BEARDS BLOG

BEARDS MOTORCYCLE COMPANYのBLOG
2017寒中ツーリング、無事終了

昨日は恒例の寒中ツーリングでした。

まずは、参加されたみなさま、お疲れ様&ありがとうございました。

 

走行距離200km弱のほどよいツーリング。

千葉にある久留里線の平山駅すぐそばにある、やきそば屋さんに行ってきました。

原宿セブンイレブンに集合して、大黒パーキング、アクアラインと高速を走り、11時半前に到着。

 

 

焼きそばは、かなりのボリュームがあります。

値段によって量が変わり、トッピングはソーセージか肉が選べます。(別途有料)

今回は、おばちゃんが忙しそうだったので全員トッピングなしのオーソドックスで注文。

 

 

お味の方は、個人的にまるでペヤングだと感じましたが、B級グルメとしてファンがつきそうな味です。

13時半に閉店ってところが、また憎いw

 

腹が満たされたところで、恒例の現地解散。

ただ、帰りはフェリーと決めていたので、50kmほど田舎道をゆるりと走り、

ほぼ全員がフェリー乗り場に向かうことになりました。予想通りでしたけどw

 

毎度走るたびに思いますが、千葉の山道は渋滞もなく信号もなく、すごく走り易いです。

伊豆もこんな感じなら、いいのにな!っていつも比べてしまいます。

 

 

フェリー乗り場に到着したときには、我々の他にすでに20台以上バイクの列が・・・・・汗

もしかしたらもう一便あとに回される???と思っていたら、今回のフェリーは50台近くイケちゃうようでした。

ちょっと感動しながら、乗船。

無風でしたので、ほぼ揺れることもなくウトウトしながら三浦の久里浜港へ。

 

あの35分の乗船時間、室内は暖かくちょうどいい休憩時間。

 

久里浜からは横須賀道路もしくは、下道でそれぞれ解散。

ビアーズに帰宅したのは、16時半ってとこでしょうか。

 

楽しいツーリングでした。

次回は、秋のツーリングになります。

皆様の参加をお待ちしております!

| BEARDS | 遊び | 12:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
海外パーツの値上がり

為替の変動、材料費などのコストにより、3月から一部の輸入パーツの価格が

 

10%ほど上がります。

 

数年前の1ドル=80円くらいまでいった円高の頃と比べてしまうと、

1.5倍以上になってしまい、目を覆いたくなりますね。涙

 

定番のカムギヤドライブ化のカスタム、円高の時は20万円でお釣りが出せました。

現在、22万〜25万円ほどかかります。

来月からは、25万円〜・・・という具合になってしまいそうです。

 

しかしながら、嘆いていても時間ばかり過ぎていくだけで、いつまでたっても

カスタムは進みませんし、ライダーもバイクも歳をとっていくだけです 笑

 

カスタムしよう!と思った時に、やってしまう・・・

そんな潔さが、精神的にストレスを感じないで済むかもしれませんね。

 

ということで、2月いっぱいまでにご注文いただいた輸入パーツは、

来月入荷しても2月までの価格でやらせていただきます。

あと10日間ほどしかありませんが、ご注文、お待ちしております!

 

| BEARDS | お仕事 | 13:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ブレーキローターも消耗品です

ブレーキといえば、ブレーキパッドの減りばかりを気にしてしまいがちですが、

一緒に擦れているローター自体も消耗します。

シンタードなどのメタル系のパッドを使っていると、制動性能は上がりますが、

ローターへの攻撃性が強いので、間違った組み合わせで使用してしまうと、

パッドよりもローターが減ってしまうなんてことも起きます。

 

また、ブレーキ周りの消耗は、走行距離と必ずしも比例するわけではありません。

街乗りでストップ&ゴーを繰り返している状況が多ければ、それだけブレーキを

使いますから、パッドもローターも摩耗します。

逆に、高速道路ばかりに乗っていれば、2万キロ走ってるのにパッドが全然減ってない!

ってこともあり得るわけです。

 

ローターの摩耗状況を簡単に知るには、素手でローターのパッドと擦れている面を

さわってみてください。

レコード盤のように、溝ができて凸凹しているようなら要注意。

薄いところや厚いところの差が大きくなっているのもアウト。

ブレーキパッドだけを新品にしても、それを抑え込む面が平らでなければ性能は下がりますし、

新品のブレーキパッドの寿命も早まってしまいます。

 

一応、ブレーキローターには厚みのリミットが設けられております。

ノーマルのローターは、フロントで0,2インチ(5,08mm)です。

これ以上薄ければ、割れたり、支障をきたすことがありますよ!という数値ですが、

実際は、もっと早めに交換した方が良いでしょう。

ちなみにブレーキテックのリミットは4,57mmです。

 

あとは『振れ』にも注意しなければいけません。

回転させたときに、左右に振れるようならNG。

リミットは0,2mmです。振れがあると、ブレーキをかけた時に効きムラが発生し、

制動力に影響します。熱が入ると、さらに振れが大きくなりますので、乗り心地も

悪化して気持ちが悪いです。

 

これらは、点検時に確認してますが、心当たりのある方は一度ご相談ください。

 

 

 

 

| BEARDS | お仕事 | 17:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2017 寒中ツーリングのお知らせ

2017 寒中ツーリング 千葉

 

2月26日(日)

 

集合場所 国道1号線 原宿交差点より横浜方面 セブンイレブン

 

集合時間 AM9:00

 

9:30出発 → アクアライン経由 → 木更津東インター → 平山駅

 

平山駅で昼食 焼きそば

※この後は現地解散、自由行動です。帰りのアクアラインは渋滞なので、フェリーをお勧めします。

 なお、当日は東京マラソンが開催されてますのでご注意ください。

 

持ち物 ガソリン満タン 交通費・昼食代

 

★雨天中止★

 

参加希望の方は、2月25日(土)の営業時間までに当店までご連絡ください。

| BEARDS | お仕事 | 12:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
クラッチレバーあれこれ

一昔前のエボや初期のツインカム88、03年までのスポーツスター含め、

その頃のハーレーのクラッチは、今と比べるとだいぶ重かったです。

 

そんな重さを解消するパーツの代表が、レバー。

細く、近くすることで、小さい手にかかる負担を和らげようと、様々なメーカーやお店が

試行錯誤して世に送り出してきました。

 

そんなクラッチレバーですが、調整や取り付け方法を誤ると、クラッチ本体を痛めてしまうという

思わぬトラブルにつながります。

代表的なものを比較してみることにしました。

 

まずはこちらの画像をご覧ください。

左から、ミスミエンジニアリングさんのMSレバー、MSSレバー。

キジマさんのスリムレバー。

で、年式はちょっと違いますが、ノーマルのレバーです。

 

これらのストローク量を、同じ条件で測ってみました。

左から、91mm、93mm、100mm、105mmとなりました。

 

この数字が何を表すかというと、ストローク量が少ないと、クラッチがしっかり切れない可能性が

あるということです。

 

たとえば、MRCクラッチや、ライトクラッチキットなどを組み込んである場合、クラッチケーブルの

遊び調整の位置が変わります。

その状態で、ストローク量の少ないレバー、もうひとつ重要なのがグリップの太さが、併せ技で影響すると、

しっかり握っているのにクラッチが切れていない状況が発生します。

個体差があるので、必ず起きるわけではありませんが、ケーブルの遊びが少しでも増えてくれば、

十分クラッチを引きずってしまう可能性は出てきます。

 

実際、レリースベアリングが早期に壊れたり、クラッチ板、クラッチシェルにダメージを与えてしまった

ケースを数件みてきました。

 

このレバーはダメというわけではなく、愛車のクラッチとの相性を見極めましょう!という話です。

知っておいていただかないと、多額の出費になる修理の可能性がありますから。

 

ノーマルのレバーと比べて10mm以上ストローク量が減ってしまうということは、

ハーレーのクラッチ調整の性質上、ケーブルの遊びを目一杯詰めてあげないと切りきれません。

ニュートラルが信号待ちの時に、出にくいのであれば、クラッチが切れていない可能性があります。

 

 

握りこんだときに、グリップの形状が極太だったり、樽型の出っ張ってる部分が邪魔してしまう場合、

やはりクラッチが完全に切れないことがあります。

 

 

ノーマルのレバーの形状をよーくみると、握りこんだときにグリップに対して

レバーの面が、ピタッと直線的に近づきます。

このストローク量をあまり犠牲にしてしまうと、相性が悪い場合、クラッチを引きずります。

 

なんかニュートラルが出ないな〜?とか、シフトチェンジが硬いなぁ??と感じられる方は、

一度レバーやグリップ、クラッチの軽量化パーツの組み合わせをご確認ください。

 

| BEARDS | お仕事 | 16:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ブレーキテックローター在庫状況

ご好評いただいております新春ブレーキテックキャンペーンですが、

早くも在庫切れの商品が発生しましたので、現時点での在庫状況を

お知らせいたします。

1月8日現在

 

フロント用 ブラック 12枚(内 エボ用3枚)

      ゴールド 13枚(内 エボ用1枚)

 

リア用   ブラック  1枚(エボ用のみ)

      ゴールド  5枚(内 エボ用1枚)

 

エボ用というのは、99年までのテーパーローラーベアリング仕様のホイールに適合です。

したがって、00年以降のリア用ブラックは、在庫切れとなります。

 

キャンペーンの内容ですが、2月28日までにブレーキテックローターを

お買い上げいただいた場合、取り付け工賃とクロームスクリューをサービスいたします。

 

 

なお、在庫切れの商品に関しまして、今後の生産予定はございません。

在庫分のみの販売になりますことを、ご了承ください。

| BEARDS | お仕事 | 17:46 | comments(10) | trackbacks(0) | - | - |
2017 スタート!

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします!

 

1月5日より、営業開始です。

 

 

1月5日〜2月28日の期間中、ブレーキテックローターをお買い上げの方にスペシャルなお年玉。

取り付け工賃と、クロームスクリューをサービスいたします。

たとえば、フロントWディスクの場合、交換工賃&スクリュー代の合計は、約1万円になりますが、

ブレーキテックローターのみの金額でやらせていただきます!

リアまでやればさらにお得ですよ。

※ブラックのリアは、残り在庫僅かです!!!

 

 

2017年の元旦は、富士山がドドーーンと見えるキャンプ場で、寒中キャンプをしました。

見事な快晴、絶景の富士山、美味い飯&酒、仲間たち・・・エネルギー充電してきました!

暖かかったせいか、結構な数のキャンパーが来ていて、中にはバイクでソロキャンプに

来ているツワモノもいましたが、一番の心配事は、マロが凍死しないかどうか。。。

でも、湯たんぽと石油ストーブのおかげで、眉間にシワをよせてましたが乗りきりましたw

さすがに日が暮れると、とてつもない寒さだったので、さらなる防寒対策のために

キャンプの研究は尽きませんw

楽しいですね、趣味での悩みはw

 

さて、みなさま、今年の目標は立てましたか?

私の今年の目標は、週2回以上休肝日を作る!です。

近年、どんどん酒の量が増えてますから、そろそろ控えないと年齢的にヤバそうですし、

今年は本厄の年なので、危うきに近寄らない作戦で行こうと思います。

あとは、しっかり運動して、体力作り。健康第一です!

 

今週末は、いきなり3連休ですねw

みなさまのご来店を、今年も心よりお待ちしております!

 

 

| BEARDS | お仕事 | 15:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
年内は27日まで。新年は5日からです。

2016年、もう残りわずかですね。

 

27日(火)で年内の営業は終了です。

新年は5日(木)より営業開始いたします。

 

ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。

 

 

新年明けてからの1月〜2月いっぱいまで、、毎年恒例のブレーキテックキャンペーンやります。

ブレーキテックローターをお買い上げのお客様に、取り付け工賃サービスいたします。

在庫に限りがございますので、このチャンスにお考えの方はお早めに!

 

ブラック ¥43,200-(税込)

 

ゴールド ¥46,440-(税込)

 

 

 

またいつの日か、一緒に走りましょう!

ちょっと先にいって、待っていてくださいね。

 

| BEARDS | お仕事 | 13:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ドライブベルトの張り調整

今のハーレーは、チェーンではなくベルトでRタイヤを駆動してます。

このドライブベルト、耐久性もあり調整ターンも長く、なかなか優れモノ。

チェーンのようにオイルが飛び散ることもないので、メンテナンスも楽なんです。

 

ただ、調整を間違ってしまうと、寿命を縮めたり、走行に問題が出てくるのは

ベルトもチェーンも同じです。

 

下の写真をご覧ください。

 

黄色い矢印で指した3か所は、ドライブスプロケット、ドリブンスプロケットのセンター。

および、スイングアームのピボットです。

この3か所が一直線上になるところが、一番ベルトが張る位置関係になります。

赤い線が、直線になるところですね。

 

この位置関係を無視して、ベルトの調整をしてしまうと、一番張るところでキツキツになってしまい、

ベルトやスプロケットシールなどを痛めてしまいます。

壊れたら、高額な修理となります・・・。

 

Rサスを換えた時、車高が変わるのであれば、きっちりとベルトの張りの調整を出すことは

絶対必要な作業です。

それに加えて、Rアクスルの左右のアライメント調整もばっちり出さないと、バイクが曲がるときなどに

変な挙動が現れ、危険です。

よく、タイヤ交換やRサス交換後などに、このアライメントがずれていたり、

ベルトの張りがおかしな車両に出くわします。

 

ハーレーの専門知識を持っている経験豊かな整備士なら、このようなことは起こりません。

ドライブベルトが緩すぎたら、エンブレ時に異音が出ます。

張り過ぎだと、Rサスの動きに連動して衝撃がきたり、各パーツにダメージを与えます。

 

締め付けのトルク管理ももちろんですが、調整という作業は、なかなか深い世界です。

適当な整備や調整は、壊してしまうことにつながりますから、気をつけましょう!

| BEARDS | お仕事 | 16:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ツーリングモデルのホイールベアリング

2008年モデルからツーリングモデルにABSが導入され、アクスルの径も変わり、

ホイールベアリングが一新されました。

フロントホイールでいえば、左側にABSのピックアップセンサーが付いていますので、

こちら側のホイールベアリングはABS用のもので、マグネットが入ってます。

右側のベアリングは、普通のボールベアリングです。

 

これがABS側のベアリング。

シールドタイプのボールベアリングです。

 

問題を起こしたのはこの反対側のベアリングで、今回の車両は、フロント右側のベアリングが

粉々に壊れました。

以前にも、同様の壊れ方をしたツアラーモデルがありましたから、どうやらこのベアリング、

かなり怪しい品質かと思います。

品番は、9276 で、現在9276B となっており、2回の対策部品となってます。

つまり、何らかの問題があり、製造元で対策が2回もされているわけです。

 

これが壊れちゃったベアリング。

 

均一にならんでなければならないボールが、ぐちゃぐちゃです。

シールしているラバーも外れてました。

下手をしたら、焼き付いたりしたかもしれません。

この軸となるベアリングが壊れると、走行安定性が非常に損なわれますし、ブレーキ時に偏りが出て、

大変危険です。

高速走行時に、いきなりハンドルが暴れ出したりすることもありますから、あってはならない故障。

 

 

普段から乗りなれている愛車の変化を、気付いてくれるお客様でよかったです。

なんかいつもと違う感じが70km/hくらいで出たから見てくれ!というご依頼。

案の定、ベアリングが逝ってました。

本当に、事故にならなくてよかったです。

 

ツーリングモデルの2008年以降に乗られている方は、ここのベアリングは要注意です。

ちゃんとした点検をしていれば、まず気付ける箇所です。

乗っていて、何か不安な変化を感じたら、きっちり原因究明をしましょう。

 

| BEARDS | お仕事 | 13:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
+ RECOMMEND
本日は晴天なり
本日は晴天なり (JUGEMレビュー »)
サニーデイ・サービス
復活したサニーデイサービスの久々ニューアルバムは、期待を上回る出来でうれしい。
ソカベ氏は、ソロよりもやっぱりバンドだなって思わせてくれた一枚。伝わる歌唱力に脱帽。
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE