BEARDS BLOG

BEARDS MOTORCYCLE COMPANYのBLOG
<< 年末年始の休業日のお知らせ | main | 本年もよろしくお願いします! >>
クラッチのトラブル

今年最後の投稿になります。

年内は26日(火)まで。年始は4日(木)からの営業となります!

 

さて、私も自分のスポーツスターで経験しましたが、クラッチのトラブルについて

いくつか挙げていきます。ミッションではありません、クラッチですよ!

 

その一

なんとなくニュートラルが入りづらいな〜という経験は、皆さんもされているかと思います。

そのほとんどが、クラッチケーブルの初期伸び・ライトクラッチキットの遊びによるものです。

この場合、ケーブルアジャスターを調整してあげれば、解決いたします。

 

その二

急にクラッチレバーの遊びが増えた、あるいは遊びがなくなった。1速に入れると

クラッチを切っているのに車体が前に進もうとする力を感じる。

この場合、軽症か重症に分かれます。

重症はその三で説明しますね。

軽症の場合。スポーツスターですと、リリースベアリングの破損がほとんどです。

このベアリングに関しましては、以前のブログでもピックアップしましたが、

日本の道路事情に合わない構造のため、渋滞にはまったりして半クラッチを多用したりすると

壊れてしまうものです。当店では点検時には、必ずベアリングの状態をチェックしますので、

少しでもベアリングに異常を感じたら、交換してしまいます。

工賃込みで、5000円ほどでしょうか。

ビッグツインの場合、クラッチプッシュロッドの先にあるニードルベアリングの破損が

ありますが、このベアリングが破損していても、案外普通に乗れてしまいます。

ただ、そのまま乗り続けると、粉々になったベアリングの破片が、ほかのベアリングや

ギヤなどに悪影響を及ぼしますので、少しでも異変を感じたならば、一度点検されたほうが

よろしいかと思います。

 

その三

やってまいりました。重症のケース。

ニュートラルに入ったり入らなかったり、各ギヤに変速しづらい、引っかかるような感じ。

温まってくると症状ひどくなるなど、明らかにクラッチ操作の不調が感じられるはずです。

ビッグツインでは滅多に起きませんが、スポーツスターでは私自身も経験ありです。

クラッチ板の間にあるスプリングプレートの破損によって、周りのパーツが損傷します。

こちらがリベットが粉々になり構成パーツが飛び散ったスプリングプレート。

IMG_4622.JPG

IMG_4623.JPG

ここまで壊れてしまうと、飛び散った構成パーツがクラッチハブとシェルの壁を傷つけます。

IMG_4619.JPG

IMG_4620.JPG

この壁に傷がついてしまうと、クラッチ板がスムーズに動かず、動力伝達がうまくいかなくなります。

画像の車両はスポーツスターですが、この場合、クラッチの異変を感じてから、リリースランプの

調整を無理にしてしまったことで、症状は悪化してしまった可能性が高いです。

異変を感じた後、100kmほどんの走行で、高額なクラッチシェル、ハブがお亡くなりになりました。

IMG_4618.JPG

IMG_4621.JPG

純正パーツで金額を調べると、驚愕しました。

クラッチハブで5万円近く、クラッチシェルはなんと13万円以上です・・・

クラッチ板も、フリクションプレートで8500円ほど(8枚必要!!)

スチールプレートで1枚3500円ほど(6枚必要!)

部品代だけで、軽く30万円を超えます。涙

 

代わりになる社外のパーツも調べました。

V-TWINからハブやシェルがあります。値段は半分以下です。

クラッチ板も、社外で評判の良いものがあります。

それらをうまく使って、調子良く直れば最高なんですけど。。。。

 

私のスポーツスターもスプリングプレートのリベットが飛び、壊れました。
ディーラーで働いていたころ、ハーレージャパンの講習で都内に愛車のスポーツスターで

行った帰りのことです。信号待ちで突然ニュートラルが入りづらくなり、途中で

ケーブルアジャスターを調整しながら走ったのですが、20kmを超えたくらいから

症状が悪化。

しばらくエンジン停止して、冷やしたら多少症状が改善されたので、何度も途中で

停まって冷ましながら藤沢まで帰りました。最後のほうは、信号で止まるたびに

エンジンもストップさせ、半分押し掛け状態でしたw

帰ってから早速クラッチを点検してみると、スプリングプレートが破損しているのが

分かり、そいつを交換。幸いなことにシェルとハブ側には傷が入っておらず、

クラッチ板の交換で済みました。

ただ、この時に入れたクラッチ板純正が高価だったので、バーネットを入れたんです。

そしたらニュートラルのみ、入りづらい症状が残ってしまいました。。。。。

あとから調べたら、当時のバーネットのクラッチ板は、使うオイルによってトラブルが

あったようです。

金額の差は、5万円以上でしたけど・・・

 

そんな経験もあり、社外パーツを使うときは、慎重になります。

全てに当てはまりませんが、安かろう悪かろうということも多々あります。

それにしても、純正パーツの価格には、毎度、驚かされます。

良いものを適正価格で、皆様に提供していけるよう、来年も精進いたします。

今年もお世話になりました。

来年も変わらず、よろしくお願いいたします!

 

| BEARDS | お仕事 | 14:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.beards-mc.com/trackback/1085920
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE