BEARDS BLOG

BEARDS MOTORCYCLE COMPANYのBLOG
サーキットのススメ
先日、近所の交差点をバイクで右折した際、イン側からけっこうな勢いで
スーパースポーツバイクが突っ込んで割り込んできました。
信号が変わるタイミングだったので、突っ込んできたのだとは思いますが、
人の前にいきなり割り込んできて、なんのあいさつもなしに目の前を走るもんだから、
気分が悪いったらありゃしない。
もし、右折中にスリップなんかされたら、私のところへ突っ込んでくるわけですから。。。
そして、ミラーから顔をのぞくと、いい歳こいた中年、おっさんです。
おまけに空ぶかしまでしてくれちゃって・・・・笑

と、こんなマナーの悪いおっさんライダーと遭遇してしまったものですから、
ある話を思い出しました。

『伊豆スカイラインの二輪通行規制』

噂を聞いた人もいるかもしれませんが、ここ数年、中年リターンライダーの
死亡事故が増えていて、特に伊豆スカイラインでは、危険な無謀運転が目立ち、
一般の通行者から苦情が絶えないんだとか。。。
県などの対応も、ゼブラを増やしたり、警告看板を増やしたりしてますが、
なかなか無くならないですよね、そういうのは。
この問題が大きくなるようなら、あの景色の良い伊豆スカを、
バイクで走れなくなってしまう日が来るかもしれないんです!!

実際、対向車線にはみ出して車を抜いていくバイクを、伊豆スカに限らず、
たくさん見てきました。
危なげなく抜いていく運転(もちろん違反行為ですよw)っていうのは、
抜かれる側も、抜く側も、危険だと感じないものです。
その行為によって、関係する車両にブレーキを踏ませてしまう時点でアウトです。
下手くそが無理してるってことです。
つまり、事故の可能性が高い。

正直、一般の公道でいくらがんばって速くなろうとしても、リスクばかりが増え、
見合うほどの技術は得られません。
一度、サーキットへ行って思い切り走った方が、20回峠道を無理して攻めるより
はるかに安全でスキルアップできます。
経験した人は、みんな知っていることです。

そして、サーキットへ行けば、いかに自分が井の中の蛙であることが分かります。

すると、自然と一般公道で無理な運転なんかしなくなるものです。
押さえつければ押さえつけるほど反発するのと似ていて、思い切り解放できる場所や
環境があれば、自分で納得していくはずです。
おっさん=いい歳 なんですからw

あと、つるんで走ると、すぐに気が大きくなってしまう輩も困りものです。
まるで高校デビューのようなw 
あれは本当にカッコ悪いですね。




 
| BEARDS | コラム | 13:13 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
溢れる情報
かなり昔のブログでも書きましたが、現代のネット社会っていうのは、
大変便利でもあり、怖くもあります。
知りたい情報が、簡単に取れる。
ただ、それが正しい情報なのかどうかは、分かりません。
諸刃の剣だと思います。
結局は、扱う人間の問題になってきます。

本当に知りたいことに対して、学校へ通ったり、図書館へ足を運んだりした経験が
ある方には分かるかと思いますが、知りたい情報の核心にたどり着くまでに、
かなりの回り道をするものです。
その回り道をしている間に得る情報こそが、血となり肉となって核心を得た時に、
確信へと昇華させてくれるのだと思います。

それに、いくら本を読んでも、机上の空論だけでは血肉にならない。
実際に行動して、手足を動かし、頭をフル回転させながら、失敗を繰り返すことで、
モノになっていくのでしょう。
そういうもののひとつに、技術というものがあるんだと。
逆に簡単に手に入ってしまうものは、世の中にはいくらでもありますが、
それほど価値はありません。

時々、ネットで得た情報に振り回され、プロの仕事に対して疑問を投げかける方が
いらっしゃいますが、残念でなりません。
気持ちはよくわかります。
でも、そのプロを信頼して任せたのであれば、ネットの情報や他人の横槍に負けずに、
見守って欲しいものです。
簡単に得られる情報で、技術が成り立つのであれば、技術を売りにしているプロは、
この世からいなくなります。たくさんのトライ&エラーを繰り返した経験で、
飯を食っているんです。

もちろん、プロがきっちり仕事をしていることが大前提であり、満足いかないことや、
なにか不具合が起こるようなら、すぐに相談できる関係が成立していないとダメですが。
信頼関係は、一方的には築けないものですからね。
これからも日々精進、経験の日々です。



 
| BEARDS | コラム | 18:14 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
楽しむための趣味
時々、趣味について考えます。

趣味が、バイクに乗る・所有するということ、
ハーレーに乗ることは遊びの延長線上にあり、
所有することによって、ステータスとなって、
時間の経過とともに、アイデンティティにまで昇華。

どういうことかというと、長くハーレーを所有し、乗り続けているという趣味は、
いつしかその人のひとつの個性となります。
その人の生活に、ハーレーという趣味が食い込んでいるわけです。

趣味は人生を豊かにすると言われますが、深い言葉ですね。
趣味を通じて、何を得るのか?
それは人それぞれですが、基本は「楽しむ」ことなんだと思います。

ハーレーに乗ってどこへ行こう?
次はどこをカスタムしよう?
もう少しハンドルの位置が、こうなればいいな!
心地よい鼓動感だなぁ・・・

なんかキャブの調子が悪いな。
重いな。
変な音が気になる。
錆びちゃった・・・

ポジティブとネガティブが共存するのも趣味の世界。
追究すればするほど、求めるものは高くなっていき、反動も大きくなります。
そして迷い込むと、楽しむことを忘れて、悩み始めます。
そうなってしまうと、もったいないですね。
本来なら、楽しめるはずの趣味で悩み、ストレスになってしまう。

そんな時は初心に帰って、「楽しむ」 ことを思い出してください。
すると、悩むことすらも、楽しむことの仲間入りするはずです。

趣味=楽しみ という町の中の、ポジティブとネガティブという住人。
すべてが楽しむための一員だというスタンスなら、ゆっくり楽しめると思います。

| BEARDS | コラム | 17:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
オンザロードマガジン最新号!
ホイールジャンキーフリーマガジンの決定版、「オンザロードマガジン」の最新号入荷しました!
なんと今回は、私、ミヤタが載っておりますw
店頭にて、配布中です!
ぜひ、ご来店くださいませ。。。





 
| BEARDS | コラム | 13:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ロゴマーク


オリンピックのロゴマークで、世間はざわざわしてますね。
パクリとか金とか癒着とか・・・ロゴマークの一つもまともに決まらない東京五輪。
カッコ悪いなぁ〜、頼りないなぁ〜。
こんなんで大丈夫なんですかね?

そんなことは、正直どうでもいいのですが、ロゴマークって企業やブランドのシンボルですから
とっても大事なものです。

バイクメーカーのエンブレム、ロゴマークもかっこいいものが勢ぞろいしてます。
ハーレーのロゴといえば、バー&シールド。親バカじゃないですが、すげーカッコイイと思います。
パクリてぇ!笑
国産4メーカーのロゴも秀逸です。
ウィングをあしらったホンダのマーク。
楽器屋らしく、おしゃれな音叉マークのヤマハ。
Sマークがまぶしいスズキ。
ロゴマークまで男らしいカワサキ。
そのほか、惜しくも廃業して無くなってしまったメーカーロゴも、かっこいいものが多いです。
海外メーカーでも、ヨーロッパをはじめ、たくさんのバイクメーカーがありますが、
どれも個性的で面白いですね。
シンプルだけどイタリアンレッドとホワイトで印象的なドカティ。
飛行機メーカーの名残でプロペラをあしらったBMW。
英車の気品あふれるトライアンフ。
アグスタやジレラ、ハスクにKTM、BSAやノートン・・・
あげたらキリがないですが、どのメーカーもロゴマークは個性的で、
不思議とバイクの顔(タンクに張り付けられた状態)になってます。
ぱ、パクリてぇ!笑

ところで、当店のロゴ、ワシのマーク。
どうですか?私はお気に入りです。
同郷の友達の力作なんです。

いろんなメーカーやお店のロゴマークを眺めるのって、かなり楽しいです。
 
| BEARDS | コラム | 18:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
DIY
"Do It Yourself" で、DIY。
自分でやる!っていう意味で、最近では日常的によく使われる言葉ですね。

私も棚やテーブルなど、自分で作るのが好きです。
子供のころから、プラモデルや工作が好きでした。
ホームセンターで木や材料を買ってきて、自分で思うように組み立てる。
時間も労力もかかりますが、楽しいです。
キャンプはその延長線上にあるのだと思います。

さて、バイクの整備やカスタムをDIY。
これに関しては、思うことがあります。

雑誌やネットの情報で、こんなに簡単に作業できるよ!とか、
こんな風にカスタムしてみました!など、けっこう見かけます。
プロのバイク屋の目から、それらの情報を見て感じることは、
間違った情報が多々あるということ。

もし、そんな間違った情報の受け売りで作業して、バイクが致命的に壊れてしまっても
誰も責任とってくれません。ましてや、そんな状態のバイクをバイク屋に持って行っても、
後の祭り。結局、無駄な出費が増えるだけです。

以前、ビューエルの新車を購入されたお客さんが、カムカバーをポリッシュしたくて、
DIY的にカバーを外し、自分でポリッシュして、再度組みつけた結果、

ガシャガシャと異音がわっしょいわっしょい・・・涙

そりゃそうです、プッシュロッドにかかる油圧タペットの圧を抜かずにカバーを
外してしまったのだから。。。
プッシュロッドは曲がり、カム山には傷が入り、タペットガイド(クランクケース)にも
傷・・・カムシャフトにもダメージがあったかな???
こうなってしまうと、数十万円の修理代がかかります。
これ読んで、なんのこっちゃ?と思われる方は、気をつけましょう笑

プラモデルや棚を作るのとは違い、自分の命を乗せて走る乗り物ですから、
しっかりと原理や構造を理解したうえで、マニュアルや専用工具とにらめっこしながら
作業するのが基本です。そこにプラスされて、プロの経験やノウハウが活かされてくるわけです。

私が作った棚やテーブル、正直、プロが作ったモノには遠く及びません。
プロの仕事をよーく見ると、どこに釘が使われているの?とか、木と木の組み合わせ方により
強度と機能性を両立させていたりとか、やっぱり凄い技術がそこにはあります。
本当にきっちりしたモノがほしければ、100%プロにお願いして、対価を払います。
ただ、自分が作ったモノは絶妙なサイズであり、なにも危険ではなく、誰にも迷惑はかけません。
あくまで楽しみながら作った自己満足の一品。これがDIYの醍醐味ですね。

公道を走るバイクや乗り物は、整備不良はそのまま事故につながります。
そのあたりを見極めてから、DIYしてください。
ネットや雑誌の影響を受けるのは、すごく危険だと思いますよ。
バイクのいじりの道は、一日にして成らず。
我々も数々の失敗を繰り返し、毎日バイクと向き合いながら、今日があります。



 
| BEARDS | コラム | 12:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
あると便利
ハンドルを交換すると、一緒にグリップも交換することが多いかと思います。
グリップにも様々な種類がありますが、人気があるのはPMなどのカンツァータイプ。
アルミや真鍮で削り出された質感の高いグリップです。

真鍮タイプはこんなヤツ。

ここで注目していただきたいのが、画像の矢印の部分。
小さなイモネジがあり、2か所で左側のグリップをハンドルに固定しています。
このタイプのグリップ、左側のイモネジが、時々ゆるんでしまうんです。
ゆるむと、ある日突然左グリップがすっぽ抜けます汗
走行中なんかに起きたら、かなり怖いと思います。
だからと言って、ゆるみ止めのロックタイトを塗ると、今度は逆に
外す時にイモネジが壊れ、最悪、グリップを破壊してとることに・・・。
なので、対策として、「まめに増し締め!」のクセをつけられることをお勧めします。
ヘックスレンチを常時、財布の小銭入れに入れておけば安心。

サイズは5/64が、ほとんどですが、まれにミリサイズもあるので、
各自ご確認ください。

なんとなく取り回しの時に、左グリップからガタを感じたら、ゆるんでます。
コンビニで休憩している時にでも、増し締め願います。
| BEARDS | コラム | 15:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
春の事故
先日の夜、仕事を終え、日課であるマロの散歩をした時のこと。
比較的大きな交差点の横断歩道を渡っていたら、対向側から右折してくる原付が走ってきて、
他に誰もいなかったので、もちろん自分の存在は見えているのかと思いきや、そのまま
こちらへ突進!!
あわやマロともども轢かれるってところで、急ブレーキをかけた原付が、後輪浮かせながら
ロデオマシンのようにあわててストップ・・・
若い女性でした。
まったく歩行者を見てなかったみたいで、平謝りで走り去って行きました。
私も、ビックリして、「うおおおーーーい!」と叫んでしまいましたが、一番テンションが
上がっていたのはマロですw

コンマ何秒、気付くのが遅かったら、事故になっていたでしょう。
こないだ転んだばかりなのに・・・・汗
法律上、私に過失はまったくありません。青信号の横断歩道を渡っていただけですから。
でも、来ないだろうって気持ちがいけませんね。よくいう「だろう運転」。
青信号の歩行者なんだから、まさか車は気付いているだろう・・・という考え方が、
事故に巻き込まれる一つの素質です。
怪我して痛い思いするのは、交通弱者ですから、自分の身は自分で守るくらいの意識が
常にないと、ダメだと思い知らされました。

何といっても、高齢化社会が進むにつれて、公道の安全性も今まで通りにはいきません。
いくらこちらが悪くなくても、バイクは巻き込まれると、生死にかかわる可能性も高い。
歩行者なら尚更ですから、デューク東郷のように後ろに目があるかのように警戒しながら
散歩しなきゃいけないかな笑

高齢者に加え、初心者のドライバーが多い時期です。
あと、車道の真ん中を堂々と走ってる自転車なんかも結構います。
軽車両だからOKとか、言っている人がいるみたいですが、道路の左端によって
走行するのが正解。交差点では必ず二段階右折です。
最悪なのは、後先のことを何も考えてない無保険車。
自転車も含めて、人身事故を起こせば、莫大な慰謝料を請求される可能性大です。
その辺のことを考えられない人は、やはり事故を起こしやすいですから、厄介。

暖かくなってきて、ツーリング日和のこの時期。
事故だけには気をつけて、楽しいハーレーライフを!
| BEARDS | コラム | 16:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
感覚
今から20年ほど前、私はレコードにはまり、あちこちのレコード屋さんで掘り出しものはないかと、
都内に出かけていました。
あの頃、私は音楽に傾倒しすぎて、一日たりとも音楽を聴かない日はなかったし、
なくてはならぬ、まさにNO Music, NO Life! でした。

アナログの温かい音と、CDのデジタル化の議論は、あの頃から話題で、
圧倒的に音質がクリアーなCD、雑音すらも味わい深いレコード、
甲乙つけがたい、それぞれの良さがあるという認識の下、どちらも自然に受け入れていました。

科学や技術の進歩は日進月歩、数々のすばらしい発見や研究成果が我々の生活や趣味を
豊かにしてくれている実感もあったし(理系でしたのでw)、新しい技術を取り入れた
携帯できる音楽の形も、すごいなーっと指を加えておりました。

ただ、圧縮された音には、どうにも耳が違和感を覚え、素直にipodなどを持てませんでした。
車の中で聴く時も、圧縮されたデータ音源は、家の部屋で聴く音とは明らかに違うものだったし、
なんかペラペラな感じが、馴染めない違和感の原因だったのだと思います。

CDの音源は、デジタル化された0と1の世界。
人間の耳にはとらえきれない周波数の音までもデジタル化されて、1枚のディスクに約700MBの
情報量が記憶されます。
レコードは、アナログなので、0から1の間は線で結ばれて記録されてます。
人間の耳には到底聞こえるはずのない、わけのわからない周波数帯まで記憶してます。

圧縮されたデータは、人間の耳がとらえきれない周波数帯をカットして、データ量を小さくし、
CDの音源を1/10くらいまでにしてしまいます。
当時、ある科学者は、人間の耳には聞こえない音を省いただけなので、CDと同じように
クリアーに聴けるから、科学的には問題ない!と言いきっていました。
でも、音楽を聴く耳をしっかりと持った人は、「ん???」と首をかしげたはずです。

カーステレオのスピーカー、モバイルヘッドフォン、安価なプレーヤーやアンプ、スピーカーから
聴こえてくる音質なんて、CDのもともと持っている音源を表現できるわけがないので、
圧縮された音源でもOKでしょう。
ですが、音楽の愛好家たちは、レコードや、CDのもっている情報量をしっかり引き出す環境と、
耳を持っています。耳は人間の感覚なので、科学で100%解明されていない部分。

あれから20年近く過ぎて、最近、ようやく圧縮された音源に対して、どうやら聴こえないはずと
言われていた周波数帯も、人間の耳はとらえている!という研究結果が出ているようです笑
それよりも、レコードをデジタルリマスターでCD化された音源すらも、レコードにはあって
CDには入りきれていない情報すらも、人間の耳はとらえている可能性があるんだとか!

科学を信じ、圧縮された音源を聴いてきた人の耳と、手間暇かけて、アナログの音源を
聴き続けた人の耳は、どう違うのか?とても興味があります。
とかいう私は、アナログはある時期から聴けてません。家ではCDを聴くのとPCから出して
聴くのと、半々です。しっかり聞きたいときは、CD。流して聴くときはitunes。
そろそろレコードも聴きたいなぁ・・・

なんでアナログが聴けないかと言うと、子犬のころのマロちゃんに、
プレーヤーとアンプのコードをかみちぎられたからなんですけどね汗



こういったアナログとデジタルの話は、バイクや車にも通じるところがあるので、
迷った時は、人の持つ感覚を一番大事にしていきたい!というお話でした。
 
| BEARDS | コラム | 14:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
いかん、いかん!汗
みなさま、ご無沙汰しております。
すっかりブログの更新をさぼってしまいました汗
去年と変わらず、今年も元気に営業しておりますw

もう1月も終わりですが、なんか変な天気の日が多かったですね。
妙に暖かいかと思ったら、いきなり雨や雪、みぞれ・・・
強風の日も多く、ツーリングに行くには、なんとなく不安な天候です。

去年のように、ドカ雪にやられないことだけを祈ってます・・・


さて、寒い時期にお馴染みのトラブル第一位、「バッテリーあがり」
みなさん、大丈夫ですか?
充電器に繋ぎっぱなしだからといっても、安心はできませんよ。
バッテリー自体が古かったり、性能が落ちていたりすれば、たとえ充電器に
長時間つないでも、クランキングさせる力が出ないこともあります。

特に、気温が低い朝や、長期間エンジンをかけていない場合など、
バッテリーにとってはとても過酷な環境ですから、ハーレーの重たいクランク、
粘度の高いオイルをかき回すうえで、不安材料満載です。
スポーツスターの小さなバッテリーなどは、簡単に上がってしまいますよ。

3月あたりになると、三寒四温よろしく、暖かい日も増えてくるでしょうから、
ツーリングに行きたくなりますね。
せっかくの休日、まだまだ寒い中、久々に早起きして、防寒対策しっかり着こみ、
いざエンジンスタート・・・・・あれ?
元気なく回っていたセルは、そのうちカチカチカチッとクランキングできずに
空回り。あえなくバッテリーはわずかに蓄えていた電気を使って終了。
本来なら、昼間の暖かい日差しの下、豪華なランチでも食べていたはずなのに、
バッテリー注文で駆け回る・・・
もったいない休日になってしまいます。

転ばぬ先の杖、バッテリーチャージャーをお持ちの方は、マメに充電を!
チャージャーが使えない環境の方は、ツーリング1週間前に始動の確認を!
その時に弱いな・・・と感じて、前回の交換から2年以上経過しているのであれば、
新品にした方がよいでしょう。

全国的に、似たような方々のバッテリートラブルが増える時期です。
バッテリーの在庫もかなり不安定になります。
お早目に、対策を講じてくださいね!

| BEARDS | コラム | 18:18 | comments(8) | trackbacks(0) | - | - |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE