BEARDS BLOG

BEARDS MOTORCYCLE COMPANYのBLOG
<< 2017寒中ツーリング、無事終了 | main | お知らせ >>
ドレンボルト

空冷エンジンのハーレーにとって適切なオイル交換は、生命線です。

安価なオイル、間違った交換サイクルなどで、エンジンに致命的なダメージを与えてしまうことがあります。

ということは、長く乗っていると、それだけオイル交換は何回もする作業になります。

 

オイル交換の際、毎回、締めたり緩めたりするドレンボルトやダービーカバーのスクリューなど、

そのあたりのダメージについてのお話。

 

どんなトラブルが起きるかといいますと、何度も脱着しているネジのメス側が痛みます。

これは、強く締めすぎてしまったり、スクリュー側がステンレスやクローム等に変更されている時になりがち。

斜めにネジを入れてしまうのは論外として、ちゃんとまっすぐ適正にねじ込んで、いざトルクレンチで

規定トルクをかけようとすると、ズルンと空回り。

メネジが逝ってしまった感触です・・・

 

雌ネジ側は、アルミなので、鉄やステンレスよりも断然やわらかい材質。

当然、スクリューの強度に負けます。

 

こんな感じにスプリング状のアルミカスが出てきます。

 

 

こうなってしまったら、最悪の場合ケース交換になりかねません。

ただ、その前にヘリサートという修理方法があります。

これをしくじるとケース交換です涙

 

ヘリサートの作業方法などは割愛しますが、比較的難しい作業ですので、DIYはお勧めしません。

 

無事、ヘリサートがうまくいけば、以前よりも強度が増した状態になります。

 

画像はダイナのオイルパンですが、外した際は、中身の汚れなどをチェックします。

例のカムチェーンテンショナーの破片などが見つかったならば、要注意ですよ。

 

 

 

 

| BEARDS | お仕事 | 11:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.beards-mc.com/trackback/1085901
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
+ RECOMMEND
本日は晴天なり
本日は晴天なり (JUGEMレビュー »)
サニーデイ・サービス
復活したサニーデイサービスの久々ニューアルバムは、期待を上回る出来でうれしい。
ソカベ氏は、ソロよりもやっぱりバンドだなって思わせてくれた一枚。伝わる歌唱力に脱帽。
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE