BEARDS BLOG

BEARDS MOTORCYCLE COMPANYのBLOG
<< よく壊れるスイッチ類 | main |
本当にお勧めのシフトドラム加工

このブログの10年以上前の記事が、コンスタントに検索で上位に上がるようでして、

未だにちょこちょこメールでお問い合わせをいただきます。

ネットってすごいですね。

 

その内容は、スポーツスターのトランスミッションの修理に関することなのですが、

現時点での当店での対応をざっくりご紹介します。

 

トラブル内容は、2003年モデルまでのスポーツスターで、1速に入れて発進するときに、

ギアが入りなおすような状態が大きな衝撃とともに起きる。

 

この症状の原因は、トランスミッションの1速に入るギアのドック部分に、バリや傷が

できてしまうことで、スムーズにドックがかみ合ってくれないために起きます。

 

このバリや傷を作ってしまう原因は、チョークなどを引いたままの高い回転数の状態で

1速に入れてしまったり、ギア抜けを繰り返してしまったりするとなるようです。

 

修理の方法は、原因となっているギアの交換となります。

数年前まで、純正の新品ギアで修理していましたが、あまりにも部品価格が高騰しまして、

現在は、社外のギアで対応しております。

社外のギア、なんと、問題のドック部分に加工がされておりまして、この修理の原因を

根本から対策してくれている優れものです。ただし、丁数の違いにより、1速セットと

3速セットを交換しなければいけません。(96〜03年モデル対象)

 

合計4つのギアを交換することになりますが、それでも純正の2つのギアよりも

はるかに安いw しかも対策品!←ここが重要です。

これらの交換で、1速ガッチャン!トラブルからは解放されます。

 

で、今回のブログのタイトルにある、シフトドラムの加工。

そもそも、スポーツスターのギアチェンジは、グニュっとしたり、入りが悪くなったり、

突然変速ができなくなったりと、問題の多い弱点部分。

これらは、シフトドラムの先っちょについている花びら(ディテントプレート)の

変形によりトラブルが発生します。

画像の黄色矢印のパーツ。

 

ディテントプレートをおさえているのは、スチールのスプリングプレート。

変速時の振動や衝撃で、シフトドラムに圧入されているピンが、不均一に飛び出してくると

ディテントプレートが押されます。悪化するとスプリングプレートが外れてしまうくらいに

なり、そこまでいくとシフトチェンジできません。

オイルにクラッチハブのリングギアに削られたディテントプレートのスラッジ、無残にも

粉々になったスプリングプレートの破片が混じり、オイルを抜いたときに、ため息が出ますw

 

これは構造上、100%ではないですが、どの車両にも起こりうることなので、安心して

乗り続けるには、根本的な対策が必要です。

で、超お勧めしているのがこちら。

 

 

京都の老舗、カスノモーターサイクルさんのシフトドラム加工です。

20年以上前から、この加工にはお世話になってますから、本当にお勧めです。

シフトドラムに目ネジを切り、ディテントプレートをボルトでしっかりと固定。

そしてシフターポールのスプリングと専用カラーを交換して、わずかなガタを取り、

シフトチェンジをスムーズかつ快適にする加工なのであります。

税抜き¥27000

 

この対策を行うと、変速が国産車並みにスムーズになり、ギア抜けも無くなり、

結果、トランスミッションへのダメージはなくなります。

なんなら、ギアの修理になってしまう前に、こちらを先に対策しておけば、

1速ガッチャンも回避できるのではないでしょうか?

 

たまに、上の写真の赤矢印部分にあるシフトアームを改造して、ディテントプレートに

かかるスプリングの張力を強化しているものを見ますが、これはやめましょうね。

レバー比がおかしくなり、やたら固いシフトになったり、最悪スプリングが折れます。

 

まとめます。

トランスミッションの問題のギアを社外の対策ギアに交換。

シフトドラムを加工して、根本的な見直しをして予防修理。

消耗したスプリングやオイルシール、オイル漏れの原因は開けたついでにすべて対策。

プライマリーチェーンアッセンブリー&クラッチハブを止めるスクリューには

必ずロックタイト赤を塗布してトルク締め。(緩むと大変なことになります。)

エンジンスプロケット側の締め付けトルクは、バカでかいです!

プライマリーチェーンの遊び調整を怠らない。クラッチの調整も正確に。

バッテリーは外してしっかり充電。取り付け前にロードテスト。

 

ざっくり大事なところだけ紹介しましたが、ところどころに大事なポイントがあります。

ひとつでも間違えたり忘れたりすれば、エンジンブローになるような修理ですから、

くれぐれもDIYでやろうとしないでくださいね!

 

| BEARDS | お仕事 | 17:54 | comments(0) | - | - | - |









   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE