BEARDS BLOG

BEARDS MOTORCYCLE COMPANYのBLOG
<< ご成約ありがとうございました! | main | 中古車の走行距離について >>
納税証の領収印を確認してください。

車検の時に必要な種類は、車検証・自賠責証・納税証の3点です。

自動車の場合、納税確認は陸運局でできるのですが、二輪は管轄が市なので、

面倒なんですけど納税証(継続検査用)が必要なんです。

 

ちなみに鎌倉市の納税証はこんなもの。

 

 

この写真の左側(有効期限令和2年)と右側(有効期限平成30年)を見比べると、

左側のものには領収印がありません。

これを確認せずに、うっかり陸運局に行って車検を受けようとしても、納税確認が取れず、

その日の車検は書類不備で合格になりません。

数日以内に、納税証を持ち込まなければいけないんです。

 

お客さんからすれば、ちゃんと払ったのになんで?ってなりますよね。

これは支払った窓口の人為的なミスなんです。

納税証には、領収印を押す箇所が最低でも2つあります。

継続検査用側にだけ押されているケースもあります。

 

今までのケースで言えば、郵便局は押し忘れが非常に多いです。

鎌倉市内、横浜市内、藤沢市内に関わらず、押し忘れの8割以上が郵便局ですね。

 

このうっかりミスのせいで、お客さんはわざわざ継続検査用の納税証を

役所に取りに行かねばならなくなったり、我々は車検が受けられなかったりして、

かなりの迷惑を被ります。

 

なので、郵便局、銀行、コンビニなどで、納税をしたときに、必ず領収印をご確認ください。

毎年5月の初旬に納付書が市から送られてきます。

納税したら、領収印をその場で確認、それを車検証と一緒に保管するくせをつけましょう!

 

 

| BEARDS | お仕事 | 17:29 | comments(0) | - | - | - |









   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE