BEARDS BLOG

BEARDS MOTORCYCLE COMPANYのBLOG
<< オーリンズ 30周年キャンペーン | main |
洗車・磨きはメンテナンスの基本

趣味や遊びで乗るハーレーだからこそ、洗車や磨きに時間を割くことは重要です。

乗りっぱなしになりがちなビジネスバイクとは違い、大事に扱って永く乗られるように

点検以外にも、磨きながらでも愛車をチェックしましょう。

 

休日にツーリングへ行かれたのであれば、帰宅して磨きに10分でも30分でも

時間を費やすことが、永くきれいに保つコツです。

 

ただし、これはやってはいけない!という洗車における注意点もありますから、

そんな点も踏まえて、簡単にご説明いたします。

 

★サビる前に磨く

 基本的に、金属は錆びたらもとに戻りません。アルミであれば、表面を削り落とせば

 きれいに復活させられますが、非常に労力を要します。

 なので、錆びる前に磨くことが大前提となります。

 

★ケミカルは適材適所で使う

 塗装面には液体ワックス、金属には金属磨きなど、磨く箇所に合わせてケミカルや

 掃除用具を変えましょう。車なら、ボディとホイールとで使い分けるように、

 バイクの場合は、エンジン等むき出しなので、もっとたくさんの種類の洗車グッズが

 必要となります。それぞれで、ウェスを分けることも必要です。

 

★高圧水での洗車はNG

 洗車場などにある高圧洗浄機は、なるべく使わないほうが良いです。

 思わぬ場所に水が浸入して、電装系のトラブルや、ベアリングの破損につながります。

 ホイールベアリングなどは要注意です。

 

海岸線を走ったり高速道路を走ると、必ず進行方向(風が当たる部分)に塩分や

虫の死骸などがついてしまいます。これらは、バイクを傷める大きな要因です。

凍結防止剤などは、走らないに越したことはないくらい、車体下側が錆びます。

 

ただ、乗り物ですからそれらのものが車体についてしまうのは仕方がないことです。

問題は、そのまま放っておくこと。

腐食は一気に進み、強力なパウダーコートのような塗装ですら、侵食し錆びさせます。

だからこそ、ツーリングから帰ってきたら簡単でいいから磨いてあげることが重要なのです。

 

普段の磨きができていれば、1日中かけて念入りに洗車するのは、半年に一回くらいで

十分になるでしょう。

また、磨くことで車体の隅々を観察できますから、ブレーキパッドの減り具合や、

タイヤの摩耗、オイル漏れやボルトの緩み・脱落など、早期発見につながります。

 

せっかくの高価な愛車なのですから、乗りっぱなしはやめましょう!

普段からの小さな積み重ねが、10年後もピカピカな状態を維持する秘訣ですよ。

 

HD純正からも様々な種類のケミカルがリリースされてます。

各所専用のクリーナーや保護剤なので、ご購入・ご使用の前にはご注意ください。

IMG_4249.JPG

ブレーキダストにはホイールクリーナー!

艶消しペイントにはデニムペイントクリーナー!

サドルバッグなどの革のクリーナーも出てます。

 

IMG_4247.JPG

エンジンのブラックをさらにブラックに!

 

これらはごく一部です。

ウィンドシールド専用や、虫の死骸用なんてのも純正から出てますので、

ご興味のある方はご来店ください。

| BEARDS | お仕事 | 12:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.beards-mc.com/trackback/1085908
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
+ RECOMMEND
本日は晴天なり
本日は晴天なり (JUGEMレビュー »)
サニーデイ・サービス
復活したサニーデイサービスの久々ニューアルバムは、期待を上回る出来でうれしい。
ソカベ氏は、ソロよりもやっぱりバンドだなって思わせてくれた一枚。伝わる歌唱力に脱帽。
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE