BEARDS BLOG

BEARDS MOTORCYCLE COMPANYのBLOG
<< 気になるもの | main | 年末年始の休業日 >>
非常に厳しい状態
マフラーのステーをフレームに取り付ける際、固定するボルトが締め付け途中で折れてしまった!

というヘルプ電話をお客さんから頂きました。

ソフテイルのマフラーステーに使われているボルトは、スチールの見慣れたものだと容易に推測。
フレーム側のねじ山が錆びていることが多い場所なので、それで固着してしまって折れたのだろう。

「折れてしまったボルトは取り除けますよ!」

と、簡単に引き受けました。。。。。何よりお世話になっているお客さんですからね!

その後、車両をお預かりし、日曜の朝から作業開始。
まずは状況を確認。確かにボルトが折れてます。
でも、なんかスチールのボルトがねじ切られたような切断面ではないような・・・・・(-_-;)
よく使われている普通のスチールボルトは、曲がったりねじられた時、‘粘り’が生じます。
なので、折れたりねじ切られたりした場合、力がかかった方向に粘った痕が残るはずなのです。
でも今回の場合、まるで粘った痕がありません。

ここでちょいと解説。
折れたボルトを取り除くには、ドリルでボルト部分のみを貫通させて、その後にねじ山部分を除去します。
なによりもまずは、ボルトの中心にまっすぐドリルの刃を立てなければいけません。

話を戻します。
もしかしたらお客さん、ステンレスなどの国産の特殊なボルトを使ったのかな?なんて思いながら、
まずは折れた断面を慣らします。
平面に慣らすことで、ドリルの刃がセンターにくるようにするのです。

ここで、気になる点が・・・・・
途中で折れてしまっているボルトの材質が、やはり普通じゃない・・・・・・(-_-;)
ステンよりも、硬ーい感じ。とても嫌な予感がします。

超鋼のドリルをたててみても、まるで刃が立ちません。
刃を研いでも、新しい刃にしても、まるでダメ。
ダイヤモンド砥石のリューターで、やっとちょっとずつ削れるという感じ。



でも、リューター側も削れていき、破損・・・・・
結局、これくらい削れたところでオーナーさんに電話しました。



すると、衝撃の事実が!
なんと、市販の道具を使ってスクリューを取り出そうとしたのだが、その工具も途中で折れた!
ということでした。(-_-;)

どうりでドリルの刃がたたないわけです。
焼きが入っている超鋼が相手なわけですから・・・・涙
そりゃリューターの刃も消耗する一方ですね。。。

正直、焼きが入ったものが相手では、取り除くことが非常に困難になります。
最悪、エンジンなどを降ろし、フレームを取り外して、プラズマ破砕機などの大型機器を使わないといけません。
何十万円もかかってしまいます。そんなの現実的ではありません。

でも、引き受けた手前、あきらめたくありません。
これがうまくいかなかったら、せっかく購入したマフラーが取り付けられないわけですから、
お世話になっているお客さんがかわいそう。
ここから私にとって修行のような作業が始まりました 笑

強烈に固いダイヤモンドリューター(高価w)を買い、高回転の高級ミニグラインダーで、
歯医者さんが慎重に奥歯を削るように、神経に触れないように、とにかく集中!
少し削っては油を注入の繰り返し。とにかく熱が入らないように真ん中のみを削ります。

そんな修行のような作業をすること3時間。とうとう貫通することに成功!!


喜びたいところですが、まだ山の頂上にはほど遠い(-_-;)
ここからは、さらなる集中力が必要です。
ねじ山を削らないように、ボルトのみを削っていかねばならないからです。
ライトを当てて、中を確認しながらちょびっとずつ削っていきます。


時々ボロッと出てくる切り粉は、まさにねじ山に噛んでいたボルトです。
これが出てくると、ゴールは近い!!



このように、うまくいけばボルトのみが取り出せるんです。
この時点で、折れてしまったねじ取り工具は高級リューターによりすべて粉になっているはず。
残るは、やわらかいスチールのボルトのみですから、良い塩梅に削ったらタップを立てます。



かじり防止のスレッドコンパウンドは必須!
慎重に、まっすぐタップを立てます。
下穴がうまく開いている場合は、そんなに力も要りません。
ちゃんと余分なボルトのカスだけが取り除けます。
ねじ山もきれいに蘇ります。



あとは、新しいボルトを慎重に入れてみてトルクがかかるかチェック。
今回、かなり大変な作業となってしまいましたが、予想以上にうまくいきました。
実作業時間は6時間以上かかってしまいましたが、満足いく仕事ができたと思います。
何より、これでマフラーがちゃんと付けられますから、お客さんも満足ですね。

ご自分で作業されると、どうしても太刀打ちできない壁が現れることがあると思います。
市販の安いねじ取り工具を使ったことが、今回の失敗でしたね。
ただねじ切ってしまっただけであれば、こんなに大変な作業にはなりませんでした。
こりゃ困った!と思ったら、無理をされる前に、まずはお電話ください。
それよりも、当店にお任せしていただくことが、一番良いのですけど・・・・
趣味のバイクいじりは楽しいですから、ここでは何も言いませんよ 笑

ただ今、私の指先に刺さりまくっている鉄粉をどうしようか考え中です 笑
 
| BEARDS | お仕事 | 00:28 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
はじめまて。スポスタの スタッドボルトのボルトが折れ、逆タップ(ボルトツイスター)も折れてしまい、どうすればいいかと思い、いろいろ探しているうちに貴ブログにたどり着きました。
強烈に固いダイヤモンドリューター(高価w)を買い、高回転の高級ミニグラインダー ってどんなのですか? もしよろしければ教えていただきたいです。よろしくお願いします!
| km | 2017/07/13 1:36 PM |
km様

折れちゃったのは、エキゾーストのスタッドですかね?
だとすると、場所によってはヘッドを外さないと厳しいかもしれませんね。
マイクログラインダーは下記のリンクをご参照ください。
http://jp.misumi-ec.com/vona2/detail/223000315309/

ダイヤモンドリューターは、3mmシャフトのもので一本¥5000ほどしたかと思います。

アルミのメネジを傷めないように、焦らず慎重に削っていくしかありません。ライトで照らして、切子を掃除しては削って・・・・
ご武運を祈ります。
| ミヤタ | 2017/07/13 6:26 PM |









http://blog.beards-mc.com/trackback/1085674
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE