BEARDS BLOG

BEARDS MOTORCYCLE COMPANYのBLOG
タイヤ ニューリリース続々登場

新しくリリースされるタイヤのお知らせです。

 

純正採用のダンロップやミシュランが交換時期を迎えたとき、ほとんどのお客様が

ほかのメーカーのタイヤを選ばれます。

パターンがかっこいいとか、ロングライフで性能もそこそことか、理由は様々ですが、

一番の理由は、価格でしょう。

ハーレーのロゴが入っている純正のタイヤは、他のメーカーの価格の1.5倍から2倍です。

性能が素晴らしければ、それでも良いのですが、残念ながら価格に見合った性能ではありません。

 

新しくリリースされるタイヤは、開発の段階でライバル社の製品を徹底的に比較・研究されて

作られますから、過去のものより良いものであることは間違いないです。

 

来月にリリースされるメッツラーのクルーズテック(CRUISETEC)は、重たいハーレーでも

スポーツ走行を楽しめて、雨天の路面でもグリップし、それでいてロングライフ!

こんな良いところ取りの性能を謳っています。

まだ発売されていないので、実際のところはなんとも分かりませんが、インプレでの評価は

かなり高いようです。

http://www.virginharley.com/topics/topics20190515/

10.jpg

パターンもなかなかかっこいいですね!価格もけっこう良心的で、今後の主軸製品に加わる

可能性大です。

 

 

次にご紹介するのは、先月にリリースされたAVONのコブラクローム。

こちらは、従来品のバージョンアップ版で、グリップ力・ライフともに従来品の10〜15%

上回り、デザインも少し変わりました。

すでに装着させてもらったお客様もいらっしゃいます。個人的には、好きなタイヤです。

コブラクロームの一番の強みは、ホワイトウォールの設定が豊富なところです。

私も試乗車につけてますますが、グリップ力、旋回性、ライフともに満足しております。

エイボンタイヤは、2か月ほど前に大幅値下げされ、お求めやすい価格帯になりました。

http://www.dolphin-s.co.jp/AVON/AV91/AV92.html

 

AV91%20AV92%20AVON.jpg

 

コブラクローム以外に、エイボンの中でハイグリップお求めでしたら、AM26があります。

いつも摩耗よりも経年劣化で交換時期が早く来てしまうのであれば、グリップ力の高い

タイヤを選ぶのがお勧めです。

 

 

最後にブリヂストンのH50(エイチゴーマル)。

バトルクルーズという激しい名前がつけられてますが、名前負けしてません。

ミシュランのコマンダー兇茲蠅皀蹈鵐哀薀ぅ佞如▲哀螢奪廚篝回性は大きく上回るように

開発されただけに、好評です。

当店でもかなりの販売数になりましたが、一部のお客様からは、雨天時に滑るといった声も

上がってきてますので、ウェット性能は少々低めかもしれません。

価格帯は多少高くなりますが、ブレに強く、曲がりやすくなるなど、メリットは多いです。

 

http://www.virginharley.com/feat/bridgestone/

 

08.jpg

 

個人的にブリヂストンといえば、スポーツスターカップで装着率100%だったBT39。

街乗りでBT45V履いて、サーキットではBT39に履き替える!なんてことやってましたw

自分がうまくなったと錯覚するくらいバイクが自然にクイックに倒れます。グリップ力は、

バイアスの中で最強クラスです。ただし、ライフが非常に早い・・・・・

公道ならリアは6000km〜7000kmくらいで交換時期が来ます。

製品名もBT39 for AMERICAN となり、スポーツスターの19インチ16インチに特化した

製品となってますので、ご注文時は注意ください。

 

 

以上、数点をご紹介しましたが、メッツラーのクルーズテックが気になりますね。

7月発売開始なので、ちょうど交換のタイミングの方は、選択肢の一つに加えてみてください。

| BEARDS | お仕事 | 15:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
BEARDSオリジナルキャリパーサポートのご紹介

当社がかなり前から力を入れているブレーキ周りですが、このたび新たに新商品が

追加されました。

 

BEARDSキャリパーサポート

 

ブレンボ40mmピッチキャリパー用

2000年モデル以降

11.5インチ径ブレーキローターに対応

 

¥10,000−(税別)

 

FDE2435A-AA62-49C6-81E2-5413A15ADD56.JPG

ブラックアルマイト本体 ×1個

テーパー加工SUSボルト ロング×2本 ショート×2本

0.5mm厚シム×4枚

 

CA0749F8-9EAD-4679-8695-E5921E5C4AC1.JPG

耐久性・剛性はもちろん抜群、表面はブラックアルマイトをかけてます。

 

 

570F021C-171D-4EAF-8CD7-EFC6E7780F46.jpg

裏側には、当社のネーム入り。

 

 

IMG_6313.jpg

装着するとこんな感じです。

 

IMG_6312.jpg

 

当たり前なのですが、ブレーキパッドの全面が、ブレーキローターを

100%つかむように作ってます。

あと、キャリパーのセンターがバッチリ出るように、シムによって調整できる

自由度をもたせました。

 

最初の生産数は少なめです。

バカ売れしたら、大量生産に移りますw

 

気になった方は、ご来店ください!

| BEARDS | お仕事 | 18:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
(再)詐欺サイトにご注意を!

先日もブログでお伝えしましたが、当店のオリジナルパーツの一部が、詐欺サイトにて

安価で販売されてます。

こちらの詐欺サイトにお金を払っても、商品は届きませんし、お金も戻ってきません。

 

私が見つけた詐欺サイトに関しまして、警視庁サイバー犯罪対策課に報告し、対処して

もらってますが、次から次へと出てきて、まさにイタチごっこ状態。

アメリカのサーバー経由で載せているようで、調べるにも数週間の時間がかかるそうです。

 

お客さんから、自転車で詐欺被害に遭いそうになった話を聞きました。

幸い、電話して「おかしい!」ということに気が付けたので被害はありませんでしたが、

私もネットで通販などのページを見てみると、似たような詐欺サイトが次々と出てきました。

 

それらのページをよく見てみると、フォーマットがどれも似てまして、共通するいくつかの

特徴があります。

 

まず、明らかに相場価格よりも安いこと。

 

実在する店舗を、あたかも自分たちの取引先のように掲載していること。

 

送料無料となっているのに、送料の運賃表があったりして、あちこちのサイトのコピペを多用していること。

 

よーく見てると矛盾に気が付き、怪しいな!って思えるはずですが、在庫わずか!早い者勝ち!とか、

こういった通販に疎い方などは、騙されてしまうのかもしれません。

 

いずれにしても、注文する前に電話するなりして、確認しましょう。

 

このような詐欺に遭わないためには、アマゾンや楽天などの大手通販サイトが運営していて、

万が一詐欺被害に遭ったとしても、保証してくれるところをご利用ください。

 

当店のオリジナルパーツに関しましては、直接、当店までご連絡いただければOKです。

安売りしてません。定価で告知しております。安売りしてたら詐欺サイトです。

どちらにしても、当店までご連絡ください。

 

オリジナルパーツを考案した努力や時間、何より考案者の想いが、詐欺サイトに利用されていると考えただけで

腹立たしいです。きっと悲惨な死に方しますね。

 

引き続き、みなさまお気を付けください!

 

| BEARDS | お仕事 | 17:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
中古車販売の諸費用について

なが〜いGWも後半ですね。

当店の近所の関谷インターでは、覆面パトが連日、捕まえまくってます。

スピード違反の取り締まりだと思いますが、ご来店の際は、お気を付けください。

せっかくの休みも、くだらない交通違反などで、気分は台無しになっちゃいますから。

 

さて、新車や中古車を購入する際、車両代のほかにかかる諸費用についてのお話です。

販売店によって違うので、車両価格だけみてると、乗りだし価格をみてビックリ!

という経験をされた方も多いのではないでしょうか?

 

例えば、車両価格が100万円(税込み)だとすると、100万円のほかに、

登録諸費用や車検代行費、自賠責・重量税など、さまざまな費用がかかります。

これらについて、日本全国どのお店でも法定費用は変わりません。

法定費用の内訳は、

登録印紙代2000円・重量税3800円〜5000円・ナンバー代520円

それに自賠責保険25か月11780円です。

※重量税は初年度登録から経過年数によって変わります。

 

差が出るのは、納車整備代や代行費、登録費用になります。

当店では、納車整備代で54000円・車検代行費で21600円・登録費用で約1万円、

をいただいております。登録費用の約1万円は、登録地域によって多少の増減があります。

 

これを先ほどの法定費用と合計しますと、約10万円が車両価格のほかにかかるわけです。

なので、乗りだし価格は、110万円になります。

 

他社の納車整備代や代行費などをみますと、高いところで20万近くになるところもあります。

大手参考価格は、納車整備代で70000円、登録費用30000円、車検代行費30000円、

となっており、当店よりも合計で5万円ほど高くなってます。

 

車両価格での値引きはあっても、法定費用や納車諸費用の値引きはまずありませんから、

乗りだし価格をしっかりと確認して、ご成約ください。

 

ちなみに、車検がまだ残っている場合は、車検代行費や自賠責などの費用がかかりませんから、

だいぶ安くなります。その代わり、車検満了日にご注意ください。

 

残りのGW、事故と取り締まりに気を付けて、お楽しみください。

 

 

| BEARDS | お仕事 | 11:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
GW突入!休まず営業してます!

超大型連休がスタートしましたね。

この連休を使って遠方までツーリングを楽しまれる方も沢山いらっしゃるでしょう。

 

当店は、1日(水)の定休日以外、休まず営業しております。

 

ただし、パーツ業者や陸運局など、世間と同じように休業してますから、パーツの納期や

車検の完了に関して、すべて連休明けの作業になります。

通常よりもお待たせしてしまいますが、ご了承ください。

 

じっくりとカスタムのお話などされたい方、バイクの調子やメンテナンスの相談など、

ぜひ、ご来店いただければと思います。

特にワンオフパーツなどのご相談は、時間をかけて慎重に打ち合わせしないと良いものができません。

せっかくお金をかけて世界に1点だけのモノを作るわけですから、まずはイメージの資料などを

ご用意いただけると助かります。

 

ツーリング中の車両トラブル等、お困りの際は、営業時間中にお電話ください。

営業時間外はメールをいただけたら、翌日までにこちらから折り返します。

 

 

今日は連休初日の27日ですが、あいにくのお天気でしかもかなり寒い・・・

昨日の夕方あたりから道路の交通量も増え始め、今日は他県ナンバーの車を目にします。

最近話題の高齢者による事故など、いくらこちらが気を付けていても防ぎようがない不運な目に

遭わないためにも、変な挙動の車には近づかないようにしましょう。

車の死角に入らない、車線変更ひとつするにも、目視確認を!

 

安全で楽しいハーレーライフを!

 

| BEARDS | お仕事 | 17:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
詐欺サイトにご注意を!

当店のオリジナル商品が、詐欺サイトで無断で転載され、被害者からの報告があがってます。

 

ハイフローファンネルやブレーキテックローター、itgエアーフィルター(HD用)などの

当店のオリジナルパーツは、基本的に当店からの販売になります。

 

また、定価販売です。値引きはしておりません。

 

どうやら詐欺サイトでは、30%ほど値引きしているケースが多いようです。

このようなサイトでは、絶対に購入しないでください。

 

ネット販売に関しまして、現在、当店以外で販売しておりません。

当店と取引のある業者かどうか、または通販サイトなど、不安な場合は

当店まで直接お問い合わせください。

 

ご注文は、当店に直接お願いします。

 

これ以上、被害者が出ないことを願います。

 

 

 

| BEARDS | お仕事 | 11:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ドラレコ

車の業界では、装着が当たり前になるつつあるドライブレコーダー。

二輪にも、その波は着実に迫ってきているように思います。

むしろ、二輪こそ装着した方がいいんじゃないか?と思っている方も多いことでしょう。

 

ドライブレコーダーのメリットは、何といっても事故などのアクシデント時の記録ができる!

というものが大きいです。

GOpro的な遊びで使うこともできますね。

 

デメリットは、配線やモニターなどが増え、ネイキッドモデルですと設置場所に悩まされたり、

荷物が増えてしまうといった点でしょうか。

 

もうちょっと先の未来、おそらくヘルメットに装着できるようなコンパクトなモデルが

出るんじゃないかと思ってますが、現状では車体に取り付け、車体のバッテリーから

電源を供給されるものが主流です。

 

https://www.kijima.info/ad720.html

 

バイク用ですと、前後方向にカメラを取り付けられるものがいいですね。

ドラレコに記録されたものが絶対ではないですが、万が一の事故の時、ドラレコの記録を

確認して状況確認することは、もはや一般的になってます。

ドラレコのおかげで、加害者の嘘が明らかになったりするケースも多いようなので、

普段から安全運転をされている方ほど、欲しいアイテムでしょう。

 

ただ、現在品薄のようです。今注文をしても、5月下旬になるようなので、GWは間に合いません。

 

バイク用は、防塵・防水・コンパクトなどの条件が厳しいですから、価格も車用より高価です。

安価なものは振動や水などですぐ壊れてしまうそうなので、ご購入をお考えの方は、熟考してください。

 

当店では、まだ取り付けたことのないものなので、取引先にお勧め情報を聞いてます。

今のところ、上記のリンク先(キジマ)のドラレコが良いようです。

ただし、納期に時間がかかるので、興味ある方はお早めにご相談ください。

| BEARDS | お仕事 | 14:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
レギュレーターの故障

ハーレートラブルあるあるの一つ、レギュレーターの故障についてのお話です。

 

簡単に言えば、レギュレーターとは、電気を制御する機械のことです。

取り付け場所は、冷やす必要があるのでたいていはエンジン前方、オイルフィルターの

前あたりに付いてます。

 

こんなやつです。

IMG_5874.jpg

 

この機械、どのような仕事をしているかといいますと、ステーター(発電機)で

作られた電気(交流)を、使える電気(直流)に変換し、余った電気をバッテリーに

供給したりして、車体の電気を制御しております。

 

エンジンの回転数に比例して、発電量は増えます。

1000回転以下ですと、発電量は少なく、バッテリーを充電してあげるほどの

余った電気がありません。

逆に、2000回転以上あげていくと、どんどん発電されますが、そのままバイクに

供給されてしまうと、過剰な電気がいってしまい、ヒューズが飛んだり、バッテリーが

過充電になったりして、非常に危険です。

そんな回転数に合わせて、必要な分をバイクとバッテリーに供給してくれるように

制御しているのがレギュレーターです。

 

このパーツは、完全に壊れてしまうとはっきりと症状が出ます。

例えば、ツーリング中、ガソリンスタンドに寄って給油。そのあとエンジンをかけようと

してもバッテリーが上がってしまっている。などが主な症状。

 

発電された電気がバッテリーに供給されないことにより、起こるトラブルです。

 

電圧計をバッテリーにあてて、エンジン回転数に合わせて、電圧計が14.3Vくらいまで

上がれば正常。何も変化しないのであれば、レギュレーターの故障の可能性が濃厚。

もう一つ診断しなくてはいけないのは、発電機(ステーター)の点検です。

肝心の電気が作られていないのであれば、レギュレーターを交換したところで故障は

直りません。運が悪いと両方とも壊れてしまうケースも・・・・・

 

ハーレーのトラブルでステーター、レギュレーターの故障は、結構あります。

年式やモデルによって傾向がありますので、不安な方はご相談ください。

 

スポーツスターやダイナに使われている角ばった形のレギュレーターは新品でも

壊れていることがありますw

あと、10年以上経過して裏側のコーティングがひび割れているものはご注意を。

 

こんな感じです。

 

IMG_5875.jpg

 

形状に関しまして、冷却フィンがついてますので、発熱するパーツです。

レギュレーターの前にバッグをつけたり、覆ってしまうのは、冷却を妨げますので

注意しましょう。

| BEARDS | お仕事 | 11:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
シルバーリングの落とし物

こちら、店内に落ちていたリングです。

リフトの下側、交換用新品タイヤが置いてあったのですが、その脇にありました。

 

内側に YUKI ♡ RINO と刻印があります。

 

お心当たりのある方は、ご連絡ください。

| BEARDS | お仕事 | 15:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
タイヤフェア開催中

 

 

タイヤフェア

 

開催期間 2月28日まで

 

タイヤ価格 20%OFF!!

 

※当店取り扱いメーカーのタイヤに限る。

 

フェア期間中にご注文され、期間外の取り付けに関しましては、

3月いっぱいまでの取り付けでお願いします。

 

寒い日が続いております。

正月に乗ろうとして、バッテリーが弱くて乗れなかったという方が多かったようで、

バッテリーの注文が、年始から大変多いです。

余裕をもって在庫していたはずのバッテリーが、すっかり売れてしまいました。

 

毎年のことですが、冬場のトラブルで最多なのは、バッテリーです。

ハーレーのバッテリーは、寒冷地でもパワーが落ちにくい特性の上質なものですが、

それでも寒い日の朝一の始動は大変です。

 

これから挙げる項目に当てはまる数が多いほど、バッテリー上がりに注意です。

 

□インジェクションモデル

 

□セキュリティシステム装着車

 

□1か月以上乗っていない

 

□充電器なし

 

□バッテリー交換してから2年以上経過

 

□ちょい乗りが多い

 

ほかにも高圧縮エンジンなど、いろいろありますが、エンジンスタートさせるときに

ハーレーの重いクランクを回せるくらいバッテリーの電力が強くないと、エンジンは

なかなかかかりません。

 

セルスターターボタンを押しても「カチカチカチ」音だけがむなしく響き、クランキング

しないようでしたら、バッテリーは交換、もしくは充電が必要です。

キャブレターモデルであれば、車などにジャンプさせてかけたり、押し掛けしたりできますが、

インジェクションモデルは、不安定な電圧でのECMエラーが起きたり、バッテリー端子の

スパークでECMの基盤が壊れたりするので、絶対にやってはいけません。

 

また、たとえバッテリーが新しくても、何度もあがってしまったような場合は、

バッテリーの性能が極端に落ちます。バッテリー上りが起きないように、常に

トリクル充電器につなげておくのがバッテリーの状態を良く保ち、長持ちする秘訣です。

 

ここ数年で何件かあるトラブルで、セキュリティサイレン内のバッテリーが劣化し、

電源オフにしていてもバッテリーが弱くなるというケースがあります。

純正セキュリティシステムは、、キーをオフにしたとき、セキュリティサイレンの

バッテリー残量が少なくなると、車体のバッテリーから電気を補充して、万が一の時に

サイレンを鳴らします。

サイレン側のバッテリーが古くなり、常に車体のバッテリーを消費するようになると、

2週間ほどでメインのバッテリーがだいぶ弱くなります。

充電器でつなげっぱなしの場合、気が付きにくいです。

 

インジェクション、キャブレターは関係なしに、純正セキュリティシステムを付けていて

10年以上経過している場合は要注意です。

最近バッテリーがすぐ弱くなるような症状を感じる方は、ご相談ください。

 

ちなみに、06年までの純正セキュリティシステムは廃盤となってますので、ご注意ください。

 

せっかくツーリングに行こうとしても、朝一でバッテリーあがり・・・・・

予定はパー、テンションもガタおち、なんてことにならぬよう、冬場のバッテリー管理には

ご注意ください。

 

| BEARDS | お仕事 | 14:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE