 

 

 

いきなりですが、CVキャブレターの乗り味って、気持ちがいいですね。

負圧バルブの動きによる曖昧な感じがアメ車らしくて、好きです。

 

特にダイノジェット等でチューンすると、レスポンスが向上、エンジンが

気持ちよく吹け上ります。

グイッとアクセルを開けたくなる気持ちよさ。

加速時のハーレーのトルク感が、やみつきになります。

ノーマルとは、同じCVキャブとは思えないほど変わります。

 

さて、CVキャブですが、イケてない箇所もあります。

 

この黒い樹脂製のフィッティング。

こいつが経年劣化して、ガソリンが漏れてくるんです。

樹脂部分にクラックが入っていたら、要注意。

 

割るとこんな具合。

 

中には真鍮のフィッティングが圧入されています。

この樹脂フィッティングは、ツインカムやスポーツスターでも、途中から

オールブラス製に変わりましたので、そちらの場合はガソリン漏れの心配は無用です。

 

今回お預かりしたスポーツスターも、樹脂フィッティングモデル。

案の定、クラックが入っていて、ガソリンが漏れた跡がありました。

圧入された真鍮のフィッティングを外して、オールブラス製にアップグレードする修理です。

 

まずはフィッティングの取り外し。

取り除くのに、様々な方法があるようですが、個人的には以下の方法が一番簡単かと思います。

 

タップでネジを切ります。

切り粉が出ますから、養生しましょう。キャブレターは精密機械です。

そしたらベアリングを引き抜く要領で、適当なカラーをスクリュー&ナットの

間に入れて、ナットを回していきます。

圧入の力は、そんなに強くないので、簡単に出てきます。

無事に取れました。

 

フィッティングが取れたら、切り粉をきれいに掃除します。

ガソリンが流れていく通路です。フロートのチェックバルブ周りは、オーバーフローの

原因に直結しますので、念入りに洗い流し、エアーブロー。

 

フロートやスロージェット、細かい通路など、すべて清掃&確認して、元通り組んでいきます。

あ、新しいフィッティングを圧入してからね。

 

真鍮(ブラス)パーツは、柔らかいので細心の注意が必要です。

無理な力をかけるとゆがんだり、曲がったりしますので。。。

 

CVキャブを愛用されている皆様、一度、このフィッティングを確認してみてください。

クラックが入っているようなら、対策品にアップグレードしちゃいましょう!

 

| BEARDS | お仕事 | 17:20 | comments(0) | - | - | - |
忘れもの(ヘルメット)

ちょっと店内を片付けていたら、持ち主不明のヘルメットが3つ、出てきました。

一つはオーナーさんが見つかったので一件落着。

残りの2つは、分かりません。

 

 

 

こちらの2つ。

お心当たりのある方はいらっしゃますか?

店に保管してますので、ご連絡をお待ちしております。

 

長年バイクに乗っていると、ヘルメットは増えていきますよね。

もちろん経年劣化によって、安全面で機能が低下してしまう消耗品ですから、

買い替えの時期はきます。

古いメットが捨てられずに、たまっていく一方だ!という方も多いのでは?w

 

ファッションアイテムである半帽なんかは、もともと安全面では無に等しいので、

消耗品という感覚もなく、ずーっと所有されているものが多いと思います。

ご存知、道交法では違反ですからねw

 

当店では、車両をお預かりする際に、一緒にヘルメットや荷物もお預かりしてます。

バイクを取りに来られた際に、お預かりしたメットや荷物もお渡ししてるわけですが、

忘れがちなのはバイクのキーです。

時々、アメリカンすぎるお客さんが、ヘルメットをかぶらずにバイクで帰ろうとする

ことも何度かありましたが、さすがにすぐに気づきますw

ですから、バイクは無いのに、ヘルメットだけ残っている状況は、けっこう不思議です。

 

二人乗りしてきて、2つのメットを預かり、納車時は1つだけ被って帰られた???

可能性は低そうですが、ゼロではありません。

 

ヘルメットを預けたけど、すっかり忘れて、納車時に違うメットを持ってきて帰られた??

ありえそうです。

 

どっかに名札でも付いてればいいんですけどねw 

 

持ち主の方のご連絡をお待ちしております。

| BEARDS | お仕事 | 18:24 | comments(0) | - | - | - |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE