BEARDS BLOG

BEARDS MOTORCYCLE COMPANYのBLOG
バイクの積載を考える

個人的には、バイクってシンプルなほど ”好き” です。

保安部品を取り外したバイクの美しさといったら・・・

ただ走ることだけを目的とした造形美は、うっとりするほどです。

 

ただ、こればかりは個人差があり好みのことなので、人それぞれ。

便利なものはたくさんありますからね。

 

ハーレーの最上級モデルは、言わずと知れたツーリングモデルのウルトラです。

風をさえぎるフェアリング、路肩を照らすフォグランプ、オーディオ、

左右のサドルバッグ、大容量ツアーパックなどなど、ノーマルの状態で

様々なものが装着されており、まさにラグジュアリー感がすさまじいです。

 

シンプルなバイクが好きな私にとって、ウルトラはまさに真逆の存在なわけですが、

やはり荷物がたくさん入る箱があったり、音楽が聞けたり、高速走行が楽だったりと、

ツーリングを楽しむライダーにとって、その利便性は大きな魅力でしょう。

 

さらに、オプションパーツも数えきれないほど出てます。

さらに荷物を載せられるラックやインナーバッグ。

無線やオーディオパーツ、タンデムシート用のアクセサリー・・・・

 

乾燥重量で400kg近くある車体に、数々の荷物、二人乗り。

揺れるエンジン、ストップ&ゴーの多い交通事情。

 

バイクは車と違って2つしかタイヤがありません。

バランスを取りながら走る、乗り物です。

つまり、過積載や無理な運転は、バランスを崩します。

シャーシやフレームにかかる負担も考えなければ、事故につながります。

そこを見落としてしまわないよう、ちょっと考えてみましょう。

 

 

こちらの赤い矢印、上側は、2人乗りのさらに後方にツアーパックが付いてます。

下側は、タンデムシート上についてますから、2人乗りできません。

どちらがバランスをとりやすいか?想像に難くないでしょう。

後ろにオフセットして装着されている方が、バイク本体から重心が離れているので、

不安定だし、積載重量も少なくしなければいけません。

 

 

 

こちらは、オプションパーツであるツアーパックラゲッジレールとバッグの写真です。

ツアーパック本体だけでも15kg以上の重量があり、70リットルの大容量ですから、

フルフェイスヘルメット2個が楽々入ります。

そのツアーパックのさらに上側に、荷物をのせるキャリアが、この写真です。

 

言いたいことは、もうおわかりかもしれませんが、ツアーパック内もその上側にも、

重いものを積んではいけません。

 

どれだけリアタイヤに荷重がかかるのか?

重いものがバイクの高い位置にあると、バランスはどうなるのか?

 

ツアーパックの上蓋に収納バッグもオプションで出てますw

 

はっきり言って、ツアーパック周りに入れる荷物は、衣類とかヘルメット程度の軽いモノじゃないと危険です。

重いものは、サドルバッグに入れた方がまだいいと思います。

 

 

下の写真をごらんください。

赤い矢印は、ツアーパックをサポートフレームに止めているボルトの位置です。

全部で5か所でとまってます。

黄色い囲いは、そのサポートフレームが、バイクのフレームに取り付けられている場所です。

4点でとまってます。

 

 

このサポートフレーム、中空のスチールパイプです。

ハンドルよりも細く、取り付け穴や潰し加工などがされており、強度はどうなんでしょうか?

イ●バの物置が作ってくれてれば安心ですけど、アメリカンですw

 

 

で、実際にこのサポートフレームがへし折れたのがコレ!!

 

 

取り付けの穴の辺りで左右ともボッキリ折れてます。

後ろ側2点のみで、ぐらぐら状態でツアーパックを支えてました。

もしも気付かずにこのまま走っていたら・・・・

タンデムの人が背もたれにする役割もあるツアーパックですから、人もツアーパックも後ろに落ちたかもしれません。

 

 

ツーリングモデルの後ろ周りは、マフラー・フェンダー・サドルバッグサポート・フレームが

それぞれみんなを支えながら強度を出してます。

ですから、そのうちの1か所でも折れたり外れたりすると、他の場所にかかるストレスが倍増し、

思わぬトラブルを招きます。

 

 

ちなみによく折れるのは、こちら。

 

マフラーとフェンダーレールを支えるステーです。

このように折れると、よく揺れるマフラーの振動の支えが無くなり、反動で弱いところにストレスかけます。

今回は、ツアーパックを支えているサポートフレームを破壊したんだと想像します。

もともと過積載や経年劣化で、サポートフレームにクラックが入っていたのでしょう。

 

 

バイクをみがいている時やアイドリング中に、なんかおかしな揺れや音を感じたら、きっちり調べないと危険です。

今までのケースで、折れやすいところやストレスがかかり易いところは、点検時に確認してますが、

思わぬところにトラブルがでてしまうこともありますから、普段から積載量は気にかけてください。

 

ウルトラはお金がかかりますね・・・涙

 

| BEARDS | コラム | 13:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ブーツのススメ

11月に入りました。

これから寒い冬がやってきます。

バイクに乗るなら防寒対策は必須ですね。

足元は、ブーツじゃなきゃ寒くて乗ってられません。

足先の感覚がなくなるし、シフトチェンジも痛いw

足首を完全に覆ってくれているブーツは防寒も安心感も抜群です。

 

ちなみに、ハーレーに乗る時は、夏でもブーツをお勧めします。

暑いですけど、体を守るためにはやはりブーツです。

スニーカーだと、シフトチェンジの左側だけ激しく痛みますww

 

これまで私は、何度もブーツに救われています。

そのたびに、スニーカーだったらヤバかっただろうなって思うんです。

 

ターンパイクで激しく転んだ時、レッドウィングのワークブーツは

ボロボロになりましたが、足首のねん挫程度ですみました。

筑波サーキットの第一コーナーでは、2度ほどやらかしてますが、

ライディングブーツのおかげでかすり傷一つ負いませんでした。

最終コーナーでフルバンクさせているときも、右足の小指あたりが路面とこすれましたが、

ブーツのバンクパッドが削れるだけです。

そのほかにもいろいろありましたが、コケた時を思い返すと、すべてブーツを履いてました。

 

これは仕事で使ってるチペワのエンジニア。

以前、試乗中にスリップしてすっ転んだ時、右足がバイクと地面に挟まれましたが、

スチールトゥのおかげで無傷でした。

ただ、ブーツにはその時の傷が激しく残っていて、傷からスチールがむき出しに・・・

この仕事をしていると、普通に使用していてもブーツの痛み具合がハンパないです汗

ちなみにこのチペワ、4足目ですw

 

 

 

こちらはツーリングの時などに履いているウェスコのボス。

スチールは入ってないので、シフトアップの時に親指が痛い時がありますw

まだまだ履きこなしてないので、ガンガン履きこみたいのですが、

仕事に使うには気が引ける・・・涙

 

 

そのほかにもレッドウィングのエンジニアは高校生のころ買って、

ソールを2度交換しながら長年履きこみました。

いい感じに味が出てきたのですが、足がごつくなったのか??

30歳をこえたころからきつく感じだし、今は履けません涙

レッドウィングは、ペコスや編み上げのワークブーツ、アイリッシュセッターなど、

代表的なモデルは一通り履き込みました。

どれも傷がついてますが、バイクに乗っているときについたものがほとんどです。

 

足を守ってくれるブーツ。

とても大切な存在です。

みなさんもこだわりのブーツがあるんじゃないでしょうか?

たまにはオイルを塗って、大事にしてあげてくださいね!

 

 

| BEARDS | コラム | 12:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
業界の活性化になる?

http://bylines.news.yahoo.co.jp/sagawakentaro/20161003-00062819/

 

125cc以下の二輪免許が、普通免許に付帯されるかもしれないニュース。

 

もし実現されれば、二輪業界の活性化につながる起爆剤となると思います。

 

賛成意見も反対意見もいろいろあるでしょうが、大型バイクに乗っている人間から見て、

原付(50cc)って、理不尽な乗り物です。

 

法定速度30km/h → 自転車に抜かれる

二段階右折 → 交差点内に停車することになる(邪魔だし危険)

モデルによっては作りが粗悪すぎる・・・などなど。

 

これが125ccまで普通免許で乗れますよ!ってことになると、高速道路に乗れないだけで

一般道は、他の車両と変わらない走り方ができます。

機動性に優れる二輪の中でも、125ccのスクーターやビジネスバイクは、特に使い勝手が

良いので、乗る人が増えればいかに便利かということがたくさんの人に浸透します。

 

それに、125ccのエンジンパワーがあれば、交通の流れに乗ることは簡単なので、

バイクという乗り物のちゃんとした面白さを体感したり、通勤の足だけでなく、ツーリングに

利用されることも考えられます。

 

そうやって普及すれば、人によっては、もっと大きな排気量の二輪に自然と目が行きます。

すそ野がひろがり、二輪業界全体の活性化につながるはず!

 

私が16歳の時、50ccのモンキーで走り回った楽しさと刺激は、いまだに色あせません。

250ccに初めて乗った時の驚きは、「俺はどこにでも行けるじゃん!」と夢が膨らみましたw

道さえあれば、月にまで行ってやる!

かっこいいじゃないですか!

きっかけは何でもOK。

バイクは楽しい乗り物だということが、少しでも多くの人に伝わってほしいと思う今日この頃です。

| BEARDS | コラム | 18:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
梅雨明け間近

おととい、東海地方まで梅雨明け宣言が出されましたが、本日、関東は雨。

もう少しで明けるんでしょうけど、もどかしいですね。

暑い日と涼しい日の気温の差がかなりあるので、体調管理にお気を付けください。

 

さて、夏休みにツーリングを計画されている方、バッテリーやタイヤの空気圧などなど、

気になるところはないでしょうか?

 

冬場ほどではないですが、夏場でもバッテリーのトラブルはあります。

交換時期を過ぎても、夏だから平気と、だましだまし使用していると、

ある日突然、肝心な時にお陀仏になるかもしれません。

 

北海道の真ん中でレッカー待ちなんて、考えただけで恐ろしいです。。。

 

弱くなってしまったバッテリーを使い続けると、セルモーターを壊してしまったり、

レギュレーターが壊れたり、かえって出費のかさむことになります。

インジェクション車では、アイドリング不良やメーター類の誤作動など、

気持ち悪い減少が起きたりしますよ。

 

純正バッテリーのメーカーが推奨している使用期間は2〜3年です。

1〜2年でも、放電を繰り返したりしてしまったバッテリーは、交換が必要かもしれません。

充電器につなぎっぱなしで、高い電圧を維持してもらえれば、本来の性能と使用期間を

全うできます。あまり乗る時間の無い方には、まずは充電器をお勧めします。

 

また、出先でのバッテリーあがりに重宝するのが、バッテリーブースター。

10cm×15cmほどの大きさのリチウム電池パックなのですが、万が一、

バッテリーが弱くなってエンジンがかけられなくなってしまったときに、

こいつを繋げば、クランキングさせることができます。

 

気になる方は、スタッフまでお問い合わせください。

ツーリング前に点検を受けたい!という方も、お早めにご連絡ください。

お待ちしております!

 

| BEARDS | コラム | 18:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
サーキットのススメ
先日、近所の交差点をバイクで右折した際、イン側からけっこうな勢いで
スーパースポーツバイクが突っ込んで割り込んできました。
信号が変わるタイミングだったので、突っ込んできたのだとは思いますが、
人の前にいきなり割り込んできて、なんのあいさつもなしに目の前を走るもんだから、
気分が悪いったらありゃしない。
もし、右折中にスリップなんかされたら、私のところへ突っ込んでくるわけですから。。。
そして、ミラーから顔をのぞくと、いい歳こいた中年、おっさんです。
おまけに空ぶかしまでしてくれちゃって・・・・笑

と、こんなマナーの悪いおっさんライダーと遭遇してしまったものですから、
ある話を思い出しました。

『伊豆スカイラインの二輪通行規制』

噂を聞いた人もいるかもしれませんが、ここ数年、中年リターンライダーの
死亡事故が増えていて、特に伊豆スカイラインでは、危険な無謀運転が目立ち、
一般の通行者から苦情が絶えないんだとか。。。
県などの対応も、ゼブラを増やしたり、警告看板を増やしたりしてますが、
なかなか無くならないですよね、そういうのは。
この問題が大きくなるようなら、あの景色の良い伊豆スカを、
バイクで走れなくなってしまう日が来るかもしれないんです!!

実際、対向車線にはみ出して車を抜いていくバイクを、伊豆スカに限らず、
たくさん見てきました。
危なげなく抜いていく運転(もちろん違反行為ですよw)っていうのは、
抜かれる側も、抜く側も、危険だと感じないものです。
その行為によって、関係する車両にブレーキを踏ませてしまう時点でアウトです。
下手くそが無理してるってことです。
つまり、事故の可能性が高い。

正直、一般の公道でいくらがんばって速くなろうとしても、リスクばかりが増え、
見合うほどの技術は得られません。
一度、サーキットへ行って思い切り走った方が、20回峠道を無理して攻めるより
はるかに安全でスキルアップできます。
経験した人は、みんな知っていることです。

そして、サーキットへ行けば、いかに自分が井の中の蛙であることが分かります。

すると、自然と一般公道で無理な運転なんかしなくなるものです。
押さえつければ押さえつけるほど反発するのと似ていて、思い切り解放できる場所や
環境があれば、自分で納得していくはずです。
おっさん=いい歳 なんですからw

あと、つるんで走ると、すぐに気が大きくなってしまう輩も困りものです。
まるで高校デビューのようなw 
あれは本当にカッコ悪いですね。




 
| BEARDS | コラム | 13:13 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
溢れる情報
かなり昔のブログでも書きましたが、現代のネット社会っていうのは、
大変便利でもあり、怖くもあります。
知りたい情報が、簡単に取れる。
ただ、それが正しい情報なのかどうかは、分かりません。
諸刃の剣だと思います。
結局は、扱う人間の問題になってきます。

本当に知りたいことに対して、学校へ通ったり、図書館へ足を運んだりした経験が
ある方には分かるかと思いますが、知りたい情報の核心にたどり着くまでに、
かなりの回り道をするものです。
その回り道をしている間に得る情報こそが、血となり肉となって核心を得た時に、
確信へと昇華させてくれるのだと思います。

それに、いくら本を読んでも、机上の空論だけでは血肉にならない。
実際に行動して、手足を動かし、頭をフル回転させながら、失敗を繰り返すことで、
モノになっていくのでしょう。
そういうもののひとつに、技術というものがあるんだと。
逆に簡単に手に入ってしまうものは、世の中にはいくらでもありますが、
それほど価値はありません。

時々、ネットで得た情報に振り回され、プロの仕事に対して疑問を投げかける方が
いらっしゃいますが、残念でなりません。
気持ちはよくわかります。
でも、そのプロを信頼して任せたのであれば、ネットの情報や他人の横槍に負けずに、
見守って欲しいものです。
簡単に得られる情報で、技術が成り立つのであれば、技術を売りにしているプロは、
この世からいなくなります。たくさんのトライ&エラーを繰り返した経験で、
飯を食っているんです。

もちろん、プロがきっちり仕事をしていることが大前提であり、満足いかないことや、
なにか不具合が起こるようなら、すぐに相談できる関係が成立していないとダメですが。
信頼関係は、一方的には築けないものですからね。
これからも日々精進、経験の日々です。



 
| BEARDS | コラム | 18:14 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
楽しむための趣味
時々、趣味について考えます。

趣味が、バイクに乗る・所有するということ、
ハーレーに乗ることは遊びの延長線上にあり、
所有することによって、ステータスとなって、
時間の経過とともに、アイデンティティにまで昇華。

どういうことかというと、長くハーレーを所有し、乗り続けているという趣味は、
いつしかその人のひとつの個性となります。
その人の生活に、ハーレーという趣味が食い込んでいるわけです。

趣味は人生を豊かにすると言われますが、深い言葉ですね。
趣味を通じて、何を得るのか?
それは人それぞれですが、基本は「楽しむ」ことなんだと思います。

ハーレーに乗ってどこへ行こう?
次はどこをカスタムしよう?
もう少しハンドルの位置が、こうなればいいな!
心地よい鼓動感だなぁ・・・

なんかキャブの調子が悪いな。
重いな。
変な音が気になる。
錆びちゃった・・・

ポジティブとネガティブが共存するのも趣味の世界。
追究すればするほど、求めるものは高くなっていき、反動も大きくなります。
そして迷い込むと、楽しむことを忘れて、悩み始めます。
そうなってしまうと、もったいないですね。
本来なら、楽しめるはずの趣味で悩み、ストレスになってしまう。

そんな時は初心に帰って、「楽しむ」 ことを思い出してください。
すると、悩むことすらも、楽しむことの仲間入りするはずです。

趣味=楽しみ という町の中の、ポジティブとネガティブという住人。
すべてが楽しむための一員だというスタンスなら、ゆっくり楽しめると思います。

| BEARDS | コラム | 17:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
オンザロードマガジン最新号!
ホイールジャンキーフリーマガジンの決定版、「オンザロードマガジン」の最新号入荷しました!
なんと今回は、私、ミヤタが載っておりますw
店頭にて、配布中です!
ぜひ、ご来店くださいませ。。。





 
| BEARDS | コラム | 13:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ロゴマーク


オリンピックのロゴマークで、世間はざわざわしてますね。
パクリとか金とか癒着とか・・・ロゴマークの一つもまともに決まらない東京五輪。
カッコ悪いなぁ〜、頼りないなぁ〜。
こんなんで大丈夫なんですかね?

そんなことは、正直どうでもいいのですが、ロゴマークって企業やブランドのシンボルですから
とっても大事なものです。

バイクメーカーのエンブレム、ロゴマークもかっこいいものが勢ぞろいしてます。
ハーレーのロゴといえば、バー&シールド。親バカじゃないですが、すげーカッコイイと思います。
パクリてぇ!笑
国産4メーカーのロゴも秀逸です。
ウィングをあしらったホンダのマーク。
楽器屋らしく、おしゃれな音叉マークのヤマハ。
Sマークがまぶしいスズキ。
ロゴマークまで男らしいカワサキ。
そのほか、惜しくも廃業して無くなってしまったメーカーロゴも、かっこいいものが多いです。
海外メーカーでも、ヨーロッパをはじめ、たくさんのバイクメーカーがありますが、
どれも個性的で面白いですね。
シンプルだけどイタリアンレッドとホワイトで印象的なドカティ。
飛行機メーカーの名残でプロペラをあしらったBMW。
英車の気品あふれるトライアンフ。
アグスタやジレラ、ハスクにKTM、BSAやノートン・・・
あげたらキリがないですが、どのメーカーもロゴマークは個性的で、
不思議とバイクの顔(タンクに張り付けられた状態)になってます。
ぱ、パクリてぇ!笑

ところで、当店のロゴ、ワシのマーク。
どうですか?私はお気に入りです。
同郷の友達の力作なんです。

いろんなメーカーやお店のロゴマークを眺めるのって、かなり楽しいです。
 
| BEARDS | コラム | 18:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
DIY
"Do It Yourself" で、DIY。
自分でやる!っていう意味で、最近では日常的によく使われる言葉ですね。

私も棚やテーブルなど、自分で作るのが好きです。
子供のころから、プラモデルや工作が好きでした。
ホームセンターで木や材料を買ってきて、自分で思うように組み立てる。
時間も労力もかかりますが、楽しいです。
キャンプはその延長線上にあるのだと思います。

さて、バイクの整備やカスタムをDIY。
これに関しては、思うことがあります。

雑誌やネットの情報で、こんなに簡単に作業できるよ!とか、
こんな風にカスタムしてみました!など、けっこう見かけます。
プロのバイク屋の目から、それらの情報を見て感じることは、
間違った情報が多々あるということ。

もし、そんな間違った情報の受け売りで作業して、バイクが致命的に壊れてしまっても
誰も責任とってくれません。ましてや、そんな状態のバイクをバイク屋に持って行っても、
後の祭り。結局、無駄な出費が増えるだけです。

以前、ビューエルの新車を購入されたお客さんが、カムカバーをポリッシュしたくて、
DIY的にカバーを外し、自分でポリッシュして、再度組みつけた結果、

ガシャガシャと異音がわっしょいわっしょい・・・涙

そりゃそうです、プッシュロッドにかかる油圧タペットの圧を抜かずにカバーを
外してしまったのだから。。。
プッシュロッドは曲がり、カム山には傷が入り、タペットガイド(クランクケース)にも
傷・・・カムシャフトにもダメージがあったかな???
こうなってしまうと、数十万円の修理代がかかります。
これ読んで、なんのこっちゃ?と思われる方は、気をつけましょう笑

プラモデルや棚を作るのとは違い、自分の命を乗せて走る乗り物ですから、
しっかりと原理や構造を理解したうえで、マニュアルや専用工具とにらめっこしながら
作業するのが基本です。そこにプラスされて、プロの経験やノウハウが活かされてくるわけです。

私が作った棚やテーブル、正直、プロが作ったモノには遠く及びません。
プロの仕事をよーく見ると、どこに釘が使われているの?とか、木と木の組み合わせ方により
強度と機能性を両立させていたりとか、やっぱり凄い技術がそこにはあります。
本当にきっちりしたモノがほしければ、100%プロにお願いして、対価を払います。
ただ、自分が作ったモノは絶妙なサイズであり、なにも危険ではなく、誰にも迷惑はかけません。
あくまで楽しみながら作った自己満足の一品。これがDIYの醍醐味ですね。

公道を走るバイクや乗り物は、整備不良はそのまま事故につながります。
そのあたりを見極めてから、DIYしてください。
ネットや雑誌の影響を受けるのは、すごく危険だと思いますよ。
バイクのいじりの道は、一日にして成らず。
我々も数々の失敗を繰り返し、毎日バイクと向き合いながら、今日があります。



 
| BEARDS | コラム | 12:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE