BEARDS BLOG

BEARDS MOTORCYCLE COMPANYのBLOG
<< かみんぐすーん | main | 特選中古車 XLH883 2003年モデル >>
かみんぐすーん その2

おかげさまで、当ブログを開始して丸14年が経過しました。

 

継続は力なり、どこかの偉い人が言ってた通り、なんだかんだで過去の記事などに

アクセスされる方がたくさんいらっしゃいまして、10万アクセスを超える日も

チラホラ。

 

こんな不定期更新で言いたいこと好きに言ってるブログ、当店の常連さんか、

もしくはモノ好きしか見てないだろうなw

って思いながら書き続けてきましたが、さすがに月に何十万もアクセスされてるよ

という解析データを見ると、あんまり適当なことは言っちゃいけませんねw

 

コマネチっ!

 

さて、先日ご紹介した2003年式のスポーツスター883に続きまして、

近々店頭に並ぶ中古車のご紹介です。

 

IMG_6517.jpg

 

IMG_6518.jpg

 

IMG_6519.jpg

 

IMG_6520.jpg

 

IMG_6521.jpg

 

1997年式 FXSTSB バッドボーイ

走行距離 1758マイル (2813km)

 

3年間しか製造されなかったブラックスプリンガーフォークが特徴のバッドボーイ。

間違いなく希少車です。

しかもPMの足回り、エアークリーナーで上品なカスタム&低走行距離!

エボリューションエンジン独特の鼓動感は、五感に、五臓六腑にしみわたりまっせ!

 

近々、価格を決めて店頭で展示いたします。

気になる方は、ご来店くださいませ。

 

 

台風15号直撃でしたが、バイクが倒れちゃったという連絡を数件、いただいております。

さすがに、あの暴風雨でしたから、被害はバイク以外にも色々あるかと思います。

停電の被害もシャレになりません。

ここ数年、地震や台風、大雨などなど、災害続きの日本。

ただただ、不安だなぁ・・・

 

あ、倒れてしまったバイクですが、まずは安全を確認して起こしましょう。

そして、じっくりバイクを一周しながら見回してください。

オイルやガソリンは漏れてない?

地面にオイルなどのあとはある?

レバーやウィンカーなど、壊れてますか?

果たして、どれくらいの時間横たわっていたのか?

 

起こして、いきなりエンジンをかけるのは禁物です。

もしも燃焼室にガソリンが大量に入り込んでいる状態で、セルを回してしまうと、

ウォーターハンマーと言われる現象が起き、エンジンが壊れます。

コンロッドが曲がります。つまり、多額の修理費がかかってしまいます。

 

バイクや車は、エンジンオイルやブレーキフルード等の、必要な液体があちこちに入ってます。

それらは、あくまで正常な状態(タイヤが地に着いている状態)で、仕事をします。

正常ではない状態(無重力のような状態)では、必要なところにオイルが行かなかったり、

空気が入り込んでしまって油圧が上がらなかったりと、大変危険なんです。

 

なので、倒れたバイクを起こして、すぐにエンジンをかけるのは、絶対にNG。

ウォーターハンマーを回避するには、スパークプラグを外して燃焼室を確認します。

そのほか、オイルタンクのオイルレベルを見たり、ブレーキを握ってちゃんと油圧がかかるか?

最低でもこれくらいは確認してから、エンジンかけましょうね。

 

お困りの際は、お電話ください。

それでは、14年目以降も、当ブログをよろしくお願いいたします。

| BEARDS | お仕事 | 18:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.beards-mc.com/trackback/1085972
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE