BEARDS BLOG

BEARDS MOTORCYCLE COMPANYのBLOG
<< 一戸建て | main | 弱い部分 >>
すれ違い

バカ売れのteeシャツ。
お求めは、お早めに。

今回は、ツーリング途中にバイクとすれ違う時のお話です。
数年前、アメリカへツーリングへ行ったときのこと。
あちらは右側通行ですので、バイク同士がすれ違う時、左側が近くなります。

街の中では、すれ違いざまにバイカー同士が手を挙げたりあいさつすることは、
まずありません。
なのに郊外の一本道や、山の中の道では、バイカー同士で挨拶するのです。
お互い手を挙げたり、ピースサインをすれ違いざまに出します。
相手に向かってピ〜スッ!ってするわけではなく・・・、それはバカっぽいので、
地面に向かって左手をブラ〜ンとさせてピース。

最初のうちは対向車が何をしているのか分かりませんでした。
サンコンさんには勝てませんが、視力2.0以上の私ですから、
よく見てみると、そのピースをしているではありませんか。
しかもこっちをみてニコニコしています。
おぉ、そういうことか!
すぐさま挨拶だと理解して、こちらからも同じサインを送りました。
英語が話せないワタクシにとって、ジェスチャーで伝わることが
すごく気分がよく、サンコンさんもビックリするくらいでした。

旅は続きます。
果てしない荒野を走っていると、滅多にすれ違う車もバイクもいません。
しかも対向車線は離れていたりするので、走っているのは自分たちだけです。
そんな中でも特に人気のない道を走っていた時のことです。
地平線が見えるくらいの、まーーーーーっすぐな直線。
蜃気楼がみえます。
まっすぐですが、アップダウンはあるので、道がすべて見渡せるわけではありません。
もうその道を走り始めて数時間が経とうとしたとき、前方から太陽の光が反射して
キラキラッと光りました。
遙か彼方から、バイクが2台こちらに向かってくるようです。

2台のバイクとすれ違うまでにしばらくかかりましたが、近づいて来るにつれて
その2台はハーレーのチョッパーだと分かりました。
しかもとんでもないロングフォーク!
この果てしない荒野をそんな乗りにくいリジッドで走っているなんて、気が知れません。
私も疲れていて、すぐにリアルバイカーだと気がつけませんでした。
で、いつもの例のアレ、ピースサインを出そうとしたら、すでにその対向車2台も
手を出してるじゃないですか!
なんか、いつもすれ違うサンデーライダーっぽさがまったく感じられなかったので、
不思議な感じがしましたが、こちらもピース!・・・・

・・・・!!・・

すれ違ってすぐ、私はすぐに手をしまいました。
そしてスピードを上げながら、ミラーを凝視。

なぜなら彼らは、ピースではなく、中指を立てていたのです。
しかも、あのベストは間違いなく悪名高きバイカー軍団です・・・
こんな誰もいない荒野で、観光客の日本人だとしれたら、数十%の確率で
襲われます。なので、ミラーをみてUターンしてきやしないか確認していたのです。
他の友達は、何がなんだか分かっていなかったでしょうが、もし彼らがUターン
してきたら、シマウマとライオン状態。
1頭は確実に餌食になっていたのかもしれません(マジ怖)
銃は確実に持ってますからね。

サンコンさんばりに目をこらして後ろを見ましたが、まったく追ってくるような
気配はなかったので一安心。
それからというもの、すれ違う前によーく確認するようになってしまいました。
今考えれば、あんな荒野をサンデーライダーや観光客が通るはずもないのですけどね。


上の写真みたいなイメージですが、実際はもっとヒゲボーボーでイカツイ男。
何より、バイクがロングフォークのチョッパーだったのが、気合い入っている証拠。
日本の道路事情とはワケが違いますから、何千劼眈茲蠅鼎蕕ぅ好織ぅ襪脳茲詒爐蕕
リアルバイカーと呼ばれる1%erなんです。
本当に危ない方々なわけでございます。
自分の無力さに絶望する前に、事なきを得て、ラッキーでした。
| BEARDS | コラム | 16:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.beards-mc.com/trackback/570814
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE