BEARDS BLOG

BEARDS MOTORCYCLE COMPANYのBLOG
<< ガソリン漏れ | main | カスタム中古車のご紹介 >>
夏季休業

12日(水)〜19日(水) 夏季休業日となります。

 

ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。

 

 

夏休み前になんとか仕上げることのできたギアカム化&ボアアップのダイナ。

 

 

オイルポンプとカムサポートプレートはS&S製のビレットへ。

 

 

サポートプレート内のリリーフバルブスプリングを、任意にプリロード設定できる

ユニークな構造です。ただ、ある一定のプリロード以下に関しては、無意味のようで、

あまりいじってくれるな!的な内容の取説でしたw

万が一、油圧に異常が出た場合、リリーフスプリングのプリロードが関係する可能性も

あるため、現状の位置を書き留めておきます。

 

 

サポートプレートとギアドライブのS&S製同士の組み合わせ。なんとなくシックリきます。

ハイカムはアンドリュースの26ですがw

 

オイルポンプをアップグレードするのにあたり、ネット上では様々な情報が飛び交ってます。

それらの情報の良し悪しに左右されるのは、この情報社会では仕方がないことですよね。

ただ、パーツや使い方の構造、原理が分かっていれば、情報を精査することは可能です。

 

オイルポンプはなんの役割?

サポートプレートって何してんの?

 

こういった疑問と照らし合わせて、エンジンに対してどのような影響や効果があるのかを

調べて、材質や構造の意味を理解できれば、パーツの選定ミスはなくせるはずです。

 

オイルポンプから送りだされるオイルの圧送量が3割以上増えるわけですから、オイルの出口が

狭いままでは効果は半減してしまいます。だからサポートプレートも交換するのがセオリーです。

サポートプレートは、ビレットになることによって、クランクのピニオンギアやカムシャフトを

支える安定度が増します。つまり、無駄な動きをなくすことで、いろんなものを動かしている

カムケース内の機械的負担も、パワーアップに負けなくなります。

交換の理由はこれだけではないのですが、メリットは大きいと思います。

 

オイルの圧送量が増えれば、エンジンのヒートも抑えてくれます。

低回転時の油圧低下にも、対策できます。

ただ、それなりに高価なパーツです。エンジン的に良いことばかりですが、性能を体感できるか?

と言われれば、できません。と答えてしまうので、当店ではあまり出ないパーツですw

 

今回は、カム周りと合わせて、ボアアップも行いました。

1450cc→1600cc。

圧縮比が8.5:1に下がる、サンダンスのピストンです。

 

組みあげたばかりで、慣らし運転中なので分かりませんが、無事に慣らしが終わったら、

オイル交換して、キャブのセッティングになります。

その時に、加速性能などを確認できますから、違いが体感できるはずです。

果たして、ボアアップして圧縮比を落としたエンジンフィーリングは如何に???

 

今から楽しみです。

 

 

お次は、ハンドル交換中の一コマ。

 

 

 

なんだこれ?

とお思いの方がほとんどでしょうねw

 

これは、ハンドル内にグリップヒーター(ヒートデーモン)が内臓されている図です。

左側になるわけですが、グリップボンドがべったり固まっていて、どうやって取り出そうか?

と、頭を抱えていた時に撮った画像です。

 

慎重にボンドを剥がし、中の基盤をゆっくりじわじわと抜き出しました。

なんとかうまく出てきてくれたかな?って手ごたえはあったのですが、残念ながら、

電熱基盤に入る配線の2本が根元から切れちゃいました。

ハンダでくっつけて、補修しようかとも考えましたが、結果的に機能しなかったら

超無駄な努力になってしまいますし、やり直す工程が膨大なので、あきらめました。

 

お客さんには、取り出す時に壊れる可能性があります、ってお伝えしてましたが、

これほど簡単に壊れるとは・・・

グリップボンドを使わないタイプであれば、脱着は可能だと思いますが、過去にハンドル内で

錆び錆びになっていたり、左右で温まり方がちがってしまうことあったりと、

なかなか気を使う製品でしたので、最近はあまり付けなくなっていました。

 

悪い製品ではないのですが、故障したときの手間などを考えると、ヒートグローブとかの方が

はるかに安くて簡単なので、そちらの品質が上がってくれることを陰ながら祈ってますww

 

最近のヒートグローブは、バイクからの電源を取らず、モバイルバッテリーで使えるみたいです。

詳しくはないのですが、中モードにして半日くらい持つものもあるようなので、だいぶ進化してます。

スマホなどを充電できるモバイルバッテリーが使えれば、文句なしですね。

 

 

さて、コロナ禍の夏休み。

本当なら、オリンピック真っ只中で、東京がさらに熱く盛り上がっていたのでしょうね。

残念ですが、前を向いて、乗り切っていきましょう。

良い夏休みを!

| BEARDS | コラム | 15:40 | comments(0) | - | - | - |









  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE