BEARDS BLOG

BEARDS MOTORCYCLE COMPANYのBLOG
<< うなぎツーリングのお知らせ | main | RIDE FOR PEACE  Tシャツできました! >>
ブレーキフルード
 

ハーレーのブレーキフルードは、長い間、写真左のDOT5が使われていました。
2006年モデルくらいから、右側のDOT4にシフトして、現行モデルは全てDOT4です。

この2種類、同じブレーキフルードですが、成分が全く異なります。

厄介なことに、混ぜるな!危険!!なのです。。。

DOT4はグリコール系、DOT5はシリコン系と呼ばれ、混ぜることのない成分同士。
混入してしまうと、マスターやキャリパーのシール類を傷めたり、固形物が発生したりして
下手すると、ブレーキシステム全てオーバーホールということにも・・・・・

DOT5は、一般的に公道を走るバイクでは、ハーレーくらいしか使ってません。
それを知らないプロも多いかと思います。
何気なく、近所のバイク屋さんにメンテナンスをお願いしたら、ブレーキフルードの補充でDOT4を
入れられてしまうケースは、少なくありません。
DOT4は、塗装面などに攻撃性が強いので、ハーレーのか弱いシールなどはすぐに侵食され、
このように塗装がはがれてきます。


正直なところ、DOT4を使うならマスターのシールの品質を考えるべきだと思うのですが、
残念なシールのおかげで塗装がバリバリに剥がれてしまっている高年式モデルを見かけます。

そして、一番やってはいけないDOT4とDOT5が混ぜられてしまった場合、マスターの中は
こんな風に大変な汚れ具合でございます。


汚物かっ!?(失礼)
すでにリザーバータンクのシールはぶよぶよ、マスターの中のシール類はどうなっているのか?
きれいさっぱりオーバーホールをしたいところです。
もしも、マスターやキャリパーのシールが固着して、引きずりやはりつきを起こしてしまうようになったら、
全オーバーホールしかありませんね。
けっこうな出費になってしまうでしょう。
むしろ、ブレンボなどに交換して、カスタムへ振ってしまった方が気分的には良いですな。

ついでに、デモ車のマスターを、ラジアルマスターに換えました。
リザーブタンクに入っている紫色の液体は、DOT5です。
劣化していない状態ですと、色が全く違うので見分けは簡単。
劣化してくると、DOT5はDOT4のような色になってきますので、見分けが難しい。
手で触った時に、DOT4は若干粘つくような感触がありますけどね。

基本的に、マスターのリザーブタンクキャップに、ブレーキフルードの種類は記載されています。
ご自分の愛車のブレーキフルードの種類を、確認しておくことは良いことです。
しつこいですが、混ぜてはなりません。



| BEARDS | お仕事 | 17:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.beards-mc.com/trackback/1085663
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
+ RECOMMEND
本日は晴天なり
本日は晴天なり (JUGEMレビュー »)
サニーデイ・サービス
復活したサニーデイサービスの久々ニューアルバムは、期待を上回る出来でうれしい。
ソカベ氏は、ソロよりもやっぱりバンドだなって思わせてくれた一枚。伝わる歌唱力に脱帽。
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE