BEARDS BLOG

BEARDS MOTORCYCLE COMPANYのBLOG
アクスルシャフトの錆び

ホイールと車体をつないでいるアクスルシャフト。

アクスルシャフトを軸に、ホイールがベアリングを介して回転します。

 

このアクスルシャフトは、端を除き、ホイールやスイングアーム・フォーク等の

内部に隠れてしまっているため、抜かない限りシャフト部分にアクセスできません。

 

つまり、タイヤ交換等で外したときに、はじめてお目見えするパーツです。

 

そのアクスルシャフト。なかなか抜けてこない時があります。

その原因は、こいつです。

画像の矢印の部分、模様のようになっているところが錆びてます。

ちょうどホイールベアリンの外辺りの位置。

 

外したときに、シャフト部分にはグリスが残っていたので、ホイールハブあたりの面は

錆びてませんでした。

 

ハブの中も錆びていると、下手すると外すときのストレスで、ホイールベアリングが

逝きます。それにベアリング自体も錆びていることがありますから、要点検箇所ですね。

 

錆びたアクスルシャフトに潤滑剤を流し込みながら、回転させ位置を変え、力加減を変え、

ベアリングに極力負担をかけないように叩き出すのですが、かなり気を使う作業です。

 

そもそも、なんで錆びるのか?

主な原因はいくつかあります。

一つ目は、組み込み時にグリスやアンチシーズを塗布しなかった場合。

二つ目は、保管状態や保管状況。

三つめは、高圧洗浄などによる水の浸入。

 

ほかにも原因はあるかもしれませんが、私が思いつくのはこの3つくらいです。

一つ目の場合は、人災といっても過言ではありませんが、まさかの新車でも

あり得るんです。新車の初めてのタイヤ交換の時に、錆び錆びになっていた

アクスルを見たことがありますからw

 

二つ目に関しては、海の近くによる塩害、雨ざらしなどによる腐食、洗車や磨き不足。

車体カバーで保管していても、台風などの暴風雨の後、ちゃんとメンテナンスしないと

あらゆるところが錆びます。

ツーリングなどで海岸線を走った後でも、車体の様子を確認しながら磨かないと

やはり錆びていきます。

初期の錆びであれば、落ちます。進行した錆びは、交換するしかなくなります。

 

三つ目、これは洗車場などでブシャーっと洗ったり、最近では家庭用の高圧洗浄機が

安価で手に入りますから、そいつで足回りやエンジンなんかをブシャーっとやると

よからぬ箇所に水が浸入してしまうわけです。

で、錆びます。

この場合、ホイールのシールドベアリングにも水が浸入してしまう可能性がありますから、

絶対にやめましょう!

 

錆びたアクスルシャフトは、しっかりとサビを落として、グリスやアンチシーズを

塗りたくって再使用しますが、あまりにも錆がひどい場合は交換になります。

なかなか良いお値段しますから、錆びさせないようにするのが一番ですね。

 

普段からの何気ないメンテナンスが、愛車の寿命を延ばします。

予期せぬ出費を抑えるためにも、磨きましょう!

 

| BEARDS | お仕事 | 10:26 | comments(0) | - | - | - |
17日18日は定休日になります。

3月の連休は、17日(火)、18日(水)になります。

ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。

 

 

新型コロナウィルス、厄介ですね。

オリンピックの開催も難しそうで、日本、世界の経済が

とても心配でございます。

 

さて、話は変わって、当店のお客様からユーズドのライダースをお預かりしております。

 

店頭に値札付きで展示してますので、ご興味おありの方は、ご来店おまちしております。

 

ショットのシングルライダース

映画「Easy Rider」でピーター・フォンダ先生がかっこよく着ていたレプリカモデルです。

サイズ 38

¥25,000-

 

 

 

バンソンの襟付きシングルライダース。

こちらは定番の形ですね。

サイズ 38

¥25,000-

 

 

 

最後にダルチザンのレーシングダウン。

¥13,000-

サイズは不明ですが、36くらいかな?

 

 

個人的な見解ですが、いずれもコンディションは良いと思います。

気になるなって方は、ぜひ。

お待ちしております。

| BEARDS | コラム | 18:45 | comments(0) | - | - | - |
タイヤの劣化にご注意を!

まずはこちらの画像をご覧ください。

 

タイヤの表面にヒビが入ってしまっています。

これは走行中にできたヒビではなく、ゴムの経年劣化によるものなんです。

ちなみにこのタイヤ、当社のデモ車FXDに装着していたものです。

 

保管状況としまして、ガレージ保管であり、取り回しでタイヤは毎日のように

動かしている状況。

つまり、外でほったらかし状況とはまるで違う恵まれた環境です。

 

そんな好条件の環境であっても、このように劣化は起こります。

では、製造されてから、どれくらいの年月が経っているのでしょうか?

それが分かるのがこの画像。

 

0613という数字がタイヤにあります。

これの意味は、2013年6週目に製造したよ!ってことを表してます。

メーカーによって多少表記方法が違いますが、基本的にどのタイヤメーカーも

このように製造年月が分かるようになってます。

 

ということは、7年も前に作られたタイヤだったということですね。

そりゃあ、いくら保管環境がよくても経年劣化は起きますし、もっと早く

交換しなければいけない状況でした。

 

基本的に、タイヤの交換時期は5年が目安です。

 

前回のタイヤはAVONコブラでした。

当時、新しくラインナップされて間もない頃でしたが、個人的にパターンや

サイドウォールのコブラの鱗みたいなデザインがハーレーらしいと思い、

テストを兼ねて履かせたことを覚えております。

 

7年で何キロ走ったのかな?w

たぶん、1万キロは走ってないと思います。(情けない)

私なりのインプレですが、メッツラーME880よりグリップ力は高め、

高速走行での安定感、偏摩耗にも強く、かなりロングライフ。

ウェットはほぼ走ってないので分かりませんw

ただ、FXDですとそこまでバンクさせられないので、サイドの端の方の

グリップや安定感は未知でした。

個人的にはけっこうお気に入りのタイヤでした。

 

今回交換したニュータイヤはこちら。

安定のバトラックスBT39SS for AMERICANです。

かれこれ20年以上前からリリースされているこのモデル。

ハーレー専用のBT39SSになります。

 

何が専用かといいますと、スポーツスター883カップが盛況だった90年代。

19インチと16インチのバイアスタイヤで、ハイグリップの選択肢が

ほぼ無いというところに、天下のブリヂストンさまがブっこんできたのがコイツです。

 

筑波サーキットで走ってるSSC883レーサーは、ほぼこのタイヤを履いてましたw

それくらいぶっちぎりで相性がよかったです。

私も1200でBT45Vから履き替えた時の体感として、バイクが自然に曲がってくれる!

フルバンクさせた時のグリップ感が素晴らしい!

まるで自分が上手くなったと錯覚させられたのを今でも覚えてます。

883においては、アンダーパワーなので、どこまで倒してもラフなスロットルワークでも

安心でした。そんな魔法のタイヤ。

 

難点は、ライフが極端に少ない。5000km持つかな?w

フルバンク時の滑りだす臨界点が分かりにくい(フロント)という点です。

ですがストリートでそこまでバンクさせるような走り方は、まずしないですし、

ましてやビッグツインのバンク角では、サイドは使いきれません。

 

7年で1万キロも走ってないんですから、間違いなくロングライフなタイヤは要りませんw

性能重視でいいんです。

新しいタイヤの製造年も見てみましょう。

2019年35週です。メイド イン ジャパーン!

近々、皮むきに行かねば。

 

この見慣れたパターン、細さ、90年代のハーレーのダサかっこいい感に溢れてます。

5月には、山梨へのツーリングを予定してますので、それまでに性能を引き出しておきたいところです。

 

そんなBT39SSですが、サイズ展開が限られております。

基本的にフロントが100/90-19 57H、リアが130/90-16 73H というスポーツスターのサイズのみ。

荷重指数が、フロント57(230kg)でリア73(365kg)というのがポイント。

スピードレンジはHなので210km/h。

ハーレーならではの重さに耐えうるのは、フロントで57〜73、リアで65〜81という荷重指数。

スピードレンジはHとかVであれば十分です。

 

スポーツスターやダイナ(〜2005年)にお乗りの皆さまで、

リアタイヤが130で細くなってもいいからハイグリップをお求めでしたら

BT39SSも選択肢の一つですよ!

 

ちょっと脱線してしまいましたが、装着中のタイヤの状態・製造年をご確認いただき、

不安なようでしたら、ツーリングシーズンの前に換えちゃいましょう!

| BEARDS | お仕事 | 11:03 | comments(0) | - | - | - |
寒中ツーリング、お疲れさまでした!

 

 

 

 

3月1日開催の寒中ツーリングにご参加された皆様、お疲れさまでした。

 

数日前の天気予報では雨マークがありましたが、当日はうまいこと晴れてくれて、一安心。

そしてコロナウィルスの影響で道がガラガラ!

予定していた到着時刻よりも1時間も早く着いてしまうくらい、空いてましたね。

 

空いていたおかげで、25台以上走っているのにもかかわらず、ほとんどバラけずに

うまいこと走れました。

参加された皆様に関しましては、皆様ベテランライダーであり、紳士淑女の集団ということで、

全く危なげもなく、ルールを守って快適に走ることができました。

ありがとうございました!

 

目的地であるステーキサロン カウボーイズでは、待つこと1時間。

安くて美味い肉をいただきまして、おなかも膨れ、恒例の現地解散。

 

当店のツーリングは、現地解散が基本です。

20台以上の台数で走る場合、信号の多い下道だと必ずばらけます。

その都度、先頭が後続を気にかけたり、後続が無理をしたりすることで、普通に走るよりも

はるかにストレスがかかりますし、何より事故の可能性が上がってしまいます。

なので、集団で走る距離と時間を短くしたいのです。

 

帰り道は、一人で気ままに走っても良し、気の合う仲間を見つけて一緒に帰るのも良し、

どこかで一泊したり、温泉に入ったりと、バイクならではの機動力と自由をご堪能ください。

 

私はステーキを食べたあと、思ったよりも気温が高かったので、伊豆スカイライン経由で

帰りました。

伊豆スカを走るのは、何年ぶりだったかな?ってくらい、大好きな道なのにバイクで

走ってなかったので、本当に久しぶりに走りましたが、空いていることもあって

本当に気持ちよかったです。富士山まで見えてくれれば、最高だったなー。

しかも、通行料金が安くなってました。。。

 

ついでにターンパイク経由で西湘バイパス。

ターンパイクも凍結の心配なく、広々伸び伸びと走れて、

のんびり流すにはちょうど良かったです。

 

平日よりも空いていたツーリングで、皆様も楽しんでいただけたのではないでしょうか?

 

次回は5月中旬くらいに山梨へハンバーガーツーリングの予定です。

 

| BEARDS | 遊び | 14:45 | comments(0) | - | - | - |
バッテリーフェア本日終了

新春バッテリーフェアは、本日いっぱいで終了となります。

本日の電話受付までなので、もし来られないという方は、お電話ください。

 

そして明日の寒中ツーリングは開催します。

もし、体調が悪いという方がいらっしゃいましたら、自宅待機でお願いします。

(参加受付は昨日で締めきってます)

 

これから2週間、この日本でコロナウィルスがどこまで拡がるのか?

いまや世界中に拡がってしまった未知のウィルスの恐怖。

なんだか映画の世界のようです。

 

マスクをはじめ、紙類まで売り切れ出し、カップ麺などの保存食料品も

お店の棚から無くなり始めてます。まるで震災の時のような状態が、

奇しくも3月に起こるなんて、災害続きの日本にとって、この先が不安ですね。

 

フェイク情報などに踊らされずに、最低限の自己防衛をしつつ、楽しみは楽しみで

遊びましょう。

幸い、一人で走るバイクツーリングは、人混みから離れ、自然を楽しむことができます。

ストレス解消にもってこいですよ!

花粉には注意ですけどw

 

最後に、3月に車検を迎える方へ。

国土交通省の方針で、3月に車検満了を迎える車両に対し、4月末まで延長できる対応策が

発表されました。該当される方は、一度お電話ください。

毎年3月は年度末で車検場は大混雑しますので、コロナウィルス対策となりますが、

ゴールデンウィーク前の4月と重なることで、結局、大混雑となると予想します。

なるべくお早めに動いていただけると、何かと助かります。

継続車検であれば、満了日の1か月前から受験可能です。

構造変更などの場合は、満了日が変わってしまうので、その点を考慮して、こちらも

対応いたします。ご了承ください。

| BEARDS | お仕事 | 13:16 | comments(0) | - | - | - |
パーツ納期遅延のお知らせ

新型肺炎の影響がとうとう出てきてしまいました。

海外から入ってくるパーツや車両が、大幅に遅れる恐れがあるとのことです。

1月あたりから、これらの影響が出ている模様です。

 

日本に入荷予定のコンテナが、未だにアメリカの港で止まっていたり、

中国経由の物流がアウトだったり。。。。

 

去年、ハーレー社の倉庫移転時に起きたサーバーダウンや、日本の倉庫の管理不具合も

重なり、まさにトリプルパンチで在庫確認すらままならない純正パーツ。

 

どうやらディーラーさんでは、バッテリーの在庫がなくなり、注文しても納期未定という

状態が、続いているみたいです。

マジで、困りますね。

 

当店でも、納期未定のパーツがけっこう出てきてまして、部品がそろわないと預かることも

できないし、ましてや作業もできません。

せめて確実な納期だけでも出てくれれば、予定も立てられるのですが・・・

 

この問題、ハーレーや二輪業界だけの話ではないですよね。

輸出・入に頼っている日本にとって、肺炎による物流網の停止は、死活問題だと思います。

実際、株価なんかも暴落を始めてます。

 

それに、今年はオリンピックが開催される東京。

本当にどうなってしまうのか?心配や不安は大きくなるばかりで、こんな心境や状況で、

景気なんて良くなるはずなんて、あるわけがないです。

しないなんて言わないよ絶対、みたいな表現になってしまったw

 

日本政府は、どのような対応を執るのでしょうか?

一日でも早く、収束へ向かってもらいたい新型肺炎問題。

そんな状況の今日この頃ですが、3月1日(日)は寒中ツーリングであります。

なんだか天気が微妙な感じになってますが、今のところ、曇り予報。

参加台数も25台を超えてるので、当日はグループ分けが必要になると思います。

 

参加締切は今秋の金曜日の営業時間までです。

悪天候などによる延期のお知らせは、参加者の皆様へ、土曜日に電話でお伝えいたします。

テルテル坊主を作って、当日の天気回復を祈りましょう!

 

 

極上中古車 店頭展示中

2003 FXDL  185万円

IMG_6883.jpg

店頭展示しているのは、3月の途中までの予定です。

興味をお持ちの方は、お早めにご来店ください。

 

| BEARDS | コラム | 17:20 | comments(0) | - | - | - |
中古車の走行距離について

中古車を購入する際、走行距離はひとつの目安になります。

では、メーターに表示されている走行距離を、素直に信用していいのか?

 

残念ながら、この答えは「信用してはいけません」となってします。

 

その理由は、証拠を追及することが不可能だからです。

 

現在、車検証には、前回受けた車検時の走行距離と、前々回の走行距離が記載されています。

これはひとつの目安になるのですが、次に車検を受けると、前々回のものは消えます。

 

距離を改ざんしようとするのであれば、メーターを交換、もしくは距離を戻して、

3回車検を受ければ、新しい走行距離しか車検証上には残らないのです。

つまり、20600kmという車検証の走行距離を消したい場合、新品のメーターに交換して、

2回車検を受ければ、0kmの記載になります。

車検を2回受けるといっても、検査手数料と重量税を2回払えばいいだけなので、

そこにかかるお金は13400円ほどです。ただし、受験日が2回とも同じ日だったりしますから、

そこは非常に怪しいのであります。

 

こんなケースもあります。(上の写真の車両のケースです。)

当店のお客様で2万キロ弱ほど走った時点でメーター故障で、中古のメーターに交換しました。

中古のメーターは1万キロの走行距離でしたので、その後、お客様は普通に走って約2万キロで

車検を受けました。

すると、前回の車検時に20500kmだったのが、今回の車検で20,600km。

2年間で100kmしか走ってなかったこととして、車検証には記載されます。

でも、実際は中古メーターで距離が変わっているわけですから、10000km以上多く走ってます。

実走行距離は、20500+10100=30600kmと見なければいけません。

 

このように、頼みの車検証上の記載だけでは、実走行距離は分からないというのが実情です。

 

出所の分からない、中古車っていうのはこのようなリスクをかかえています。

業者オークションで流れている車両は、管理会社が独自のルールで、メーター改ざんをさせないように

工夫をしていたりしますが、個人売買やネット販売などでは、そのようなルールはありません。

まず、改ざんを見抜くのは不可能です。

熟練のプロの目で、実際に車両をみれば、ある程度なら分かります。

それでも実走行距離までは特定できません。少なくとも3万キロは走ってそうだね、この程度です。

 

不正にメーターを改ざんされた中古車を買いたくないのであれば、お店を信用するしかありません。

お店も、これから修理やメンテなどでお付き合いするお客様に、変な車両は売りたくないんです。

売ったら終わりではなく、買ってもらってからがスタートなんです。

そのような考え方のお店から購入すれば、後悔することはないと思うのです。

 

| BEARDS | コラム | 18:32 | comments(0) | - | - | - |
納税証の領収印を確認してください。

車検の時に必要な種類は、車検証・自賠責証・納税証の3点です。

自動車の場合、納税確認は陸運局でできるのですが、二輪は管轄が市なので、

面倒なんですけど納税証(継続検査用)が必要なんです。

 

ちなみに鎌倉市の納税証はこんなもの。

 

 

この写真の左側(有効期限令和2年)と右側(有効期限平成30年)を見比べると、

左側のものには領収印がありません。

これを確認せずに、うっかり陸運局に行って車検を受けようとしても、納税確認が取れず、

その日の車検は書類不備で合格になりません。

数日以内に、納税証を持ち込まなければいけないんです。

 

お客さんからすれば、ちゃんと払ったのになんで?ってなりますよね。

これは支払った窓口の人為的なミスなんです。

納税証には、領収印を押す箇所が最低でも2つあります。

継続検査用側にだけ押されているケースもあります。

 

今までのケースで言えば、郵便局は押し忘れが非常に多いです。

鎌倉市内、横浜市内、藤沢市内に関わらず、押し忘れの8割以上が郵便局ですね。

 

このうっかりミスのせいで、お客さんはわざわざ継続検査用の納税証を

役所に取りに行かねばならなくなったり、我々は車検が受けられなかったりして、

かなりの迷惑を被ります。

 

なので、郵便局、銀行、コンビニなどで、納税をしたときに、必ず領収印をご確認ください。

毎年5月の初旬に納付書が市から送られてきます。

納税したら、領収印をその場で確認、それを車検証と一緒に保管するくせをつけましょう!

 

 

| BEARDS | お仕事 | 17:29 | comments(0) | - | - | - |
ご成約ありがとうございました!

前回のブログで整備中の様子をアップした中古車XL1200Sですが、

おかげさまでご成約が決まりました。

まだ整備中にも関わらず、誠にありがとうございました。

 

納車までしばらくかかるかと思いますが、誠心誠意、納車整備を行いますので、

もうしばらくお待ちください。

 

 

現在、店頭展示中の中古車は、2003年式のFXDLです。

IMG_6883.jpg

こちらの方も引き続き、よろしくお願いいたします。

200万円 → 185万円 に値下げしました。

車検は今年の11月まで。車両代+名義変更手数料でお渡しできます。

詳しくは、お問い合わせください。

2.9% 最長96回 オートローンございます。

 

 

さて、今年の冬は暖かいですね。

例年よりも店の前を走っているバイクの数が非常に多いです。

3月1日開催予定の寒中ツーリングも、現在エントリー数が20台を越えました。

花粉に負けず、走りましょう!

 

 

ここでひとつ、お知らせです。

現在、ハーレー純正パーツの一部供給が滞っております。

去年に注文したものが2か月以上経って入荷とか、納期未定とか、

純正バッテリーすらバックオーダーになってるとか、もう大混乱です。

 

事情を聴くと、ハーレージャパンの移転時に、部品の管理で失敗して、

どこに何個の部品があるのか?全く把握できなくなったことがひとつ目。

ハーレーアメリカ本社の部品倉庫の移転時に、サーバーがダウンしたようで、

本社の部品も管理できてない状態だということが二つ目。

 

このダブルパンチによって、純正パーツの入荷に多大な遅れが出てます。

社外品などの代替品で問題ないものでしたら、対応できますが、純正じゃないと

困るって場合は、だいぶ時間がかかってしまいそうです。

 

ディーラーさんは大変だろうなぁ・・・

うちみたいな小さな店でも、結構影響出てますからね。

死活問題なんじゃないかと思うんで、一刻も早く、正常になってくれることを

願うばかりです。

| BEARDS | お仕事 | 18:00 | comments(0) | - | - | - |
中古車整備中

先日ホームページにアップした中古車、XL1200S 1998モデルですが、

ただいま整備を進めております。

 

新車当時から、腰上のガスケット類は交換したことがなかった奇跡の車両w

22年の時を経て、様々な対策がされた最新の純正ガスケットに交換。

 

HSR42も分解ついでにオーバーホール。

リフレッシュしていきます。

 

燃焼室に堆積したカーボンを落とし、内部・外部共に洗浄台できれいきれい!

シリンダーの内壁や、ロッカーアーム等点検も同時に行っていきます。

ボーリングする必要もなく、状態は良好。ピストンリングは新品に交換。

 

きれににしながら、組みあげていきます。

ゴム製のシール類やホースは交換です。

 

キャブまで組みあがりました。

これからマフラーやオイルタンク周りのチェックを行っていきます。

 

とりあえず、マフラー装着。

電装系、足回りなど、一通り点検したら、タンクをつけて再び展示車両となります。

 

こちらの車両、現在、複数お問い合わせいただいております。

一番お問い合わせの多い、乗りだし価格を下記にお知らせしますので、

参考にしていただければと、思います。

 

車両価格 ¥600,000

納車整備費用 ¥50,000

名義変更代 ¥5,000

車検代行費 ¥20,000

上記消費税 ¥67,500

 

自賠責保険料 ¥11,780

重量税 ¥5,000

検査手数料 ¥1,700

ナンバー代 ¥520

 

合計 ¥761,500− (乗りだし価格)

 

金利2.9% オートローンございます。

当社規定、6か月保証車。

 

 

リジスポと呼ばれる03年までのスポーツスターは、当店一押しのモデルです。

883も1200もそれぞれ乗り味に個性があり、とても面白く、それでいて

様々なカスタムにも対応する懐の深さ。

スポーツ走行からロングツーリング仕様まで、どちらに振っても楽しいバイク。

飽きずに長く乗れますよ!

 

| BEARDS | お仕事 | 17:41 | comments(0) | - | - | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE