BEARDS BLOG

BEARDS MOTORCYCLE COMPANYのBLOG
クラッチレバーあれこれ

一昔前のエボや初期のツインカム88、03年までのスポーツスター含め、

その頃のハーレーのクラッチは、今と比べるとだいぶ重かったです。

 

そんな重さを解消するパーツの代表が、レバー。

細く、近くすることで、小さい手にかかる負担を和らげようと、様々なメーカーやお店が

試行錯誤して世に送り出してきました。

 

そんなクラッチレバーですが、調整や取り付け方法を誤ると、クラッチ本体を痛めてしまうという

思わぬトラブルにつながります。

代表的なものを比較してみることにしました。

 

まずはこちらの画像をご覧ください。

左から、ミスミエンジニアリングさんのMSレバー、MSSレバー。

キジマさんのスリムレバー。

で、年式はちょっと違いますが、ノーマルのレバーです。

 

これらのストローク量を、同じ条件で測ってみました。

左から、91mm、93mm、100mm、105mmとなりました。

 

この数字が何を表すかというと、ストローク量が少ないと、クラッチがしっかり切れない可能性が

あるということです。

 

たとえば、MRCクラッチや、ライトクラッチキットなどを組み込んである場合、クラッチケーブルの

遊び調整の位置が変わります。

その状態で、ストローク量の少ないレバー、もうひとつ重要なのがグリップの太さが、併せ技で影響すると、

しっかり握っているのにクラッチが切れていない状況が発生します。

個体差があるので、必ず起きるわけではありませんが、ケーブルの遊びが少しでも増えてくれば、

十分クラッチを引きずってしまう可能性は出てきます。

 

実際、レリースベアリングが早期に壊れたり、クラッチ板、クラッチシェルにダメージを与えてしまった

ケースを数件みてきました。

 

このレバーはダメというわけではなく、愛車のクラッチとの相性を見極めましょう!という話です。

知っておいていただかないと、多額の出費になる修理の可能性がありますから。

 

ノーマルのレバーと比べて10mm以上ストローク量が減ってしまうということは、

ハーレーのクラッチ調整の性質上、ケーブルの遊びを目一杯詰めてあげないと切りきれません。

ニュートラルが信号待ちの時に、出にくいのであれば、クラッチが切れていない可能性があります。

 

 

握りこんだときに、グリップの形状が極太だったり、樽型の出っ張ってる部分が邪魔してしまう場合、

やはりクラッチが完全に切れないことがあります。

 

 

ノーマルのレバーの形状をよーくみると、握りこんだときにグリップに対して

レバーの面が、ピタッと直線的に近づきます。

このストローク量をあまり犠牲にしてしまうと、相性が悪い場合、クラッチを引きずります。

 

なんかニュートラルが出ないな〜?とか、シフトチェンジが硬いなぁ??と感じられる方は、

一度レバーやグリップ、クラッチの軽量化パーツの組み合わせをご確認ください。

 

| BEARDS | お仕事 | 16:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ブレーキテックローター在庫状況

ご好評いただいております新春ブレーキテックキャンペーンですが、

早くも在庫切れの商品が発生しましたので、現時点での在庫状況を

お知らせいたします。

1月8日現在

 

フロント用 ブラック 12枚(内 エボ用3枚)

      ゴールド 13枚(内 エボ用1枚)

 

リア用   ブラック  1枚(エボ用のみ)

      ゴールド  5枚(内 エボ用1枚)

 

エボ用というのは、99年までのテーパーローラーベアリング仕様のホイールに適合です。

したがって、00年以降のリア用ブラックは、在庫切れとなります。

 

キャンペーンの内容ですが、2月28日までにブレーキテックローターを

お買い上げいただいた場合、取り付け工賃とクロームスクリューをサービスいたします。

 

 

なお、在庫切れの商品に関しまして、今後の生産予定はございません。

在庫分のみの販売になりますことを、ご了承ください。

| BEARDS | お仕事 | 17:46 | comments(10) | trackbacks(0) | - | - |
2017 スタート!

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします!

 

1月5日より、営業開始です。

 

 

1月5日〜2月28日の期間中、ブレーキテックローターをお買い上げの方にスペシャルなお年玉。

取り付け工賃と、クロームスクリューをサービスいたします。

たとえば、フロントWディスクの場合、交換工賃&スクリュー代の合計は、約1万円になりますが、

ブレーキテックローターのみの金額でやらせていただきます!

リアまでやればさらにお得ですよ。

※ブラックのリアは、残り在庫僅かです!!!

 

 

2017年の元旦は、富士山がドドーーンと見えるキャンプ場で、寒中キャンプをしました。

見事な快晴、絶景の富士山、美味い飯&酒、仲間たち・・・エネルギー充電してきました!

暖かかったせいか、結構な数のキャンパーが来ていて、中にはバイクでソロキャンプに

来ているツワモノもいましたが、一番の心配事は、マロが凍死しないかどうか。。。

でも、湯たんぽと石油ストーブのおかげで、眉間にシワをよせてましたが乗りきりましたw

さすがに日が暮れると、とてつもない寒さだったので、さらなる防寒対策のために

キャンプの研究は尽きませんw

楽しいですね、趣味での悩みはw

 

さて、みなさま、今年の目標は立てましたか?

私の今年の目標は、週2回以上休肝日を作る!です。

近年、どんどん酒の量が増えてますから、そろそろ控えないと年齢的にヤバそうですし、

今年は本厄の年なので、危うきに近寄らない作戦で行こうと思います。

あとは、しっかり運動して、体力作り。健康第一です!

 

今週末は、いきなり3連休ですねw

みなさまのご来店を、今年も心よりお待ちしております!

 

 

| BEARDS | お仕事 | 15:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
年内は27日まで。新年は5日からです。

2016年、もう残りわずかですね。

 

27日(火)で年内の営業は終了です。

新年は5日(木)より営業開始いたします。

 

ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。

 

 

新年明けてからの1月〜2月いっぱいまで、、毎年恒例のブレーキテックキャンペーンやります。

ブレーキテックローターをお買い上げのお客様に、取り付け工賃サービスいたします。

在庫に限りがございますので、このチャンスにお考えの方はお早めに!

 

ブラック ¥43,200-(税込)

 

ゴールド ¥46,440-(税込)

 

 

 

またいつの日か、一緒に走りましょう!

ちょっと先にいって、待っていてくださいね。

 

| BEARDS | お仕事 | 13:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ドライブベルトの張り調整

今のハーレーは、チェーンではなくベルトでRタイヤを駆動してます。

このドライブベルト、耐久性もあり調整ターンも長く、なかなか優れモノ。

チェーンのようにオイルが飛び散ることもないので、メンテナンスも楽なんです。

 

ただ、調整を間違ってしまうと、寿命を縮めたり、走行に問題が出てくるのは

ベルトもチェーンも同じです。

 

下の写真をご覧ください。

 

黄色い矢印で指した3か所は、ドライブスプロケット、ドリブンスプロケットのセンター。

および、スイングアームのピボットです。

この3か所が一直線上になるところが、一番ベルトが張る位置関係になります。

赤い線が、直線になるところですね。

 

この位置関係を無視して、ベルトの調整をしてしまうと、一番張るところでキツキツになってしまい、

ベルトやスプロケットシールなどを痛めてしまいます。

壊れたら、高額な修理となります・・・。

 

Rサスを換えた時、車高が変わるのであれば、きっちりとベルトの張りの調整を出すことは

絶対必要な作業です。

それに加えて、Rアクスルの左右のアライメント調整もばっちり出さないと、バイクが曲がるときなどに

変な挙動が現れ、危険です。

よく、タイヤ交換やRサス交換後などに、このアライメントがずれていたり、

ベルトの張りがおかしな車両に出くわします。

 

ハーレーの専門知識を持っている経験豊かな整備士なら、このようなことは起こりません。

ドライブベルトが緩すぎたら、エンブレ時に異音が出ます。

張り過ぎだと、Rサスの動きに連動して衝撃がきたり、各パーツにダメージを与えます。

 

締め付けのトルク管理ももちろんですが、調整という作業は、なかなか深い世界です。

適当な整備や調整は、壊してしまうことにつながりますから、気をつけましょう!

| BEARDS | お仕事 | 16:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ツーリングモデルのホイールベアリング

2008年モデルからツーリングモデルにABSが導入され、アクスルの径も変わり、

ホイールベアリングが一新されました。

フロントホイールでいえば、左側にABSのピックアップセンサーが付いていますので、

こちら側のホイールベアリングはABS用のもので、マグネットが入ってます。

右側のベアリングは、普通のボールベアリングです。

 

これがABS側のベアリング。

シールドタイプのボールベアリングです。

 

問題を起こしたのはこの反対側のベアリングで、今回の車両は、フロント右側のベアリングが

粉々に壊れました。

以前にも、同様の壊れ方をしたツアラーモデルがありましたから、どうやらこのベアリング、

かなり怪しい品質かと思います。

品番は、9276 で、現在9276B となっており、2回の対策部品となってます。

つまり、何らかの問題があり、製造元で対策が2回もされているわけです。

 

これが壊れちゃったベアリング。

 

均一にならんでなければならないボールが、ぐちゃぐちゃです。

シールしているラバーも外れてました。

下手をしたら、焼き付いたりしたかもしれません。

この軸となるベアリングが壊れると、走行安定性が非常に損なわれますし、ブレーキ時に偏りが出て、

大変危険です。

高速走行時に、いきなりハンドルが暴れ出したりすることもありますから、あってはならない故障。

 

 

普段から乗りなれている愛車の変化を、気付いてくれるお客様でよかったです。

なんかいつもと違う感じが70km/hくらいで出たから見てくれ!というご依頼。

案の定、ベアリングが逝ってました。

本当に、事故にならなくてよかったです。

 

ツーリングモデルの2008年以降に乗られている方は、ここのベアリングは要注意です。

ちゃんとした点検をしていれば、まず気付ける箇所です。

乗っていて、何か不安な変化を感じたら、きっちり原因究明をしましょう。

 

| BEARDS | お仕事 | 13:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
年末年始休業日のお知らせ

12月28日(水)〜1月4日(水)

 

上記日程は休業いたします。

ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。

 

 

任意保険のロードサービス特約は入ってますか?

もしもの時のために、24時間対応のレッカーサポートロードサービスには

加入しておきましょう。

 

ご不明な方は、加入されている任意保険会社に連絡して、

ロードサービス特約についてお聞きください。

 

動かなくなってしまったハーレーを、道端に停めておくのは危険すぎます。

盗難、いたずら等、何があるか分かりませんから、確実に安全な場所へ移動しましょう。

 

事故やトラブルに遭遇してしまった時は、まずは落ち着いて、必ず警察を呼んでください。

怪我している場合は、必ず病院へ行きましょう。

そして保険会社へのご連絡もお忘れなく!

 

 

年末年始、バイクでお出かけの予定を立てている方もいることでしょう。

凍結している場所もありますから、安全運転をいつもに増して、心がけてください。

標高が高い場所の日陰は、特に危険ですから、十分に減速を!

 

楽しく元気に、新年を迎えましょうね!

| BEARDS | お仕事 | 10:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
H.I.D.とLEDとハロゲンと私

通常、ヘッドライトバルブはハロゲンランプが採用されています。

ハーレーのほとんどのモデルがH4というタイプのバルブです。

バルブ自体も、振動に強い耐振モデルでないと壊れてしまいやすいんです。

そして、価格が耐振モデルはちょっと高価です。

といっても2500円くらいですが。

 

このハロゲンランプの色を青白く換えるものも出ています。

バルブを差し替えるだけで明るくなる!という謳い文句で売られていますが、

実際に視認性が上がるかどうかは人によりますし、逆に路肩が見えづらくなったという人も。。。

 

明るさの強弱は、そこに大きな電力を使うかどうかです。

ハーレーの電圧は12后

ヘッドライトバルブの規格は、12坑僑亜殖毅毅廚任后

60Wがハイビーム、55Wがロービームの電力になります。

これを明るくするには、電力を増幅することになりますが、詳しくは私も分からないので

うまく説明はできません。

ただし、通常の規格なのに、100W相当とかのバルブは、異常な熱を持ちますので、

ヘッドライト内の反射板を焦がしてしまい、かえって暗くなってしまいます。

おまけに車検時に光量不足や焦点が散ってしまい、不合格となります。

 

やはり私の一番のお勧めは、耐振用の通常のハロゲンランプです。

色も温かみがあって、いいじゃないですか?w

 

 

一昔前から流行りだしたHID。

こちらは青白い刺すような光で、非常に明るいです。

ただし、数々の問題も抱えてます。

まず、取り付けのために数々のパーツが存在します。

バラストやイグナイターなど、箱モノが数点。

それらを繋いでいる大量の配線やヒューズ。

それらがこの画像です。

これはしまうスペースのほとんどないスポーツスターにHIDキットが装着されていたのですが、

時々つかなくなったり、異常に電圧を食ってしまうことがあったりと、5年経過したあたりから

諸問題が発生してきたため、取り外しました。

この量、ハンパないですw

しまいきれない分はサドルバッグにしまっていたほどですからww

 

あと、HIDは起電力が相当高く、ONにしてから数秒はセルを回せません。

コンピューター制御の車両には、ECMに入る電圧が落ちると様々なトラブルを引き起こすので、

これは大きな問題かと思います。

あと、バラストがラジオを壊してしまったり、ECMのエラーを引き起こす事例もあります。

明るすぎるために、ライトの反射板を痛める可能性も高いです。

 バイクにつけるにはデメリットの方が多く、私としましてはお勧めできません。

 

 

最後にLED。

こちらはここ最近でずいぶんと性能と信頼性が上がってきたようです。

バルブのみを交換するタイプもあれば、ヘッドライトユニットごと交換のものもあり、

値段も差があります。

色は白っぽい感じで、使用電力は非常に低いです。

熱に弱いという弱点を、近年のモデルは打破しつつある??ようですが、

これからの主流は、LEDになるのは時間の問題でしょう。

 

ただ、私はハロゲンの黄色がかった色が好きですけど。。。

 

立ち上がりが速く、消費電力が少ないというのは、とてもいいですね。

 

 

それぞれメリット・デメリットがあります。

安価なモノをとりあえずつけたら、反射板を焦がして、ヘッドライトユニット交換に

なってしまった・・・なんてこともありますから、しっかりと考えてから決めましょう!

| BEARDS | お仕事 | 14:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2016 忘年会のお知らせ

年末が近づいてまいりました。

忘年会の日程をお知らせいたします。

 

 

2016 ビアーズ忘年会

 

12月10日(土)

 

場所:藤沢駅近辺 

   (決まり次第参加者の皆様へお伝えします。)

 

20時半 スタート予定

 

予算 4000円〜5000円程度

 

参加締め切り 12月4日(日)営業時間まで

 

 

人数が決まり次第、お店の予約をしますので、締め切りまでご連絡ください。

よろしくお願いします。

| BEARDS | お仕事 | 11:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
クラッチのスラストベアリング

ハーレーのクラッチは、国産車のようにレバー等で容易に遊びが調整できるものとは、ちょっと違います。

 

クラッチ本体の調整をしてから、ワイヤーで規定の遊びにする。

 

これが基本です。ということは、クラッチのつながる・切れる位置を任意に調整できないってことです。

レバーの形状やライトクラッチなどを組めば、近くなったような感じになったりしますが、根本的に、

クラッチの調整方法は変わらないので、非常に微妙です。

下手に近くしたりすると、引きずりを起こし、ギヤの入りも難くなります。

逆に遠くすると、クラッチが滑ります。これまたクラッチ版を痛めますね。

どちらもクラッチ、その周辺パーツにダメージを与えちゃいますから、クラッチ調整ひとつとっても、

きっちり構造や役割を理解しないといけません。

 

しかしながら、しっかりと調整していても、使い方や乗り方によっては壊れます。

機械ですから、消耗パーツもあります。

半クラを多用していたらどこに負担がかかるのか?

レースなどで使用する高回転域でのシフトチェンジを多用するとどうなる?

壊れる程度もありますが、きちんとした調整とオイル交換で、寿命は大きく変わります。

 

さて、今回ご紹介するベアリング。

ビッグツインに使われているクラッチのスラストベアリングです。

スポーツスターはなぜかラジアルベアリングw ←こいつの方が壊れます。涙

 

このスラストベアリングは、

クラッチレバーを握る → レリーズランプのレバーを引っ張る →

レリーズランプの玉が反対側のランプを押してクラッチプッシュロッドを押す →

クラッチプレッシャープレートが押されてクラッチが切れる

この一連の流れの途中で重要な役割を担ってます。

 

クラッチプッシュロッドを押す際に、レリーズランプとの間に入っています。

クラッチプッシュロッドは回転してますから、それを押す部分が回転する力を逃がさないと

レリーズランプもプッシュロッドも金属が摩耗してしまいます。

それを防ぐためにスラスト方向のベアリングが入れられてます。

 

ところが、調整不足やオイルレベルが少ないなどの理由で、スラストベアリングが

粉々に壊れてしまいます。そのまま気付かずにいると、先ほどの金属部分が摩耗して

修理費が飛躍してしまいます。

 

壊れたスラストベアリング。

ベアリングを挟みこんでいる厚めのワッシャーも偏摩耗してます。

本来なら、真っ平らなワッシャーです。

きれいに摩耗してますねw

 

このように、傘のような物体の先っちょにスラストベアリングはついてます。

傘のような物体はオイルスリンガー&プッシュロッド受けです。

こいつでオイルをかきあげて、ベアリングに給油します。

なので、かきあげる適度なオイルレベルじゃないと、スラストベアリングはすぐに壊れますよね。

 

 

クラッチサイドカバーを外したところ。

スラストベアリングが壊れている場合、ミッションオイルにスラッジが混ざってます。

クラッチ操作も、微妙に遊びがおかしいので、点検時に気が付くことが多い箇所です。

 

動力を伝える大事な役割を担っているクラッチ。

点検、調整は確実に!

| BEARDS | お仕事 | 13:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
+ RECOMMEND
本日は晴天なり
本日は晴天なり (JUGEMレビュー »)
サニーデイ・サービス
復活したサニーデイサービスの久々ニューアルバムは、期待を上回る出来でうれしい。
ソカベ氏は、ソロよりもやっぱりバンドだなって思わせてくれた一枚。伝わる歌唱力に脱帽。
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE